外飲み記録 串処 最上 心斎橋店 お任せコース


久しぶりに最上で串揚げを頂きました。

IMG_20180505_183828HD.jpg
海老と稚鮎。

IMG_20180505_185028HD.jpg
上が黒毛和牛、下はただの和牛。

IMG_20180505_184745HD.jpg
鮑。

IMG_20180505_185358HD.jpg
フォアグラだったかな。

他に何本か頂いていますが、この日は早めに切り上げています。
この店、お洒落系でちょっと高めの串揚げ屋なのでずっと禁煙だと思ってたんですが、どうも分煙の様子。
しかも分煙つってもカウンター含めて大半は喫煙OKで、恐らくごく一部禁煙席があるってレベル。
安い串揚げ屋が喫煙可なのは客層的にも当たり前だと納得しますが、ここの値段で隣で煙草吸われるとなあ…。
子供連れの外国人観光客らしき団体客が座るテーブルのすぐ傍のカウンターで煙草を吸ってたりする光景を目にしたりもして、こういう店があると分煙つっても信用ならなくなるし、完全禁煙とかお国が言い出すのも仕方ないかなあとも思ってしまいますね。
まあとりあえず、今後の利用は控えたい最上の外飲み記録でした。
ご馳走様でした。

外飲み記録 天天酒家 よだれ鶏 四川麻婆豆腐 手羽先の唐揚げ 豚肉と茄子のピリ辛炒め 担々麺


安くて人気の中華バル天天酒家の外飲み記録です。
ビールから始めますが、二杯目からはずっと紹興酒。

IMG_20180504_171945HD.jpg
よだれ鶏。

IMG_20180504_172616HD.jpg
新メニューの手羽先の唐揚げ山椒まみれw
とても美味しく、何ならこれ4~5本でひたすら酒を呑んでも良いくらい。

IMG_20180504_173114HD.jpg
四川麻婆豆腐。

IMG_20180504_174131HD.jpg
豚肉と茄子のピリ辛炒めはまあそのまんまの味。

IMG_20180504_174601HD.jpg
担々麺を久しぶりに頼みましたがやはり普通ですね。

いつもの如く開店と同時に飛び込めばなんとか予約無しでも入れる天天酒家の外飲み記録でした。
ご馳走様でした。

外飲み記録 和おん 雲丹の造り 鰹のたたき つぶ貝のバター焼き シラサエビのフライ 鯛アラの煮付け 


本日の和おんは昨日の記事の通り、手取川を頂いています。
造りは北方領土産の雲丹から始めます。

IMG_20180502_183334HD.jpg
串本産の鰹のたたき。
鰹のたたきは割と味の振れ幅が大きいイメージで外れを掴むとろくでもなかったりしますが、こちらで頂く鰹は外れた記憶がありません。

IMG_20180502_185204HD.jpg
北海道産つぶ貝のバター焼き。

IMG_20180502_184318HD.jpg
大阪湾のシラサエビのフライ。

IMG_20180502_190243HD.jpg
最後に明石産の鯛アラの煮付け。

GWの真ん中の平日なので普段に較べると品揃えが寂しいものの首を傾げるような皿は皆無の和おんの外飲み記録でした。
ご馳走様でした。

手取川 純米吟醸 吉田酒造店 石川 石川門


石川の吉田酒造店が醸す手取川の石川門純米吟醸のレビューです。
昔、石川土産で常きげんと手取川を貰い、常きげんは大のお気に入りとなり、手取川はその後今日まで飲むことはありませんでしたw
ただ格別悪いという記憶があるわけではなく、あくまで常きげんが自分好み過ぎたというだけなので、和おんでお薦めされて頂いてみることに。
ちなみに石川門という酒米はその名の通り石川で平成20年に開発された酒造好適米だそうです。
この米を使ったお酒も多分初めてじゃないかな。

というわけで何年か振りの手取川を頂きます。
香りはかなり大人しいですね。
口に含むと透明感はほぼ皆無で、やや強めの酸味が広がります。
徐々に辛味も入り混じってきて割と味わい強めと言うか奔流のように流れ去っていきますね。

常きげんの吟醸王国アンティークを個人的に酸麗辛口と呼んでいるのですが、これはそこから麗のニュアンスを取り除いたような味ですね。
とは言え純米吟醸なのでベタつき感や尾を引く後味などとは無縁です。
値段も四合なら2千円未満なのでコスパ的にも割と良い感じで評価も可というところでしょう。
手取川、石川門純米吟醸のレビューでした。

手取川
純米吟醸
石川門
精米歩合 麹米50 掛米60
日本酒度 不明
酸度 不明
吉田酒造店
石川

外飲み記録 太郎串 焼鳥各種 地雀 殻付きうずら卵 鴨のたたき


GW帰省時に大仏さんと呑んだ時の記録です。
義理の兄やんから聞いた太郎串という焼き鳥屋に飛び込んでみました。
日本酒の品揃え自体は少ないものの蓬莱泉の空があるのが嬉しいです。

IMG_20180429_172057.jpg
IMG_20180429_172108.jpg
あと結構珍しい鳥を食べることが出来ます。

IMG_20180429_173421.jpg
肝と胸肉の刺し身。まあ普通ですね。

IMG_20180429_174816.jpg
IMG_20180429_174823.jpg
鴨葱とネギマ。

IMG_20180429_175113.jpg
殻付きうずら卵。サクサクパリパリと皮ごと食べられます。
ただ殻が格別美味いかというとそういうわけでもなくw
まあ珍しいのと食感が面白いのが取り柄ですかね。

IMG_20180429_175257.jpg
雀。
骨ごと食べられると知らず、残していたのですが後から教えてもらって骨もバリバリと貪りました。
味的にはタレの味が非常に濃いので鶏肉としての味はよくわからないのですが、骨ごと豪快に噛み砕きつつビールなどを流し込むには楽しい鳥かなあと。

IMG_20180429_180155.jpg
つくね。

IMG_20180429_182424.jpg
鴨のたたき。
ちなみにうずらがオーダーミスで通っていなかったのが残念。

焼鳥についてはずば抜けて美味いという程ではありませんが、無難なレベルではありますし、珍しいネタもあり、酒も空があり、コスパもそこそことまあ良い店かなと思います。
これだけは何度でも食べたいというネタがあったらもっと良かったかな。
地元豊橋の焼鳥屋太郎串の外飲み記録でした。
ご馳走様でした。

日本酒 ブログランキングへにほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村