【第二回】 而今 純米大吟醸 NABARI 2015 木屋正酒造 三重 名張産山田錦


うーん、まさか而今の二回目のレビューをあげることができるとは思っても見ませんでした。
二週前に同じく和おんで頂いた而今と全く同じNABARIの純米大吟醸です。

これと言って書き足す情報もないので、早速レビューに入ります。
香りは穏やかですが、前回感じたフルーツっぽいニュアンスは今回は皆無ですね。
口に含むと半拍程の透明感から甘旨味が広がっていくのは前回同様ですが、寄り添うような酸辛味の内、今回は酸味がほとんど感じられません。
逆に後半辛味が存在感を増していき、何というか今回の而今はお酒っぽさをしっかり主張して流れていきます。

円熟とでも評すべき甘旨味は相変わらずですが、やや後半の展開に違いを感じる結果になりました。
ただ違うと言ってもどちらも美味しく甲乙付け難い違いなので、評価には影響ありません。
前回、一度レビューできただけでも良しと思うべきなどと言っておきながら、二週間後に第二回のレビューをあげてしまっていますが、今度こそ当面の間、手に入る見込みは全く無い而今の純米大吟醸NABARIのレビューでしたw

※スペックは当然前回と全く同じなので省きます。

外飲み記録 和おん 造り【タマメ 石ガレイ】 焼松茸 寒八カマ塩焼き 白バイ貝の天ぷら 鰆のバター焼き 貝汁

本日の和おんは田酒などの入荷もあったのですが、先週再入荷のあった而今純米大吟醸がまだ残っているということで、迷わずオーダー。
一ヶ月で而今の純米大吟醸を二度も四合買いできるなんて、多分この先もう無いでしょうw


造りは長崎産のタマメと淡路産の石がれいから。
去年も主に家飲みで何度か登場しているタマメですが、今年は一度も見ていません。
予想外に和おんで見ることができたので早速オーダーしたのですが、あれ?何かイメージと違う。
ちょっとパサッとして旨味もそれ程でも無い?そもそも色がもっと透き通るような白さだった気が…。
悪くないという程度の味で、コチやアコウに並ぶ好物だったタマメでは無いかなあ。
そういえば大将が今年はタマメの入荷が少なくて値が上がっていると言っていたので、その辺何か影響があるのかもしれません。

IMG_20160805_184116.jpg
焼松茸。ほんのり炭の香りと松茸の芳香を楽しみつつ、而今を口に運ぶ幸せw

IMG_20160805_184643.jpg
香川産寒八のカマ塩焼き。カマスキーながら最近すっかりご無沙汰だったので、久しぶりのカマ塩焼きが美味くてしょうがないw

IMG_20160805_185214.jpg
手ブレてますが島根産白バイ貝の天ぷら。正式にはエッチュウバイという名前だそうです。
旨し。

IMG_20160805_190550.jpg
加太産の鰆のバター焼きです。焼き霜や塩焼きもあったのですが、女将さん曰く、今日の鰆はちょっと弱いのでバター焼きがお薦めですと言われてチョイス。
ちなみに加太って和歌山市から南海電車で20分くらいの距離なのですが、この20分の間にみるみる景色が秘境化していくので、初めてだと電車に乗ってて不安になりますw
魚市場があって温泉宿もある上に和歌山市中心部からのアクセスも程良く、観光よりも単純に美味しい料理と温泉でゆっくり体を休めたいという場合、お薦めの穴場だったりします。

IMG_20160805_191708.jpg
最後は貝汁。

而今は当然の四合飲み切り。
相変わらずの満足度で本日もご馳走様でした。

外飲み記録 船場ひさ家 お好み串天ぷら


時々訪れるお気に入りのラーメン屋の隣がそこそこ日本酒の揃っている串天ぷら(とおでん)のお店だと知って、試しに初入店。
お酒は宝剣の純米吟醸を頂いています。
日本酒は他に東北泉、東一、賀茂金秀、竹鶴、王祿、香住鶴など東北と中四国方面への偏りを感じますが、選択肢は豊富ですね。

IMG_20160804_184429.jpg
気軽に入れるお値段だったので、天ぷらもドチャっとまとめて揚がってくるかなと思っていたら、ある程度順番に少しずつ供してくれます。嬉しい誤算。
これはカマンベールチーズと明太子です。

IMG_20160804_184654.jpg
半熟卵とししとう、アスパラと串二本は白身魚とあと何だったか?。

IMG_20160804_185043.jpg
稚鮎と海老にサーモンチーズ。

IMG_20160804_185554.jpg
きのこと貝柱のかき揚げと柚子胡椒風味の鶏天ぷら。

衣は全体的にやや固めのカリッとしたタイプですが、衣自体はほとんど主張の無いあっさりした味。
味も極上というわけにはさすがにいきませんが問題なく水準以上、お値段を考えればコスパはかなり良い方でしょう。
週末でもない平日でそこそこお客さんも入っていましたし、近くのリーマンが帰りに一杯引っ掛けたいという時に便利なお店ですね。
厄介なのは隣にお気に入りのラーメン屋があるので、軽く一杯引っ掛けてのつもりが、ついでにラーメンまで食べて結局ガッツリ行ってしまう可能性が高いことw

お酒は宝剣の次に王祿で計二合頂いています。
ご馳走様でした。

家飲み記録 アマテカレイの造り ボイル車海老 ケンケン鰹のタタキ 鮭イクラゆっけ 鮎の塩焼き 辛子豆腐 焼き鳥


飛良泉のはま矢酵母純米大吟醸で頂いた家飲み記録です。
まずはアマテカレイの造りから。
好物のアコウやコチも並んでいたのですが、どちらも最近外で頂いているので今回は見送りました。
それより今年はまだ一度もタマメを見掛けていないのが非常に気になっています。
頻繁に並ぶ魚では無いにしても、ここまで見ないというのは何かあったのかな?

PIC_20160731_113121.jpg
ボイルの車海老です。
サイズも大きめで四尾もあって、海老スキーとしては非常に満足w

PIC_20160731_114240.jpg
ケンケン鰹のタタキです。美味。
ここで一旦休憩。

PIC_20160731_163448.jpg
夕方から晩飯を兼ねて再開。お手軽簡単な好物の自作鮭イクラゆっけ。

PIC_20160731_170542.jpg
勿論、鮎の塩焼きも外しません。

PIC_20160731_192438.jpg
焼き鳥をオーブンで温めている間に辛子豆腐。

PIC_20160731_193640.jpg
最後に焼き鳥盛り合わせ。
焼き鳥って暑くなると外で食べる頻度が激減して、もっぱら家飲みでの登場になります。
逆に串揚げはビールという相方が真価を発揮する時期なので、冬よりもむしろ頻度が増したりしますw

飛良泉は3合強くらい。
半日かけて頂いた家飲み記録でした。

飛良泉 純米大吟醸 はま矢酵母 秋田 飛良泉本舗 秋田酒こまち

PIC_20160809_231738.jpg

飛良泉のはま矢酵母使用の純米大吟醸のレビューです。
破魔矢から見つかった酵母なのではま矢酵母と名付けられた酵母を使用しているそうですが、特にこの酵母に興味を持って購入したわけではありません。
1801号酵母使用の純米大吟醸と同じく、羽州蔵が全然手に入らなかった時期に代替にならないものかと買ってみたうちの一本です。
その後、これを開ける前に羽州蔵がまとめて手に入ったので、長らく冷蔵庫の片隅で無聊を託っていたのですが、ようやく開けることになりました。

それでは早速朝鮮唐津のぐい呑みに注いで頂きましょう。
香りはやや高めといった漂い方で、酸味系フルーツをイメージさせます。
口に含むと割とすぐにレモンのようなハッキリフレッシュな酸味が主張して行きます。
酸味の後に辛味が顔を出しますが、すぐに覆い被さるように甘味が押し寄せてきて、この甘味がそこそこに余韻を残しながら流れていきます。

好みの羽州蔵に通じるものを感じることができた1801号酵母と違って、このはま矢酵母の純米大吟醸は全く違ったオリジナルな味わいですね。
評価は良くも悪くも可というところ。
良に昇格するような上積みは無いと思いますが、なんせ1,500円程度と安いのでコスパ的には十分でしょう。
と言っても1,600円くらいの1801号酵母の純米大吟醸の方が自分好みなので、どちらか選ぶとなったら1801号ですがw

飛良泉 はま矢酵母
純米大吟醸
秋田酒こまち
精米歩合 50%
日本酒度 -2
酸度 2.1
飛良泉本舗
秋田

日本酒 ブログランキングへにほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村