外飲み記録 焼肉五苑 なんば店 ホルモン盛り合わせ 特選サーロイン 特選カルビ 厚切り牛タン 湯引きミノ 卵とわかめのスープ 石焼ガーリックライス


先日見つけた安い割に結構美味しい焼肉五苑を再訪しました。
前回のランチタイムがスカスカだったので、夜もそんなに混んでないだろうと思ったらほぼ予約で満席w
お一人様なので二名用の小テーブルに空きがあって待ち無しで入ることができました。
さすがに美味くて安い焼肉屋が無名なわけは無いですねw

IMG_20171103_184139HD.jpg
前回はお得な盛り合わせ系を頼んだので、今回は少しお高めの特選系を頼んでいます。

IMG_20171103_184302HD.jpg
厚切り牛タン。
特選系は抜群に美味しいというわけにはいきませんが、まあ値段もそれなりなのでバランスは悪くないと思います。

IMG_20171103_184028HD.jpg
湯引きミノ。前回のサクラユッケもそうでしたが単品系はちょっと辛いかな。

IMG_20171103_191016HD.jpg
卵とわかめのスープ。

IMG_20171103_191321HD.jpg
石焼ビビンバならぬ石焼ガーリックライス。

お酒に一切触れていませんが生を四杯頂いています。
ちょっと高めの肉を頼んでも、そこまでびっくりする値段にはならない焼肉五苑の外飲み記録でした。
ご馳走様でした。

外飲み記録 和おん 造り【クロソイ 〆鯖 オコゼ】 カキフライ オコゼの唐揚げ 河内鴨のはりはり鍋


本日の和おんは先日のレビューの通り、而今の東条山田錦純米吟醸を頂きます。

IMG_20171102_182859HD.jpg
北海道産のクロソイと石川産の〆鯖。
クロソイはどちらかと言うと関東の方が人気みたいで、関西ではお目にかかることは少ないですね。
〆鯖は和おんで頼むと正直に「すみませんが、今日の〆鯖はちょっとお薦めじゃないんです」と品書きにあるのにお断りされるケースがありますw
逆に頼まなくてもお薦めしてくる時は鉄板なので必ず頂いています。
今日はお薦めだったので激美味。
前回か前々回くらいにも和おんで〆鯖を頂いていますが、その時と比べても段違いに美味いw

IMG_20171102_184019HD.jpg
まだ冬には少し早い時期だったのですがオコゼ登場です。
市場でめちゃめちゃ活きの良いオコゼを見つけたのでと仕入れてくれたそうで品書きにも当然載っていません。
自分のために好物を仕入れて頂くというのはなかなかに恐縮しますw
ちなみに味はシャキふわなオコゼらしい美味しさで最高。

IMG_20171102_184026HD.jpg
オコゼは胃や皮なども湯引きで美味しいアテになります。

IMG_20171102_185109HD.jpg
日生産のカキフライ。

IMG_20171102_185922HD.jpg
オコゼはかなり大きいので半身を造り、半身は唐揚げで頂きます。
オコゼの唐揚げは身は上品、頭や骨はとても香ばしくと非常に美味いのですが、唐揚げにしてしまうとアラ汁が飲めなくなるので普段は頼みません。
本日はアラ汁を頂くつもりがないので珍しく唐揚げにしてもらいました。

IMG_20171102_191351HD.jpg
IMG_20171102_191353HD.jpg
アラ汁を頼まない理由、河内鴨のはりはり鍋。
鴨鍋も冬の醍醐味ですね。

IMG_20171102_193143HD.jpg
麺の用意が無いということで締めは鴨ラーメンではなく、鴨雑炊にしてもらいました。
これまた美味。

酒も魚も文句なしで幸せなひと時を過ごした和おんの外飲み記録でした。
ご馳走様でした。

【第二回】而今 純米吟醸 木屋正酒造 三重 東条山田錦

IMG_20171102_193143HD02.jpg
一ヶ月ほど前に四合買いしたのですが、なんかまだ一本残っていると聞いて即購入した而今の東条山田錦純米吟醸の二回目のレビューです。
うーん、ラッキーw

それでは早速香ってみると若干酸味系のニュアンスを感じますね。
口に含むと非常に綺麗な酸味が上品に広がりつつ、而今的旨味としか言いようのない甘味とは一線を画した味わいがこれまた上品に広がります。
最後もふわりと浮かぶような感じで消え去っていきます。

上質な旨味を酸味で上手く包んで素晴らしい味わいを作り出しています。
これは確定で良ですね。
なんなら極良まで見えてくるポテンシャルを秘めてそうではありますが、今度こそ売り切れらしので次はまた来年かなw
普通には手に入らないという致命的な欠点さえ除けば文句のつけようのないお酒、而今の東条山田錦純米吟醸のレビューでした。

外飲み記録 鮨そういち アテ盛り合わせ 真牡蠣 お任せ鮨 赤だし


月に一度は使いたい絶品のお寿司屋さん、鮨そういちを再訪しました。
付き出しを用意している間に食べたいものを決めておいて下さいねと言われて、絶対頼もうと思っていたあん肝が付き出しで出てくるという開幕w

IMG_20171031_181641HD.jpg
お酒は毎度の自然郷ですが、このお酒の吟醸が淡麗辛口で美味い。
まだ他のお客がいなかったので、日本酒の甘口辛口と刺し身の組み合わせについて遠慮のない意見を聞かせてもらったりして面白かったw

IMG_20171031_183301HD.jpg
アテのお薦めを聞いたらカワハギ、雲丹、〆鯖、牡蠣etcと止まらないので、そんなには食べられないっすwという話をしたら、それなら少しずつつまみます?ということで盛り合わせてもらいました。
ここの大将のお薦めは鉄板なので非常に美味。

IMG_20171031_183704HD.jpg
雲丹は三種食べ比べだったのですが、こちらは昆布森産の塩水雲丹。
北海道の雲丹と言えば根室や釧路が有名ですが、大将が覚えておいて絶対に損はないと断言するお薦めの雲丹の産地が昆布森。
塩水雲丹については塩の味がエグかったりして雲丹本来の味が損なわれて濁ったような風味になってしまっているという体験を過去何度かしています。
なので無条件に塩水雲丹=美味とは思っていないというか、多少警戒しながら口に入れるくらいなのですが、これはほんのり塩の風味も感じられなくもないという程度で非常に美味でした。

IMG_20171031_183844HD.jpg
こちらは北方領土産。

IMG_20171031_185235HD.jpg
良さげなボタン海老があったので追加でアテに。

IMG_20171031_190204HD.jpg
頭は炙ってもらいました。

IMG_20171031_184453HD.jpg
あと前回も食べましたがまた真牡蠣。

IMG_20171031_190548HD.jpg
こっからお任せお鮨。

IMG_20171031_190918HD.jpg
漬けマグロ。右は今日漬けたばかりということで違いを楽しんでくださいとのこと。

IMG_20171031_191554HD.jpg
IMG_20171031_192102HD.jpg
下は春子鯛。
春の小鯛で春子鯛かと思っていたのですが通年で取れるので特別春じゃないとダメなわけでは無いとのこと。
桜鯛が必ずしも桜の時期に美味しいわけでもないのと似たような話かなw

IMG_20171031_192210HD.jpg
IMG_20171031_192617HD.jpg
IMG_20171031_193610HD.jpg
IMG_20171031_193752HD.jpg
IMG_20171031_194232HD.jpg
IMG_20171031_194742HD.jpg
IMG_20171031_194939HD.jpg
IMG_20171031_195545HD.jpg
IMG_20171031_200256HD.jpg
相変わらず楽しくて美味しい鮨。

IMG_20171031_195953HD.jpg
赤だしは山椒が効きまくっていて非常に美味。

酒は三合か四合。
平日なので軽く済ますつもりが、絶対にそうはいかない鮨そういちの外飲み記録でした。
ご馳走様でした。

家飲み記録 安心堂青竹豆腐 イクラ よだれ鶏 大根餅チリソース 造り【石鯛 コチ アコウ ヒラメ】


鍋島純米吟醸山田錦で頂いた家飲み記録です。
普通なら造りから始めるのですが、鍋島が先日のレビューの通り、とても造りには合わない味だったので、安心堂の青竹豆腐かぐや姫と北海道のミニ物産展で購入した新物のイクラで好物イクラ豆腐から始めています。
もともと物産展系ではお高いイクラですが、今年は不漁のために年末にはこの倍の値段になりまっせと売り子のおっちゃんが語っていました。
さすがに倍になったら手が出ないw
ちなみに大抵の日本酒はスイスイ飲めてしまう好物のイクラ豆腐でも鍋島の進みはイマイチ。
やっぱ厳しいなあ。

DSC_0374.jpg
濃い目の味の惣菜を買っておいて良かったよだれ鶏。
酒を飲んで、後味の悪さを打ち消すためによだれ鶏を口に放り込むという本末転倒の食べ方w

DSC_0375.jpg
大根餅のチリソースも同じような使い方で活躍w

DSC_0376.jpg
夜になってようやく刺し身に合わせても何とかなりそうなくらい酸化したので、四点盛りの登場。

色々工夫をしましたが、やはり酒自体の地力の無さは如何ともしがたく、一合半程残してしまった家飲み記録でした。

日本酒 ブログランキングへにほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村