2017年総括

DSWUp6ZUQAAJky9.jpg
DSWUrKRUIAAdHTI.jpg
ようやく2017年の記事を全てアップしたので例年のように昨年一年間を振り返ってみます。

【酒】
日本酒という括りで言うと実はそれ程大きなトピックスは無かったりします。
新規開拓でお気に入りの銘柄が増えたわけでも無く、黒龍の二左衛門をようやく飲むことができて黒龍シリーズを制覇できたことと、裏鍋島やニュームーンなどの鍋島レア系をある程度飲んだくらいかな。
画像は年末に#今年の私的ベスト日本酒10選でツイートしたものですが、ほとんどが2017年に限らず毎年飲んでいる銘柄ですしw

むしろ日本酒以外の酒でトピックスが多いですね。
まずは何と言っても洋ビール。
洋ビールを飲むと国産ビールがいかに「日本人好みのビール」に特化しているかがよくわかりますね。
すっきり喉越し系を好む日本人向けに特化しすぎて、その部分では極めて優れているものの幅というかバリエーションに乏しくなってしまっている印象ですね。
それでも国産は国産の良さもあるので、洋ビールの良さと気分によって使い分けています。
特にお気に入りのデュベルとウルケルは冷蔵庫常備品となっています。
あとは紹興酒も嗜むようにりました。
とは言え紹興酒についてはまだ病みつきとまではいかず、桂花陳酒や杏露酒と同列に料理の辛さを甘さで緩和するような使い方ですね。
良さがちゃんとわかっていないのかも知れません。

【酒器】
酒器も洋ビール用に幾つかグラスを購入しています。
デュベルは専用グラスがあるので当然購入。
ウルケル用にボヘミアングラスのビールマグを買いましたが、さすがウルケル地元だけあって容量ピタリw
日本酒用の酒器の購入は記事でも紹介している青瓷と木葉天目と高島屋の日本酒祭りで買った若手作家さんのぐい呑が一点の計三点。
若尾経さんの青瓷はずっと狙っていたのでようやく念願が叶いました。
毎年言っている気がしますが、もう本当にこれ以上は買わないようにしたい。
お気に入りなのに最近出番が少ない酒器が出てきたりして、あまりにも勿体無い。

【外飲み記録】
今年は外飲みの新規開拓で当たりを引きました。
事務所が移転したのが大きな理由なのですが、秋頃からよく使うようになった絶品焼鳥のはま田、最近紹介したばかりの四川料理の優真、新規ではないですが一年ぶりに訪れて美味しさを再発見した鮨そういちなどは2018年も最低月一くらいでお世話になりそうです。
勿論和おんもお酒と魚共に充実していましたね。

2018年は今のところ特にこれというテーマもありませんが、気の向くままに興味を持ったものに手を出して行こうと思います。

外飲み記録 曽我の軒 カフェ・フレンズ


年末帰省外飲みシリーズ二日目は豊川の鰻屋の双璧、京楽軒と曽我の軒をハシゴのつもりで豊川に赴いたのですが、京楽軒が年末の稼ぎ時にまさかの休業。
しかも張り紙には「10月より土日祝日休み」と書かれており、如何ともしがたい状態。
つーか、基本的に土日祝日しか休めない立場なので、この定休日だともう仕事を続ける限り京楽軒の鰻は食べられないのでは…と不安。
とりあえず二軒目予定だった曽我の軒に入って肝焼き。
相変わらず美味い。

sc_201712301128434.jpg
蒲焼きも安定感があります。
白焼きがないのと日本酒が厳しい品揃えなのが重ね重ね残念。

sc_201712301151453.jpg
正月前の準備で露店の設営などを行っている豊川稲荷をお参り。

sc_201712301335403.jpg
京楽軒に行けなかったので代わりに浜松の鰻を攻めようという話になり赴いた「浜松 鰻」で検索すると割と上位に出て来る某店の白焼き。
焼いた後に水で洗ったのか?っつーくらい味気のない鰻。

sc_201712301336357.jpg
マズメシを憎むこと親の仇の如しと称される前路山さんがしめじの佃煮と酷評した肝焼きw

sc_201712301343085.jpg
曽我の軒で食べているので、腹が減っているわけでもない状態でわざわざ胃に詰め込む気にならなかった蒲焼き。
タレの味も炭の味も鰻も味も希薄というわけのわからないスタイル。

sc_201712301517547.jpg
sc_201712301520148.jpg
豊橋に戻ってフレンズでお茶。
キャッスルトンのファーストとウバと何かの三種を飲みました。

羽子吾の蒲焼きと言い、この日の浜松と言い、今回は鰻で予想外に痛い目に遭っている年末の外飲み記録でした。

外飲み記録 羽子吾 ラーメン宝塔


昨日のい子いから河岸を変えての二軒目、お馴染みの羽子吾です。
お酒は蓬莱泉三種飲み比べを試しました。
やはり個人的には吟が一番好みですね。
空は吟とはまた違った個性かと思っていましたが、並べて飲むと割と似た系統という印象。
摩訶ははっきり別物ですね。前路山さんは摩訶の評価が高かった模様。

sc_201712291949279.jpg
鰻以外にも〆鯖とかアサリの干物などを頂いています。

sc_201712292007444.jpg
白焼き。やはり美味です。

sc_201712292106231.jpg
蒲焼き。
こちらが頼んでいた蒲焼きを別のテーブルへと持っていって食べられてしまうというトラブルが有り、その後あらためて焼き直してきます…と言った割には5分と経たずに出てきた品。
件の別のテーブルは元々白焼きを頼んでいたので、恐らく白焼きを急遽蒲焼きに切り替えたものと思われます。
だいたい確か二尾頼んでいたはずなのに一尾だけですし、味も違和感あり。雑な仕事。

sc_201712292141332.jpg
その後、以前にも訪れたラーメン宝塔でニララーメン。
割とラーメンだけでも食べきるのが厳しい状況だったのですが、大仏さんと前路山さんは唐揚げと炒飯も追加でぺろりと平らげる相変わらずの健啖家振り。
ちなみに前路山さんはニンニク特化ラーメンを食べたために、帰宅後実家で大ブーイングだったとかw
ちょっと蒲焼きで予想外の外れ方をした年末二軒目の外飲み記録でした。

外飲み記録 い子い 造り【オコゼ クエ 馬刺し盛り合わせ 馬レバ】 炭火焼き【佐賀牛ハラミ 源氏和牛ロース】


年末帰省した時の友人達との外飲み記録です。
夕方に合流したものの特に予約もしてなかったので、大仏さんチョイスでい子いというお店に飛び込みました。
酒の肴とせいろ料理のお店と謳っており、肉も魚も取り扱っているようです。
画像は佐賀牛のハラミ炭火焼き。

DSC_0069_201801091413161e1.jpg
オコゼとクエの造り。
オコゼはふわシャキ感のシャキが無くてフニャフニャ。
某贔屓のお店は良いオコゼだけを仕入れてお薦めしてくれるのですが、その店のオコゼを食べ慣れていると、平凡なオコゼを食べた時のガッカリ感が酷い。
クエは青臭いというか磯臭いというかなんか濁ってました。
まあ鮮魚専門でというわけでもない店ならこんなもんでしょう。

DSC_0070.jpg
源氏和牛という蓬莱泉の酒粕を混ぜた飼料を食べさせて育てた牛肉のロースの炭火焼き。
そこら辺の和牛と比べて段違いに美味しいということはありませんが、段違いに不味いわけでもなくですね。

DSC_0072_20180109141314aea.jpg
馬刺し盛り合わせ。これは美味しかった。

DSC_0071.jpg
馬の肝刺し。コリコリしてますね。
馬春楼で一度食べて以来ですが、これも美味しかった。

お酒は三河の地酒以外にも九平次、澤屋まつもとなど、そこそこ揃ってます。
魚は正直まるで話になりませんが、肉系はそれなりに安定しているので、そちら狙いなら個室でくつろげますし悪くないお店だと思います。
二軒目以降の記事はまた明日。

外飲み記録 旬s ルクア イーレ店 おまかせコース


地元に帰省する日のお昼の外飲み記録です。
帰省する際は梅田でお気に入りの天ぷら屋天がゆに寄るのがお決まりなのですが、この日は午前中に事務所に入る用事があり、それを済ませてからルクアに赴いたら、予想通りの大行列で天がゆは諦めています。
というわけでやむなく空いていてすぐ入れた串揚げのお店旬sでおまかせコースを頂きます。
お酒は瓶ヱビス。

IMG_20171229_121919HD.jpg
過去数回くらい立ち寄った記憶があるのですが、あまり記憶に残っていないお店です。
味はまあそこそこですかね。
最上のように最初の海老からして違いを感じさせるような美味しさではありません。

IMG_20171229_122405HD.jpg
創作系もありますが、それなり。

IMG_20171229_122949HD.jpg
IMG_20171229_124623HD.jpg
ストップ掛けるまで延々と出て来るタイプですが、中盤以降あまりこれというネタがなくダレ気味かなあ。

全部で30種程あるはずですが、20数本くらいでギブアップしています。
大衆店系の串揚げよりは当然お高いお店なのですが、同価格帯なら他にいくらでももっと美味しい串揚げ店があるよなあという印象。
特別悪いわけでも無いのですが、過去数度使って記憶に残っていないのも宜なるかなですね。
基本どこのお店も行列ができている年末のルクアですぐ入れるお店というのはそれなりの理由があると痛感した外飲み記録でした。
ご馳走様でした。

日本酒 ブログランキングへにほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村