外飲み記録 柴藤 鰻づくしコース


久しぶりに柴藤で要予約の鰻づくしコースを頂きました。前回からは約四ヶ月振りです。
お酒は極上吉乃川大吟醸生原酒が入っているということで試しに頂いてみました。
ちょっとマスカット感のある上品なほの甘さを感じさせる味わいで、微かに発泡感もあり、爽やかな印象のお酒ですね。

sc_20170310183438.jpg
先付けは肝煮、八幡巻、春野菜の天麩羅、若竹煮。天ぷらが冷えっ冷えw
鰻関係以外の料理は期待してはいけない店というのは過去の経験から十分に理解しているので、驚きはしませんがw

sc_20170310184020.jpg
天ぷらはともかく、他は美味しかったのであっさり吉乃川を飲んでしまって常きげんに移行。
仲井さんにやはり常きげんの方が美味しいですか?と聞かれたので、味の濃い鰻と合わせるなら酸味辛味主体の常きげんの方が個人的には好みだと答えておきました。
極上吉乃川も単体で見ればかなり美味しい部類ではあるとは思いますが。

sc_20170310184227.jpg
温かいう巻。

sc_20170310184802.jpg
白焼きは大に変更してもらっています。
皮のパリパリ感と香ばしさ、身の柔らかさに山葵がツンと効いて至高。
酒が進みます。

sc_20170310190015.jpg
鰻づくしコース以外では食べられない肝の造り。
肝造りにこだわりがなければ鰻たっぷり献立というコースがあり、そちらは最初から白焼きが大だったり、八幡巻やうざくの量が増えたりします。

sc_20170310190613.jpg
トロロの鰻乗せ。

sc_20170310191226.jpg
うざく。
常きげんはおかわりしていますが、ここで計二合飲み切っています。

sc_20170310194200.jpg
普段は蒲焼きをアテにしてお酒を飲み続けるので、うな重やひつまぶしを頼むことは稀なのですが、この日はお酒を先に済ませたので、しっかりご飯物ということでひつまぶしを頂きました。

というわけで極上吉乃川一杯、常きげん二合を頂きました。
地元に帰省した時以外で鰻を食べるのは、ほぼここ一択というお気に入りの柴藤の外飲み記録でした。
ご馳走様でした。

外飲み記録 おの富久 造り五種盛り 炙り六貫握り 特上九貫握り


初訪問の近所にある寿司屋おの富久の外飲み記録です。
近くに時々訪れている英ちゃん冨久鮓があり、名前が少し被っているのですが関連性は不明。
こちらはお気軽な大衆店なので、多分関係は無いのかな。
付き出しはまぐろユッケ&豆腐、お酒は何年ぶりかの久保田千寿。

sc_20170306191027.jpg
造り五種盛り。

sc_20170306191505.jpg
お酒は次に紅寿。

sc_20170306192544.jpg
週末ではなく普通の平日なのでお酒もアテも控え目にして握りに移行。
炙り系のお任せ六貫握り。

sc_20170306193008.jpg
特上お任せ九貫。鰻が被っている気がしますが、ご愛嬌w

値段もお気軽な個人経営の小さなお店ですが、ミナミの一角で店を構える以上、それなりのクオリティでなければ長くは続かないわけで、味も無難に平均以上はキープしていますね。
お酒は7~8種類程で久保田の他には獺祭なども置いてあります。
どちらかと言うと食事メイン目的でお酒もついでに一杯だけという時に便利なお店ですね。
ご馳走様でした。

外飲み記録 芦屋天がゆ ルクア大阪店  旬之献立 お好み天ぷら


天ぷらは春野菜が至高だと思っているので、春野菜を頂きに天がゆを訪問しました。
お酒はいつもの上喜元。コースも春の野菜が多そうな季節のコースを。

sc_20170305110522.jpg
海老は相変わらずのクオリティの高さ。絶品。

sc_20170305110802.jpg
空豆。

sc_20170305111127.jpg
新筍。

sc_20170305111308.jpg
2017年初の稚鮎の天ぷら。
あと数ヶ月もすれば家飲みで鮎ラッシュの日々がw

sc_20170305112614.jpg
春野菜と言えば外せないタラの芽。

sc_20170305112907.jpg
アスパラ。

sc_20170305113247.jpg
うるめ。

sc_20170305113502.jpg
雲丹の烏賊巻き。

sc_20170305113913.jpg
葉付き新玉ねぎ。
鱚や穴子、クエなどの魚介系も勿論頂いていますが端折っています。

sc_20170305115602.jpg
かき揚げ。

sc_20170305115410.jpg
お粥。

うーん…。
春野菜を食べに行ったのですが、菜の花、こごみ、芽キャベツが無い。
こごみ、芽キャベツはまだしも菜の花が無いのはどうかと(単品メニューにも無い)。
こういった季節系の野菜をきっちり揃えていた与太呂の大丸心斎橋店が改装工事で閉店してしまったのが今更ながら悔やまれます。
まあ当ては外れましたが、天ぷら自体は相変わらず素晴らしく美味しかった天がゆの外飲み記録でした。
ご馳走様でした。

家飲み記録 造り【コチ 赤貝 メイタカレイ】 あったか海老春巻き 蓮根団子 長芋の明太サラダ 新筍の茶碗蒸し


伯楽星純米吟醸で頂いた家飲み記録です。
まずはコチから。
やはり酒の肴の白身魚としては抜群の美味さ。

PIC_20170304_125015.jpg
国産赤貝の造り。
カメラが寄っているから大きく見えるのではなく、本気でデカイ。
値段もこれまでに赤貝で使った値段の最高値を更新するレベル。
美味かったw

PIC_20170304_125957.jpg
白身はコチを買っていたので、どうしようか迷ったものの久しぶりに見掛けたので買ってみたメイタカレイ。
ハズレ。これは酷い。

PIC_20170304_131128.jpg
温めて食べるエビ春巻き。
レンジの時間が長すぎたのか、ちょっと焦げてしまいましたがそれでも相当の美味しさ。
酒にも合うので、今後しばしば登場するでしょう。

PIC_20170304_132000.jpg
蓮根団子も温めて頂きます。
3月とは言え冬のような寒さの日だったので温かい惣菜が増えています。

PIC_20170304_132714.jpg
長芋の明太サラダも美味。

PIC_20170304_133959.jpg
最後は美濃吉の新筍の茶碗蒸し。

ゆうので食べた和食がやたら美味かったので、何となく引っ張られて和食系の惣菜多めな本日。
メイタカレイ以外は非常に満足でした。

【第二回】 伯楽星 純米吟醸 生詰 新澤醸造店 宮城 蔵の華


第二回目になる伯楽星の純米吟醸のレビューです。
2016年は上期に新規銘柄開拓を積極的に行い、その反動で下期はほとんどお気に入りの銘柄しか飲んでなかったのですが、今度はその下期の反動でド新規までは行かないものの、しばらく御無沙汰だった準レギュラー的銘柄を買い漁っています。
というわけで、そういう銘柄のひとつ伯楽星。
1月末頃に外飲みで東条秋津の純米大吟醸を飲んではいますが、家飲みでは昨年6月以来と半年以上御無沙汰ですね。

それでは早速青煌天目の器に注いで頂きます。
香りは高すぎず、控え目すぎることも無くというところですね。
口に含むと透明感はなく、すぐに酸味主体の味わいが広がり始めます。
酸味系ではありますが甘味も二割ほど混ざっていて、刺すような酸味ではなくまろやかに丸みを帯びた味わいですね。
最後に少し辛口系のニュアンスを発揮しながら通り過ぎていきますが、若干喉奥にしつこさの混じる余韻を残します。

第1回に較べると特に最後の余韻が違っていますね。
味わいは展開の順番に違いがあるものの、基本的に酸味系主体にして甘味辛味が添えられているというところは同じ様子。
評価としては無難に美味しく、無難に可というところかな。
とは言え2,000円以下のお酒なのでコスパ的には極めて優秀。
というわけで、お財布に優しい伯楽星の純米吟醸のレビューでした。

日本酒 ブログランキングへにほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村