外飲み記録 日本料理 かこみ おまかせコース


新年ですがまだしばらく昨年末の記事が続きます。
月に一度の中之島御飯シリーズと言いつつ三ヶ月振りくらいなのは、中之島に行っていないわけではありません。
ここのところ中之島付近というか大阪キタの鰻の有名店に連続で入って連戦連敗、記事を作っても罵倒の言葉しか羅列出来ないような状況だっただけw
本日は本当は大仏さんに教えてもらったミシュラン星付きの蕎麦屋に行くつもりだったのですが満席だったので、隠れ家的日本料理の美味しいお店かこみを久しぶりに訪れました。
今年の1月以来ほぼ1年振りですが、今年も2回位満席で振られているので、この日は一応事前に空席ありを確認。
なんか以前は要予約だったはずの値段のコースが予約無しでも食べられるということで、そちらを頂きます。
お酒は上喜元。

IMG_20171213_193316HD.jpg
雲丹と海老しんじょうだったか何かのあんかけ。
雲丹が先日鮨そういちで伺った昆布森の雲丹でした。
あんかけに全く負けない濃厚な雲丹の風味がとてつもなく素晴らしい絶品。
この日食べた中でも群を抜いて素晴らしい皿でした。

IMG_20171213_193945HD.jpg
あん肝と生八ツ橋と銀杏。

IMG_20171213_194533HD.jpg
お酒は黒龍を追加。

IMG_20171213_195204HD.jpg
金目鯛と白子の豆腐の椀物。
とても美味。

IMG_20171213_195751HD.jpg
烏賊と筍の造りに干し数の子。

IMG_20171213_195757HD.jpg
鰆の炙り。
大根おろしが少量なのにやたら効いて鰆の評価が一変するような素晴らしい美味しさ。

IMG_20171213_200640HD.jpg
おまけのカラスミ大根。

IMG_20171213_200919HD.jpg
堀川牛蒡やレンコンなどの入った和風な感じのビーフシチュー。

IMG_20171213_201733HD.jpg
奈良の柿をくり抜いて広島の牡蠣を白味噌で繋いで温めてあります。
意外にこの二つって合いますね。

IMG_20171213_202642HD.jpg
兵庫のどこだったか忘れましたが松葉ガニ。
先日、家飲みで食べた梅田阪神の訳あり品の松葉ガニとは比べ物にならない美味しさw
やっぱ値段は正直なんですかね。

IMG_20171213_203931HD.jpg
河豚の白子や身、皮を湯引いて味付けしてあります。
河豚は天草産。
ちなみにこの器は乾山写し。恐ろしいw

IMG_20171213_204430HD.jpg
こちらも同じくフグ。

IMG_20171213_205346HD.jpg
絵唐津の器で勢子蟹御飯。
画像はありませんが、後でお焦げの部分を出汁茶漬で頂いています。

IMG_20171213_210551HD.jpg
最後にいつも美味しいプリン。

いつもなら要予約のコースが飛び込みで食べられてラッキーだなあと思っていたら、実は要予約のコースが新たに二種類できていて、逆にこれまで要予約だった値段のコースは予約無しで食べられるようになったのだそうです。
美味しさが知られるようになって、もっと高いコースがほしいという客が増えた模様w
この店を知った当時は北新地の他の高級日本料理店に比べればそこそこリーズナブルで個室もあり、勿論味も良いという隠れ家的なお店だったのですが、ここ数年で完全に押しも押されぬ人気店になりました。
この日も以前に取材を受けたテレビの放映がある日だったようでますますこれからも人気を博して、北新地屈指の名店になるのだろうと思います(なんせ美味いし)。
とりあえず、一生に一度くらいは要予約の最高のコースを食べてみたいと思います。
ただ最高級コースの価格帯になると、好みの銘柄が多いとは言え特別純米主体の日本酒はもうワンランク上が欲しいかなとも思ったり。
久しぶりに極上の素材を丁寧な仕事で供する日本料理を楽しんだ外飲み記録でした。
ご馳走様でした。

外飲み記録 かこみ お任せコース

久しぶりのかこみです。
前回から半年も経ってしまいましたが、二度ほど満席で入れなかったためで、本当なら二ヶ月に一度くらいの贅沢で訪れたいお店です。


まずは焼き餅と松葉ガニの茶碗蒸しから。お酒は九平次の大吟醸を頂いています。

sc_20170124195844.jpg
八寸。
左下はあん肝をフォラグラ仕立てにしてあって非常に柔らか。中央にはカラスミ。
お皿は唐津ですね。

sc_20170124200501.jpg
九平次を一瞬で飲み干して、お次は品書きにはなかった作の新酒をお薦めされて頂きました。
辛口スッキリで非常に美味。

sc_20170124201115.jpg
フォアグラを混ぜた海老芋団子と筍の椀。
板さんがこの時期(1月下旬)の筍の美味しさについて土の部分から詳しく説明してくれて、おおなるほど!と感心したのですが、酒が入っていたせいか後日になって理由をすっかり忘れてしまっていますw
ただ春の食材というイメージの筍ですが、晩冬の頃からぐんぐん美味しくなっているということだけは覚えておこうと思っています。

sc_20170124201912.jpg
寒鰤とヒラメです。
右の山葵の下がごく少量ですがヒラメの肝で酒にめっちゃ合います。

sc_20170124202241.jpg
お酒はこの辺でいつもの黒龍。

sc_20170124202245.jpg
板さんの知り合いの職人さん謹製の錫器。
宝塚で作っておられるそうで、能作よりも純度の高い錫が売りだとかw

sc_20170124203141.jpg
牛肉のお寿司。左は山椒、右は山葵で頂きます。
写真がブレていて勿体無いのですが、お皿が非常に美麗。
京焼か薩摩焼のどちらかと予想して伺ったところ京焼。
なんでも某酒蔵の蔵の奥に眠っていた品を入手する機会があって、この皿もその時に得たひとつだそうです。

sc_20170124203855.jpg
蟹の天ぷら。

sc_20170124204707.jpg
この辺から酔いがかなり回って記憶がやや曖昧にw
葛打ちした雲丹などの山海の幸。蓋のレモンを搾りながら頂きます。
お皿は備前ですね。

sc_20170124205744.jpg
マリネ風の何かw

sc_20170124210317.jpg
絵唐津の茶碗で牡蠣釜飯。

sc_20170124210612.jpg
おかわりは出汁茶漬け。

sc_20170124211250.jpg
絶品のプリン。

sc_20170124211613.jpg
唐津井戸?で抹茶を頂き終了。

お酒は上記以外に飛露喜を追加しているので計四合。
買って間もないタブレットに使い慣れていないせいで糞画質ですが、相変わらず美味しい料理を堪能しました。
これでも十分に満足なのですが、予約限定コースだと更に格の違う料理が出て来るお店なので、機会があれば予約して行こうと思います。
ご馳走様でした。

外飲み記録 かこみ お任せコース

月に一回くらい中之島に行くのでその辺のお店を開拓シリーズ第三回はホテルエルセラーン大阪の地下にある和食のお店かこみです。
ちなみにこのお店は新規開拓ではありません。顔を覚えられる程の頻度ではありませんが、過去何度か利用しています。
個室もあり、落ち着いた雰囲気で、勿論料理もお酒も美味しいので、親しい友人やちょっと気合入れて招待したい人を迎えるのに重宝するお店です。


料理は基本的にお任せコースを三種類の価格から選ぶのですが、一番高額なコースは要予約なので、飛び込みで入った本日は二番目のコースを選んでいます。
まずは前菜から。葉を取ってから撮影すれば良かったかなw
真ん中のタコが柔らかく煮たタコですという説明で、ふーんと思いながら口に運んだら、これが激美味。
とりあえず柔らかいタコという説明で想像できる歯応えとは全然違います。
イメージとしては木綿豆腐かな、ホロッと口の中で崩れつつ深みのある出汁が溢れて至高の味わい。
他も美味しかった筈なのですが、このタコが衝撃的過ぎてよく覚えていないレベルw

IMG_20160721_194301_201607221624246d6.jpg
お酒は最初に飛露喜の特別純米をグラスで頂いていたのですが、こんな料理が出てくれば一瞬で飲み干してしまうので、続いて黒龍の特吟をオーダー。
お酒は純米吟醸や特別純米クラスを中心に前述の飛露喜、黒龍の他に獺祭、九平次、磯自慢など10数種類とお財布には優しく、酒飲みには嬉しくという品揃えです(ワインその他も勿論ありますが、興味ないので目を通していません)。

IMG_20160721_194623_20160722162426d36.jpg
続いてとうもろこしと万願寺唐辛子の天ぷら。
とうもろこしの真ん中には海老しんじょうが入っており、この形で巻いて揚げるのは結構技術を要するのだそうです。
お皿が多分九谷焼じゃないかなーとか思いつつ、美味しく頂きました。

IMG_20160721_195321_20160722162429422.jpg
黒龍もグラスだったので一瞬で飲み干し、続いて九平次。
メガネの真面目そうな若い兄ちゃんがお酒を持ってきて「醸し人九平次、新潟のお酒です」
自分「いやいやいやいやwwwwwww」 大将「ちょちょちょちょ!」
そんなコントのような一コマがあり、大将の目の前でやらかして恐縮しきってしまった兄ちゃんは注ぎこぼしの酒盃でもないのに、ギリギリまでお酒を注いで、「注ぎすぎだから…」と大将に再び突っ込まれて、ますます恐縮してしまっていましたw

IMG_20160721_195420_20160722162438eef.jpg
続いてアコウの造り。家飲みでも頻繁に登場する好物、芳醇で美味。
お皿は有田焼かなとも思いましたが、先程九谷焼の皿が出てきたので、もしかして九谷焼ですか?と聞いた所、その通りですとの回答。
夏は九谷焼の山水のお皿で造りを出すのがこだわりなのだそうです。

IMG_20160721_200753_20160722162441261.jpg
鮑は右上の肝を付けて頂きます。激美味。
この後、金目鯛の炙りが出てきたのですが、食事に夢中で撮影忘れています。
一切れだけでも是非塩でお試しくださいと言われて、試したらこれがめっさ美味くて結局全部塩で食べました。

IMG_20160721_200508_20160722162439be8.jpg
お酒はもう一度飛露喜をおかわり。

IMG_20160721_201112_2016072216244209f.jpg
ちょっとちまき風な品。

IMG_20160721_201235_20160722162436836.jpg
開くとこんな感じで、蟹のほぐし身などが姿を表します。
冷たい刺し身の後に温かく体を癒やします。

IMG_20160721_201514_20160722162450565.jpg
食べている時から気になっていたこのお皿。
全然わからないものの京焼によくある花結晶にちょっとニュアンスが似ているかなと思いましたが外れw
民平焼という淡路島の焼き物なのだそうです。
まるっきり初耳の焼き物で、しかもこれ天目なんだそうです。

IMG_20160721_203557_201607221624520f4.jpg
雲丹の葛寄せ的な何かw
品書きがあるわけではないので、こういうお店は画像だけでなく品名もメモっておかないと後から思い出すのが至難です。
味は勿論美味。
お皿は唐津焼。さすがにこれはわかりますw
絵唐津って酒器にするとあまり好みではないのですが、お皿は風情があって好き。

IMG_20160721_204457_201607221624538b9.jpg
最後は鮎ご飯。
最初はそのまま、二杯目は出汁を掛けて茶漬け風に頂いています。
茶碗はまた唐津焼ですが、こっちはあまり好みじゃないかなw

最後に卵の殻に入れられたプリンが出てきて、これも非常に美味だったのですが、またも画像を撮り忘れています。

お酒はグラスで四杯。
翌日も仕事な平日だったので控えめにしたこともあって、お値段は割と安く済んでいます。
ちなみに要予約の最上級コースは、予約が入ってから食材を仕入れるので、今回のコースの更に上を行く素晴らしさです。
酒も料理も大変に満足でご馳走様でした。

日本酒 ブログランキングへにほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村