FC2ブログ

ぐい呑 番匠谷浩平 木葉天目 泉州焼 平窯 

DSC_0022_201712061240248a5.jpg
DSC_0024_20171206124025bab.jpg
DSC_0025.jpg


大阪髙島屋の展示販売で入手した木葉天目のぐい呑の紹介です。

木葉天目は実物の木の葉を焼き付ける技法で、東洋陶磁美術館所蔵の木葉天目茶碗は重要文化財に指定されていたりします。
二年前の東洋陶磁美術館の茶道具展で実物を見る機会があり、これって木の葉が隠れてしまう抹茶よりもぐい呑にして酒に透かした方が絶対風情があるよね?酒器でこそ欲しい器だなあと感じた記憶があります。

そんな記憶も薄れてすっかり忘却の彼方だった先日、このぐい呑に出会って、これこそまさに、自分がずっと探し求めていた木葉天目のぐい呑!と一目惚れして買いました…と繋がればストーリー的には綺麗なんですけど、実はこれまでも陶器まつりや陶芸展で木葉天目のぐい呑は何度か見掛けています。
木葉天目の技法自体は綺麗に焼き付けに成功する確率はあまり高くは無いとはいえ、曜変天目茶碗のように再現不可能というわけでは無いので陶器まつり系の催しに足を運んでいれば、たまお目にかかることができるんですね。

ただこれまで見てきた木葉天目のぐい呑は、ああ木の葉が焼き付けてありますねというだけで、あまり所有欲を刺激しない品ばかり。
ところがこの木葉天目はまずもって紅葉の焼き付けと器肌の色合いのバランスがいかにも秋らしくて非常に良く、興味を惹かれました。
個人的な嗜好から言うと、収まりというかバランスが良すぎて優等生的過ぎる点がちょっと気になります。一点どこかに尖った個性が欲しいのが本音ですね。
それでもこれ以上に好みに合う木葉天目にこの後出会う機会があるかというと、過去の経験からなかなか無さそうでもあるので、頂いておこうかなーと迷いつつ、展示販売していた作家さんに値段を聞きました。

ちなみに泉州焼の平窯では普段使いできる気軽な焼き物ということで、展示中の皿や酒器も基本的にはかなりリーズナブルな値段のものばかり(そもそもこの時の展示も美術コーナーではなく生活用品コーナーでの展示販売)。
それを踏まえて値段を聞いたら、展示してある気軽なぐい呑の値段の4~7倍の値段w
なかなかこれだけ綺麗にできる作品は少なくて…と恐縮しきりの作家さんの価格の説明を聞いていたのですが、他の品々に比べて段違いに高い値段に何と言うか、作家さんの自信やプライドを感じてしまいました。
普段使いの気軽な品を作っている作家の「これだけは安くは売れませんぜ」という誇りを感じる品という点に斬られてしまって、今回購入に踏み切っています。
しかし共箱が無い…w
普段使いの品が多いから共箱を使う機会が多くないのは理解できるのですが、このクラスの値段で共箱が無いって言うのは、ちょっとどうかなと。
それも踏まえて個性といえば個性でしょうか、まあいいやw

やはりお酒を注ぐと木の葉の焼き付けが味わい深かった木葉天目のぐい呑の紹介でした。

ぐい呑 若尾経 青瓷

_20170910_180412_201709131259490e8.jpg
_20170910_180433.jpg
_20170910_180453.jpg
突然ですが久しぶりの酒器紹介です。
志野で有名な若尾利貞さんの長男、若尾経さんの青瓷のぐい呑です。

実はもともと青瓷ってあまり好きじゃなかったりします。
東洋陶磁美術館には骨董の青瓷が掃いて捨てるほど陳列されていますが、正直青瓷の青って安っぽいというか貧乏くさく見えて全くピンと来ないw
なので、これまで青瓷の酒器を見ても一瞥すらしなかったのですが、この若尾経さんの青瓷はならまちギャラリーたちばなという奈良のギャラリーの画像を見て一瞬で一目惚れ。
これは実物を見て購入を検討せねばと思っていた所、あっという間に売約済みになってしまって歯噛みしたのが昨年の秋くらいだったでしょうか。
地元豊橋の百貨店の合同陶芸展で名前を見掛けたものの、帰省のタイミングと合わなかったり(もっともそこで青瓷の展示があったかどうかまでは不明なのですが)となかなか縁がなく、されど未練断ち難く…と悶々としていたところ、先日再びならまちギャラリーたちばなで入荷情報を発見。
週末に行くので取っておいてと馴染みの客でもないのに無茶を言って奈良まで足を運んでようやく購入することができました。

画像だけでも惹かれていましたが、実物を手に取るとますます惚れ込んでしまうほど、いちいち自分好み。
まず口縁が七角なのがとても良いです。六角だと陳腐で八角だと五月蝿そうなところ、この七角はアンバランスでありながらその辺上手くバランスが取れています。
釉薬はかなり厚く、ズシリと感じる重さも、この深い青瓷の色合いと調和しています。
何より画像のように少し薄暗がりに置いた時の、陰影の素晴らしさときたら…。

ちなみに明るくしちゃうとこんな感じ。
_20170909_182531.jpg
これはまだそうでもないのですが、百貨店やギャラリーなどの明るい照明の下で、何の変哲もない青瓷を見ると青が薄くなってしまっていて、なんというか趣が感じられません。
この器との出会いがきっかけで「薄暗がりの青瓷の美しさ」に気付いたので、青瓷の展示などがあるとわざと影を作るような位置に立ってみたり、ぐい呑のような小品であれば手で包み込むようにして、陰影を濃くした場合の見栄えを測っているのですが、動きが明らかに不審者に見えるようで店員の視線が非常に気になったりしてしますw

ちなみにギャラリーの方が言うには若尾経さんは最近は陶芸展用の大物に力を入れていて、ぐい呑のような小物はあまり手がけなくなっているそう。
小品はギャラリー側が頼んで作ってもらっている様子で、そうなるとこの青瓷のぐい呑も今後はなかなかお目にかかれ無くなるのかも知れません。
若尾経さん自身、評価がぐんぐん上がっているそうで、きっと陶芸展や個展用の大物の作成を期待されているのでしょう。
そういう状況では、今回無理矢理にでも取り置きしてもらって、この器を入手できたことは非常に幸運でした。
久しぶりに手の中で転がしながらニヤニヤ薄笑いを浮かべてしまうくらいのお気に入りの器の紹介でした。

日本酒 ブログランキングへにほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村