外飲み記録 メーザ・エスタシオン 特選旬菜コース 馬刺し お好み天ぷら


天がゆに行こうと思ったら開店後30分も経ってない時間で満席&30人以上の長蛇の列。
しばらく行ってなかったので連休中は開店前30分には並んでおけという鉄則を忘れていました。
並ぶのは嫌ですが天ぷら気分になっていたので、茶屋町まで歩いて久しぶりのメーザ・エスタシオンに。
お酒は八海山純米吟醸。

IMG_20180103_114036HD.jpg
馬刺しは前回あまり良い思い出が無かったと思うのですが、うっかり頼んでみたら美味しくなってました。

IMG_20180103_115041HD.jpg
才巻海老の天ぷら。うーん、やはり正月中のせいか海老自体がやや力不足かなあ。

IMG_20180103_115406HD.jpg
その後の野菜系やキスなどの定番系は違和感なく美味。

IMG_20180103_125307HD.jpg
雲丹の天ぷら。
日本酒には合いますが、単体の天だねとしてはあまり天ぷら向きでは無い気がしないでもないw

IMG_20180103_125528HD.jpg
左はフカヒレ。

IMG_20180103_130424HD.jpg
蟹身です。

IMG_20180103_131108HD.jpg
最後は天茶。

海老がちょっと残念ではありましたが、並ばず入れて相応のクオリティでくつろげるので、大将が変わって二度目の訪問ですが、今後も時々使っていこうかなと思います。
お酒は八海山二合に瓶ビール一本だったかな。
ご馳走様でした。

外飲み記録 メーザ・エスタシオン 特選旬菜コース 馬刺し お好み天ぷら


半年振りのメーザ・エスタシオンです。
お酒は八海山の純米吟醸。

sc_201708111142070.jpg
いつも頼む馬刺しですが、なんか量が減っているような…。
馬刺しで腹一杯にしたいわけではないので、増えるよりは良いのですが、味もなんだか水っぽくなっている印象。

sc_201708111157542.jpg
才巻海老の天ぷら。
美味ではありますが、エビに関してはやはり天がゆが抜けていますね。

sc_201708111201227.jpg
金針菜と夏の好物とうもろこし。

sc_201708111203208.jpg
鱧。

sc_201708111224409.jpg
箸休めの鱧の冷製茶碗蒸し。

sc_201708111230371.jpg
今夏はレアキャラと化している稚鮎。
やっぱり天ぷらは稚鮎に限ります。
成魚の鮎を天ぷらで出してきた天がゆさんは大いに反省してもらいたいw

sc_201708111219401.jpg
モロッコインゲンとレンコン。
メーザ・エスタシオンは野菜は結構良いものを使っています。

sc_201708111253389.jpg
旬にはちょっと早いですが本しめじ。

sc_201708111310564.jpg
最後は天茶。

画像はかなり端折っていますが、いつも通り大量の天ぷらを食しています。
馬刺しはもう頼むことはないでしょうが、天ぷらは大将が変わっても変わらぬクオリティですね。
お酒は二合、ご馳走様でした。

外飲み記録 メーザ・エスタシオン 信楽コース 馬刺し お好み天ぷら


三ヶ月ぶりくらいのメーザ・エスタシオンです。前回からお気に入りで必ず頼むようになった馬刺し。
お酒は八海山の純米吟醸。

IMG_20160814_193914.jpg
いつものように大量の天ぷらを頂いていますが、画像全部載せているとキリがないので、ある程度季節系の天だねを中心に紹介。
夏はどこでもよく見るトウモロコシ(好物)と下は金針菜。

IMG_20160814_194133.jpg
鱧。

IMG_20160814_194313.jpg
万願寺唐辛子。

IMG_20160814_200408.jpg
稚鮎。

IMG_20160814_195020.jpg
田舎茄子。

IMG_20160814_195923.jpg
箸休めのトウモロコシの冷製茶碗蒸し。非常に美味。

IMG_20160814_201641.jpg
鱚。

IMG_20160814_202256.jpg
雲丹は海苔巻きと烏賊巻きが選べるのですが、本日は烏賊巻きで。

お酒は八海山を二合頂いています。
いつも通りに天だねの素性の良さと揚げる技術だけで勝負するシンプルで質の高い天ぷらを堪能しました。
ご馳走様でした。

外飲み記録 メーザ・エスタシオン 特選旬菜コース&お好み天ぷら&馬刺し


東洋陶磁美術館で宮川香山の作品を観てきました。
高浮彫というちょっと引くくらい凄まじい技巧を凝らした陶芸作品で世界的に有名な方だったそうですが、館内撮影は当然禁止なので興味のある方は画像検索でもしてみてください。
高浮彫は当然ながら迫力満点なのですが、金彩の絵付けも割と好みで、お気に入りの神戸薩摩焼の盃や以前に三年坂美術館で見た京薩摩にも通じるものがあるなあと思っていたら、宮川香山自身は京都出身ではあるものの、薩摩焼を発展させて彼オリジナルの真葛焼を確立したのだそうで、そりゃ薩摩焼と通じる部分があるのも当然ですね。
陶芸好きと言っても自分で作りもしなければ、勉強も全くしないので、こういう時に知識不足が露呈するのですが、知らないからこそ、これもしかして…と思って後で調べてああやっぱり、と一人で納得したりするのも楽しみのひとつだったりします。

その後、東洋陶磁美術館を後にして久しぶりにメーザ・エスタシオンに寄りましたので、標題の外飲み記録です。
IMG_20160702_125006.jpg
お酒は八海山から。相変わらず酒器は凝っています。
できたら銘柄も凝って欲しいのですが、他には白鶴や賀茂鶴などの品揃えw

IMG_20160702_130025.jpg
コースとは別にオーダーした馬刺しです。
馬刺しは良し悪しがわかるほどに食べてはいないのですが、これは美味しかったです。
部位の説明も受けてハラミと肝は覚えているのですが、心臓に近いところのコリコリした何かともう一つは忘れましたw
ちなみに最近ガラスの皿に造りとか盛りつけるのって涼しげで良いなあなどと思い始めて、ガラスの皿を物色したりしているのですが、このお皿はかなり良いです。持ち帰りたいw

IMG_20160702_131009.jpg
いつも光源の関係で画像が白飛びしている天ぷらはこの日はある程度まともに撮れています。
これは才巻海老。

IMG_20160702_131332.jpg
金針菜とヤングコーン。

IMG_20160702_132251.jpg
万願寺とうがらしと菜の花だった何かの芽の部分。

IMG_20160702_131512.jpg
奈良のゆうきゅうという名前のお酒。まだ八海山の方が好みかな。

IMG_20160702_131723.jpg
鱚と茗荷。

IMG_20160702_134109.jpg
この時期定番の稚鮎。

IMG_20160702_133031.jpg
本シメジ。

IMG_20160702_133135.jpg
また八海山に戻ります。信楽焼かな?酒器は凝っているんだよなあw

IMG_20160702_140114.jpg
岩牡蠣。

IMG_20160702_135401.jpg
鱧とアスパラ。

IMG_20160702_140003.jpg
雲丹。

お酒は三合、天ぷらはまだ載せていない画像もかなりあるくらいガッツリ頂きました。
相変わらずのクオリティでご馳走様でした。

外飲み記録 メーザ・エスタシオン 特選旬菜コース+お好み天ぷら

IMG_20151227_131634.jpg
年末はどこも混んでいますが、そんな時は茶屋町まで足を伸ばしてメーザ・エスタシオンに飛び込みます。
洒落たカラフェですが中身は八海山なので某氏は眉をひそめることでしょうw

IMG_20151227_132533.jpg
相変わらず画像が白飛びしてしまうので適当に飛ばしながら紹介していきます。
まずは才巻海老から。

IMG_20151227_133122.jpg
これはキスですね。天ぷら屋ならほぼ一年中食べることができるとはいえ、この時期のキスはそれ程でもないですね。
つな八でもそうでしたし。
このあと金針菜、ロマネスコカリフラワー、スイートキャロットと続きます。

IMG_20151227_133645.jpg
ブリのサラダで一息つきます。

IMG_20151227_134213.jpg
アスパラとわかりにくいですが牡蠣です。

IMG_20151227_134907.jpg
豚の角煮の里芋餡掛け。美味。

IMG_20151227_135325.jpg
アマゴは活けアマゴ。さっきまで元気に泳いでいましたが変わり果てた姿に。
非常に美味。

IMG_20151227_135643.jpg
なぜかこれだけ上手く撮影出来ていた鳴門金時と才巻海老の大葉巻。
コースはここまでです。

IMG_20151227_140849.jpg
追加のタラ白子。これは前回も紹介しましたね。

IMG_20151227_141345.jpg
ズワイガニは割と普通。他に蓮根、長芋、穴子、フグなどを頂いています。

IMG_20151227_142753.jpg
最後に釜焚き五穀米と味噌汁。

お酒は八海山、白鶴、賀茂鶴を各一合頂きました。
もうちょっと良いお酒が欲しいところですが、天ぷらは相変わらず満足です。
ご馳走様でした。

日本酒 ブログランキングへにほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村