FC2ブログ

ぐい呑み 橋本大輔 窯変天目 京焼


久しぶりの酒器紹介です。
以前に紹介した禾目天目のぐい呑みと同じ作家さんの窯変天目のぐい呑みです。
酒器もお酒同様に自分から積極的に情報収集をしないタイプなので、陶芸祭りなどで気に入った器を買い求めて、自宅に戻ってから初めて検索を掛けたりして、作家さんの略歴や他の作品を識ることになります。
橋本大輔さんのことも五条坂の陶器まつりで偶然好みの禾目天目のぐい呑みを見掛けて、購入したことを切っ掛けに存じ上げるようになりました。
その後、いろいろ調べたたら非常に自分好みの器を多く作陶されていることを知り、特に青煌天目と名付けておられる窯変の器は何が何でも手に入れたいと思っていました。
ただ通販ではまるっきり見つけることができず、店舗で取り扱いがありそうなギャラリーが奈良にあることを調べて赴いたりもしたのですが、これも外れ。
こうなったらまた五条坂の陶器まつりに出店されていることに期待して、あの糞暑い時期の京都に行くしかないかと思っていたのですが、なんか突然大阪高島屋の美術画廊の展示コーナーに出現してましたw
箱書きには青煌天目ではなく窯変天目とありますが、間違いなくネットで見掛けて惚れ込んだ天目と同じ変化なので迷わず購入。
今年は酒器の購入は控えようと言いながら萩井戸の器に続いての購入となってしまいましたが、これはそういう経緯があるのでしゃーなしw

見所は、まあ画像だけでも十分伝わるかな。
光を当てつつお酒を注いだ時の輝きは波佐見焼の器がこれまでは一番でしたが、これはそれに匹敵するか凌ぐかもというレベルです。
手触りはかなり硬質で、陶器らしい土の手触りよりは金属器に通じるものがあります。
なので錫器のように冷やしておいてお酒を注ぐのも良いなあと思いつつ、うっかり手を滑らせて落とした場合に錫器と違って取り返しがつかないので自重していますw

念願叶って手に入れた器なので購入直後はお気に入りで頻繁に家飲み記録にも登場しています。
これである程度酒器欲は満たされたので、よほどのことがなければ酒器の購入をすることは無いと思います(今回は前振りではなく)。
自分にしては珍しく偶然の出会いからではなく、探し求めて入手した(と言っても買うことができたのは完全に偶然ですがw)天目の器の紹介でした。

小皿 東哉 雲彩 京焼

東哉小皿
酒、酒器、肴のブログを謳いながら、いきなり小皿の紹介というのも何ですが、一応酒器=陶芸=小皿という繋がりでご容赦下さい。

梅田阪急で清水卯一のぐい呑みを長いことショーケースに張り付いて眺めてガラスを指紋でベタベタにしてしまい、店員さんに露骨に嫌な顔で会釈されながら退去した後にふと立ち寄った生活雑貨の片隅で偶然見かけた小皿になります。
おっ、これいいねと思いながらも、別に小皿は足りてるしそもそも小皿ひとつに何千円というのもちょっとねえと、一旦通り過ぎたのですがいやいやこれはかなり良くないか?と思い直して引き返して手に取りました。
何がどう良いのか上手く説明できないのですが、とにかく見た瞬間にピーンと来てしまいまして、こういう時は逆らっても無駄なのでさっさと買うに限ります。というわけで2枚購入。

帰宅してから調べたところ東哉という京焼のお店の品でした。
そして小皿自体は雲彩という清の乾隆帝の時代に作られた陶器のスタイルを踏襲した京焼のようなのですが、東哉以外ではほとんど扱っていないようです。
このお店も色々心を惹かれる食器が多く揃えてあるのですが、お値段もそれなりなので一度実物を見に行って検討したいお店ですね。
ちょうどお盆前の週末に五条坂の陶器まつりに行く予定なので、ついでに寄ろうかなと検討中です。

普段は主に刺身醤油用として、家飲み画像の端っこに頻繁に登場するお気に入りの小皿です。

酒盃 中村譲司 黒柿釉 京焼 ぐい呑み戦隊カッコエエンジャーのレッド

京焼黒柿釉

中村譲司さんという京焼の作家さんの作品です。
心斎橋大丸で通常販売していたのを見掛けて購入しました。

赤系の器といえば火襷や紅志野、もしくは色絵付けが思い浮かぶのですが、こんな色合いに出会ったのは初めてで、思わず何だこりゃ?と見入ってしまいました。

黒柿釉独特の重厚な赤と黒が交じり合って、以前紹介した山根清玩さんの青萩のぐい呑みと同様、格好いい系の器です。
ぐい呑み戦隊カッコエエンジャーのレッドということに今決めました。
青(青萩のぐい呑み)と赤のカッコエエンジャーが揃ったので早いとこイエローも仲間に入れたいと考えています。
以前紹介した黄瀬戸はそういうキャラではないので、カッコエエンジャーには入れません、絶対に。

重厚な色合いの割に手に取るとやけに軽く、落としてしまっても、カランと音を立てて割れずに転がりそうなそんな手触りなのも特徴です。
酔いが回ってふらついてくると、この軽さのためにボトボト手元から酒が溢れていくので、この器もだいたい最初の1~2合までにしています。

酒器紹介の中でダントツふざけた記事になりましたが、気に入っていない品は紹介しません。
紹介しているこちらは勿論愛用の品のひとつなのです。

日本酒 ブログランキングへにほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村