外飲み記録 京都 和久傳 お任せコース


昨日の京都歩きの続きです。
メインと言うかそもそも京都に来た目的の和久傳です。
確か数年前くらいに五条坂の陶器まつりに行った帰りに寄って以来ですね。

DSC_0252_201805230945026f7.jpg
10数階建ての建物なので高層ビルというわけでは無いのですが、京都に高階層ビルがそもそも少ないこともあって結構景観が良いです。
夜になったらもっと素敵な雰囲気になるのでしょうが、客層は爺さん婆さん多めですw

DSC_0254.jpg
雲丹と白海老の昆布締め。下にオクラも。

DSC_0255.jpg
トリ貝と卵豆腐の椀。
トリ貝と卵豆腐が意外なほどによく合って美味でした。

DSC_0256.jpg
造りは鰹たたき、烏賊、金目の炙り。
つる家とか天ぷらのコースでも目を瞠るような造りを出してくることがありますが、和久傳は前回も今回もまあ美味しいねくらいのレベルかな。

DSC_0257_20180523094511c87.jpg
岡山の千屋牛を使い…

DSC_0258_20180523094513d6e.jpg
本日の目的、花山椒鍋(しゃぶしゃぶ)。
盛り付けまで目の前で板さんがしてくれます。
大量の花山椒を牛肉に包んで食べると上品な痺れと肉の甘みが口の中で溶け合って幸せです。

DSC_0259_20180523094515935.jpg
牛肉は四枚あって後半分。

DSC_0260_2018052309451763e.jpg
そして子鮎の炭火焼き。
頭から全て食べることのできる鮎の一番好きな食べ方♪

DSC_0261_2018052309451915e.jpg
岩牡蠣の天ぷら。

DSC_0262.jpg
和久傳といえば鯛の黒酢鮨なのですが、前回食べているので本日はサザエのお粥を試してみました。
うーん、悪くないですが黒酢鮨で良かったかなw
右はさっきの花山椒鍋のうどんです。

DSC_0263.jpg
宮崎産のマンゴー。さすがの美味さ。

DSC_0265.jpg
山椒餡の麩焼き。これめっさ美味いです。
美味すぎて、これどっかで売ってないの?と聞いたらレジカウンターで普通に売ってたので買って帰りましたw

DSC_0266.jpg
最後にお抹茶。

お酒は前回あまり当たりを引かなかったのと、そもそも京都の地酒はあまり合わないことが多いので、日和ってひたすら黒龍のみ3合だったかな。
季節物でこの時期逃すと来年まで機会がないので花山椒鍋を頂いた外飲み記録でした。
ご馳走様でした。

【第二回】招徳 延寿万年 純米大吟醸 山田錦 京都 招徳酒造

IMG_20160203_075500.jpg

約半年振りくらいの招徳延寿万年のレビューになります。
第二回なので例によって蔵元の紹介などもしてみたいと思います。

招徳酒造は京都伏見の400年近い歴史を誇る蔵元です。
現在は女性杜氏の大塚杜氏のもと、純米酒にこだわった酒造りをしていらっしゃるそうです。

京都伏見といえば歴史的にも日本酒の産地として名高いのですが、実は京都のお酒って個人的にはちょっとうーん…なお酒が多かったりしますw
その中で招徳延寿万年は良評価をしている通り、非常にお気に入りのお酒です。
初めて出会ったのは確か二年前くらいですね。阪神百貨店の試飲販売から入手して最初の印象が非常に良かった覚えがあります。その後何回か飲んでみても安定していたので可から良に昇格したという経緯があったりします。

そんな招徳延寿万年は京都の綺麗で華やかなお酒にふさわしく金銀青彩色絵陶器の盃で頂きます。
香りはちょっと記憶にあるより高く感じます。
穏やかながらフルーティという香りだった記憶があるのですが、今回は穏やかではなく普通にフルーティです。
口に含むといつもの透明感は少なめかな?
辛さが広がって、徐々に甘味が入り混じってくるのはいつも通りではありますが、余韻もそこそこ残りますね。

スペック的には前回のレビューと一緒の筈ですがかなり印象が違うのに驚いています。
もっとも日本酒度や酸度を見ると、むしろ今回くらいの味わいがスペック的には正しいようにも思えます。
ただこの味わいだと可かなーというのが困ったところですw
11月くらいに購入した割には製造年月が2015.08だったりしますので、もう一回新酒を試して判断しようと思います。

というわけで招徳延寿万年のレビューでした。
スペックは前回と変わらないので省きます。

招徳 延寿万年 純米大吟醸 山田錦 京都 招徳酒造

招徳延寿万年
京都の地酒、招徳の延寿万年のレビューです。
招徳は女性杜氏の蔵元だそうですね。
梅田阪神でこちらは試飲販売ではなく、普通に在庫から購入しました。

萩三彩のぐい呑みに注いでフルーティな芳香を楽しみつつ、口に含むと透明感のある口当たりのあとに徐々に辛さが広がります。
舌で転がしているうちに徐々に甘さがじわじわと辛さに混じり始めて、混然一体といった様子で喉元を通り過ぎていきます。
後味はスッキリと癖を残さず、純米大吟醸らしい清々しさを感じさせてくれるお酒です。

もう何度も飲んでいるお酒ですが、相変わらず非常に美味しいですね。
評価は良です。
大好きなお気に入りのお酒の一つ、招徳延寿万年の紹介でした。

招徳 延寿万年
純米大吟醸
山田錦
精米歩合 35%
日本酒度 +4
酸度 1.3
招徳酒造 京都

松の翠 三割五分磨き 純米大吟醸 山田錦 京都 山本本家

松の翠純米大吟醸

さって、ようやく久しぶりに日本酒レビューができますよっと。
本日は一番最初にレビューした神聖と同じ山本本家のお酒、松の翠のレビューです。
購入は同時でしたが、開けるのが随分後になってしまいました。
試飲販売のおっちゃん曰く「京都の料亭で使われているお酒ですぜ、旦那」とのこと。
神聖が美味しかったので、こちらも期待が高まります。

さて三彩のぐい呑みでクイッと行くと、口当たりはとっても軽く、淡麗というか薄口?
なんて思っているうちにじわっと口の中で辛さが広がって、喉を通ってもしっかりと余韻を残して、数秒は味わいと香りがはっきりと味蕾に残ります。

出だしは軽くさっぱり系かと思いきや、後半はしっかりと味わいの痕跡を残す面白いお酒ですね。
評価は可はクリアというところで、今後もお付き合いしていこうと思います。

松の翠 三割五分磨き
純米大吟醸
山田錦
精米歩合 35%
日本酒度 不明
酸度 不明
山本本家 京都

神聖 限定品 全量山田錦 三割五分磨き 純米大吟醸 京都 山本本家

神聖純大

阪急百貨店の試飲販売で松の翠と一緒に購入しました。
記念すべき最初のレビューですが、このお酒を選んだ特別な理由は無く、単に直近で開けて飲んだからですw

酒器は田原陶兵衛作皮鯨を使用しています。

まず口に含むと特にフルーティな芳香もなく、アルコール臭が鼻につくでもなく、驚くくらいすんなりと素直に口内に入っていきます。

舌の上で味わうと直前に飲んでいた洗心に比べ、はっきりとした辛さを感じます。
しかし味わいがキツすぎるということもなく、むしろ柔らかいというかまろやかな味わいの部類に入るのではないかと思います。
洗心を比較対象にすればだいたいのお酒は味わい濃く感じますからw

喉を通ると爽やかな印象を残しますが、これは純大なら大抵のお酒はそうですね。

肴はオイル&オイスター、おぼろ豆腐(ゆず塩)、カニ缶、つぶ貝煮などと合わせましたが、どれも問題なく、濃い系、薄い系どちらの肴にも合わせることのできる万能選手といった印象です。

私の神聖の評価は、とりあえず「可-良」というところです。
今後、良確定も十分有り得る美味しいお酒でした。

神聖 限定品 全量山田錦 三割五分磨
純米大吟醸
山田錦
精米歩合 35%
日本酒度 不明
酸度 不明
山本本家 京都市伏見区

日本酒 ブログランキングへにほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村