宝剣 純米吟醸 生酒 宝剣酒造 広島 八反錦

IMG_20160415_184630.jpg

和おんで四合買いした宝剣の純米吟醸生酒のレビューです。
ボトルの画像を撮り忘れたので、こんな画像になっています。
以前にブログで同じ純米吟醸ですが湧水仕込をレビューしていますね。

さて、というわけで早速香ってみるのですが、既に群馬泉を二合程飲んだ後なので、香りは正直何とも言えないですね。
所謂、「鼻が馬鹿になる」状態になってしまっているので、一応穏やかというか大人しめに感じましたが、実際のところはちょっと不明です。
口に含むと透明感を感じますね。
徐々に甘味と酸味が広がっていくのですが、非常にほんのりとした味わいです。
後味も立ち消えるようにスッと去っていって、最初の透明感からの穏やかな味わいが、上品なお酒といった印象です。

前回のレビューを見比べると最初の透明感以外はかなり違うので、自分の味覚に不審と懸念を抱かざるを得ないのですが、この宝剣は非常に好みですね。
肴の邪魔をしない食中酒として非常に優秀なのではと思います。
評価は可ですが、宝剣については純米吟醸が二回のレビュー両方共に美味しかったので、これは是非純米大吟醸を試してみたくなりました。

宝剣
純米吟醸 生酒
八反錦
精米歩合 55%
日本酒度 不明
酸度 不明
宝剣酒造
広島

屋守 純米吟醸 無調整生 豊島屋酒造 東京 八反錦

IMG_20160317_185942.jpg

東京の地酒屋守の純米吟醸無調整生のレビューです。
画像にもある通り、家屋を守るという意味で「おくのかみ」と読むのですが、「やもり」という通称でも知られています。
実際背面ラベルにはヤモリが描かれていますね。
自分程度の知識では東京の地酒といえば屋守か澤乃井くらいしかパッと出てこないのですが、逆に言えばニワカ日本酒スキーな自分でも知っているくらい知名度の高いお酒でもあります。

というわけで早速トチ目天目の器に注いで頂いてみましょう。
香りは結構高いですね。ちょっと濃い系のフルーティな印象です。
口に含むとほとんど間を置かずに甘旨味が広がるのですが、酸味が追いつくのも早いです。
なんか、肝っ玉系のおかんが「ほら、ちゃっちゃと片付けて帰りますよ、さあさあ!」みたいな急かして帰っていくイメージで、あっという間に過ぎ去っていきますねw

爽快というよりは軽快、もっと言えばやや性急と言ってもいいような味わいです。
このタイプはグイグイ行けるので結構好きだったりします。
評価は勿論、可。
大阪住まいだと通販だよりになりがちですが、これから別スペックも試していきたいお酒です。

屋守
純米吟醸 無調整生
八反錦
精米歩合 50%
日本酒度 +2
酸度 1.8
豊島屋酒造 東京

寶剱(宝剣) 純米吟醸 湧水仕込 宝剣酒蔵 八反錦

宝剣純米吟醸八反錦

広島の地酒、寶剱(面倒なので以後は宝剣で統一します)のレビューです。
大阪でよく行く酒屋や品揃えの良い通販ショップなどでは頻繁に見掛けるお酒で、外飲みでも何度か縁のあるお酒です。
家飲みは今回が初めてになります。

黄瀬戸の器に注いでみると、香りは若干果実よりでそこそこ高めに立ち昇ってきますね。
口に含むと透明感を感じさせつつ、甘味と酸味が同時に広がっていきます。
イメージ的にはレモンかな?
透明感のある酸味はレモンを思い出すのですが、甘味も同時展開するのでレモンほどに酸っぱい!というわけではありません。
酸味と甘味を舌で探っているうちに辛味も入り混じってきて、最後は酸味、甘味、辛味がまとめて喉を通り過ぎていきます。
口の中で味わいが変化するのではなく、三つの味わいが同時進行していくのが特徴的で面白いですね。
ちなみに飲んだ時の最初の印象は「三色同時点灯の信号機」w
戸板で区切ってあるんじゃないかってくらいはっきりと区切りのある独立した三つの味わいと、甘さ、辛さ、酸味の何れかが勝るわけではなく、ちょうど三等分くらいの割合でバランスを取りながら走り去っていく個性がとても面白く、そして美味しいお酒です。

評価はとりあえず可ですね。
二度三度飲んで、今回の印象が果たして本当に宝剣の個性と言って良いのか、単にこの日の気分や体調のためなのかを確かめていきたいお酒です。

寶剱(宝剣)
純米吟醸 湧水仕込
八反錦
精米歩合 55%
日本酒度 不明
酸度 不明
宝剣酒蔵 広島

日本酒 ブログランキングへにほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村