fc2ブログ

【第二回】  蓬莱泉 吟 生酒 関谷醸造 愛知 山田錦

PIC_20161218_172542.jpg
夏に一度レビューをしている蓬莱泉・吟の生酒タイプの二回目のレビューです。
11月出荷の吟(火入れ)を仕入れたので、そろそろ開けないとということで開栓。

蓬莱泉と言えば10月半ばくらいから、「蓬莱泉 摩訶」の検索キーワードで訪問してくる人がやたら増えています。
気になって検索してみたら、このブログのレビューが上から三番目くらいに表示されるんですね。
そういうことなら羽州蔵のように摩訶についても詳細な情報などを掲載しようかなとも考えたのですが、ネット上の情報がほぼ皆無に近い羽州蔵と違い、摩訶はきちんとした紹介文のある酒屋さんのサイトがいくつもあるので、そちらに任せます。
入手方法についてだけ少し記載すると、そこまで品薄激レア酒というわけではないので、発売月の11月に通販サイトを探せば容易に定価で入手できます。
通販サイトが売り切れても、地元愛知県の酒屋なら年末くらいまでは店頭で買えると思いますが、年が明けると酒屋が隠し持っている在庫をぶんどる以外で入手することは難しいでしょう。

話がそれましたが人生二本目になる蓬莱泉・吟の生酒を万華油滴の盃に注いで頂きます。
香りはいつも通りに大人しめ。
口に含んだ時に感じる透明感は極めて高いです。
まず透明感を発揮してから一拍置いて味わいが広がるお酒はたまに見掛けるのですが、この吟に限っては一拍どころではありません。
高い透明感をずっと維持しつつ、絹糸のような甘酸味が優しく舌の上を撫でるように通り過ぎていきます。
慎ましやかな芳香を微かに喉奥に漂わせつつ、最後の最後まで上品に流れて終わります。

吟を初めて飲んだ時に、なんて繊細で奥手な酒なんだろうと驚いたのですが、そんな初めての出会いを思い起こさせるような味わいです。
正直生酒吟と火入れ吟で大きな違いを感じないのですが、逆に違いが無いだけに生酒吟は極良評価の火入れ吟と同じく極良です。
個人的には年二回しか出荷のない火入れ吟に加えて生酒吟のおかげで、入手機会が年三回に増えて嬉しいなとw
というわけで初蓬莱泉吟生酒のレビューでした。

【第五回】 蓬莱泉 吟 純米大吟醸 関谷醸造 愛知 山田錦

PIC_20161015_101342.jpg

第五回目になる蓬莱泉吟のレビューです。
第四回目が6月なので4ヶ月ぶりにはなりますが、8月に生酒バージョンをレビューしていますので、ご無沙汰という印象はあまりありません。
スペックは今年の7月出荷分ですね。

さていつも通り蓬莱泉吟は盃形の杯で頂くので、今回は黄瀬戸の器をチョイス。
香りは記憶より少し高めに感じますね。派手さはありませんが、大人しさより華やかさを感じさせます。
口に含むと記憶通りの透明感。
優しく柔らかく、そして上品な甘旨味がしっとりと染み渡るように広がっていき、霧が晴れるように味わいが消え去っていくこの味わいは、いつもの蓬莱泉吟ですね。

香り以外は最初からほぼ完璧な蓬莱泉吟の味わいだったので、正直ほとんど書くことがありません。
個人的なメモとしてなら「まるっきり蓬莱泉吟」の一言で済んでしまいますw
蓬莱泉吟は四合を一日で飲み尽くしても少し物足りないことがあるのですが、このスペックも全く同様に四合瓶を一日で軽く飲み干してしまっています。
評価は継続して極良。
そろそろ11月出荷が近いので追加購入する予定ですが、吟は確定としても摩訶をどうするか少し迷っていたりします。
ともあれ蓬莱泉吟の五回目のレビューでした。

蓬莱泉 吟 生酒 関谷醸造 愛知 山田錦

PIC_20160809_231711.jpg

蓬莱泉の吟スキーを自称していながら最近まで生酒タイプの存在を知らなかったのですが、知ったので早速購入してのレビューですw
何でも年に一回の出荷だそうで、製造年月が4月とあるので5月出荷かな?
吟は7月と11月に通販もしくは実家にお願いして入手しているのですが、5月は全く盲点でした。
公式にも紹介はないし、ネットで検索掛けても情報量はかなり少ないですね。
ちなみに酒屋さん曰く、「吟との違いは本当にただ火入れをしてあるかないかの違いだけで、熟成期間等は全く同じ」だそうです。

吟とそれ程違いがないなら問題なく美味しいだろう、というか自分の味覚でそもそも吟との違いがわかるのだろうかと疑念を抱きながら吟は盃かそれに近い底浅形で頂くといういつものこだわりで、今回は黄瀬戸の器で頂きます。
香りはやっぱり吟と同じで非常に穏やかで微かに香る程度ですね。
口に含むとまずは透明感のある味わいから、蓬莱泉らしい上品な丸みを感じる旨味。
ほんのり甘味だけが少しだけ主張しながらも、酸味、辛味も見事に調和していずれもはみ出さない味わいは火入れの吟と大きな違いは感じません。
僅かに甘味に配分が偏っているかなと思わないでもないですが、火入れの吟でもこれくらいの偏りは普通にありますし、明確に生酒だからとは言えないかなー。
最後に甘味がフルーツっぽい余韻を発揮して霧消していくのですが、この去り際の部分は火入れの吟とちょっと違う印象ですね。

さて評価をどうするかですが、正直これしれっと火入れの吟ですと言われて出されたら、少なくとも私は気付かず飲んでしまうと思うんですよねw
となると極良の吟と同クラスということになるので、初登場にしていきなり極良ということに…。
とりあえずもう一本確保はしてありますし、今後も年一回は入手して試していくつもりなので、極良にしておいて変化を感じ始めたら、またその時考えます。

蓬莱泉 吟 生酒
純米大吟醸
山田錦
精米歩合 麹米35% 掛米40%
日本酒度 不明
酸度 不明
関谷醸造
愛知

【第四回】蓬莱泉 吟 純米大吟醸 関谷醸造 愛知 山田錦

IMG_20160510_230702.jpg

はい、四回目になる蓬莱泉の長期熟成純米大吟醸、吟のレビューです。
冷蔵庫の在庫は残り二本ですが、7月出荷が近付いていますので気軽に開けてしまいます。
第三回がちょっといつもと違った印象だったので、これはどうだろうなー、と思いながら禾目天目のぐい呑みで頂きます。

口に含むと、んー、水っぽいかな。
私の言う日本酒の透明感と水っぽさは、それぞれ似ているようで別のニュアンスなのですが、これは「水っぽい」ですね。
吟はこれまで透明感という方が相応しい味だったのですが、早くも違和感。
そこから大人しめの味わいではありますが、酸味が少し強めに展開していきます。
ほの甘さと辛味も感じはするのですが、いつも以上に酸味が気になります。

いつもの吟では無い味だけど、第三回ともまた違うなーと思いつつ、別に不味いわけでは無いので、肴と一緒に飲み進めます。
二、三品程肴を食べてから、ふと口に運んだ時に、「あれ?これいつもの吟じゃね?」って味わいになっていることに気付きます。
水っぽさが消え失せて、記憶の通りの透明感、その後にやってくるほの甘さの混じった上品過ぎる旨味。
これまでは時間を置かなくても良かったのですが、今回の吟については少し時間を置いてからようやく真価を発揮してくれました。
製造年月は第二回と変わらないのですが、スペック全く同じでも印象全然違うやんけ!というのはよくあることなので、むしろ途中でいつも通りに戻ってくれただけでもありがたいw
洗心もそうですが、同じ酒を繰り返し飲んでいるからこその発見や驚きというのも酒の楽しみ方の一つなんでしょう。

スペックは本文にある通り第二回と全く同じなので省きます。

【第三回】蓬莱泉 吟 純米大吟醸 関谷醸造 愛知 山田錦

IMG_20160214_145454.jpg
三回目の紹介となる蓬莱泉の吟のレビューです。
ブログ的には三本目ですが、実際には年末に実家に持ち帰ったり、知人宅に呼ばれた際に土産として持参したりしていますので、ブログ初紹介時からのカウントだと六本目くらいですね。

実はこの吟は昨年11月出荷分ではなく、7月出荷分です。
しばらく冷蔵庫で熟成してから頂こうと思っていたのですが、うっかり間違えて半年程度の保管で開けてしまいましたTT
開けてしまったものは仕方ないので、吟は盃系で頂くという個人的なこだわりに従って、万華油滴の盃で頂きます。

香りは穏やかではありますが記憶にある吟の香りよりはやや高めですね。
口に含んでもいつもの吟らしい奥ゆかしさはあまり感じません。
一拍置くような様子もなくほの甘旨味が広がっていき、他のお酒に比べれば大人しめではあるものの、吟の印象からすれば珍しくはっきりとした余韻も残しながら去っていきます。

んー、これ吟というかに近いかな?
製造年月的には第1回レビューと全く同じスペックのはずですが、随分印象が変わっています。
まあ、その辺は自分の体調や舌の状態によっても変わってくるとは思いますので、一概に酒の側の理由とは言い切れませんが。
問題なく美味しかったもののいつもの吟とはちょっと違ったのが少し残念な三回目のレビューでした。

※スペックは1回目と変わらないので省きます。

日本酒 ブログランキングへにほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村