外飲み記録 和おん カツオとアジのたたき 鱧の天ぷら タコのガーリック焼き メバルの煮つけ

_20170707_184528.jpg
本日の和おんは先週のしずくの残りから頂きます。
レビューでも書いた気がしますが、一週間おいたら多少飲める味になっています。
付き出しは大好物のつぶ貝のうま煮♪


肴は由良産の鯵のたたきから。
丁寧な仕事でいろいろな味の混在した深みのある品で満足。

sc_201707071829247.jpg
対馬産カツオのたたきも同様に美味。
たたきが単に薬味を添えてあるだけではなく、一手間掛けた品を出してくれるところはほぼ当たりの店。

sc_201707071837497.jpg
徳島産鱧の天ぷら。

sc_201707071848346.jpg
タコのガーリック焼き。

sc_201707071854067.jpg
おまけの鱧の肝の湯引き。

sc_201707071856297.jpg
八幡浜の黒メバルの煮付け。至福。


お酒はしずくの残り約二合と東洋美人を一合。
本日も美味しく頂きました。
ご馳走様でした。

外飲み記録 和おん 造り【いさぎ しめ鯖 岩牡蠣】 鱚の天ぷら 鶏肝炙り 金時鯛の酒蒸し

本日の和おんは黒龍しずくが入ったということで四合買い。レビューは明日に。

sc_201706301905124.jpg
八幡浜のいさぎと淡路産の〆鯖。
いさぎは先週も食べていますが、どの店でも基本お薦めされたら絶対に断らないスタイルなのでw
例によって80点まで。
〆鯖もお薦めでしたが、これはめっさ美味い。

sc_201706301910073.jpg
厚岸産の岩牡蠣。
レモン以外にもお好みでケチャップとタバスコでもと言われて、初めて試してみました。
3切れあったら1切れくらいはこういう食べ方も良いかなというくらいの美味しさ。

sc_201706301921144.jpg
好物の丹波地鶏の肝の炙り焼き。

sc_201706301935215.jpg
淡路産鱚の天ぷら。

sc_201706301948148.jpg
金時鯛の酒蒸し。
初耳の鯛で、一部ではキンメダイとも呼ぶそうですが世間一般でいう金目鯛とは別物とのこと。
味はと言うと普通に美味しい鯛系の味わいです。

酒量を抑えたわけではありませんが、しずくは二合まで。
料理については文句のない和おん外飲み記録でした。
ご馳走様でした。

外飲み記録 和おん いさぎの造り 鱧焼き霜 のど黒の塩焼き 豚トロ炭火焼き 青トロ茄子のステーキ


本日の和おんはひっさしぶりの而今(特別純米)。
上品な甘味にほのかな酸辛味が添えられて超絶美味。フルーティではありながら甘口とは一線を画すこのバランス。
ベタベタな甘口を造りやがる蔵は而今の食事にもしっかりと合う甘味を見習って欲しい…が誰でも真似られたら苦労はしないか。

sc_201706231823375.jpg
好きじゃないというか、どんなに美味くても80点までという評価のいさぎ(島根産)。
お薦めされたのと、次に出てくる鱧以外でピンとくる刺し身が無かったこともあってオーダー。
やはり80点止まりw

sc_201706231828455.jpg
韓国産鱧の焼き霜。
瀬戸内海で取れる鱧なので韓国産ってちょっと珍しいです。
味は特に違和感なし。

sc_201706231841515.jpg
いさぎの白子の七味焼きをおまけで頂きました。
いさぎ自身は80点でもおまけが付くなら話は別w

sc_201706231851383.jpg
紅瞳ののど黒。本日は塩焼き。

sc_201706231857541.jpg
豚トロの炭火焼き。数年前までは和おんで芳寿豚を食べることができたのですが、例の生肉規制強化で取り扱いが止まってしまって残念無念。

sc_201706231908014.jpg
青トロ茄子のステーキ。めっさ美味い。
この後アスパラフライも食べていたのですが画像撮り忘れ。

sc_201706231910381.jpg
これもおまけの鱧の肝やらの湯引きポン酢。
肝スキーなのがバレているのでおまけで頂きがちw

而今はさすがに美味くてスイスイ三合飲んでしまっています。
酒も料理も美味しく頂いた和おんの外飲み記録でした。
ご馳走様でした。

外飲み記録 和おん 造り【本マグロカマトロ 岩牡蠣】 大粒ハマグリの酒蒸し エビフライ オコゼの煮付け

sc_201706161811504.jpg
本日の和おんは九平次のランデブーとかいうスペックと宝剣の八反錦純米吟醸が四合瓶ではああるものの、一合売で飲めるということでとりあえず飲んだことのない九平次ランデブーを頂いています。
バナナっぽいと予め聞いていたのですが、確かにバナナ系の透明感のない濃いタイプの甘味があり、更に九平次らしい辛さもしっかりありますが、この二つがあんまり合っていないw
ランデブーになってなくね?と思いつつ、合格点にちょっとだけ足りない程度なので苦笑程度に留めて頂いています。

sc_201706161813029.jpg
付き出しは鱧の天ぷら。

sc_201706161815094.jpg
お薦めということで頂いた島根産本マグロのカマトロ。
筋張っていると言うほどではありませんが、適度にシャキシャキしつつトロ系の脂も楽しめて美味。

sc_201706161819233.jpg
徳島産の岩牡蠣。

sc_201706161824541.jpg
千葉産大粒ハマグリの酒蒸し

sc_201706161834461.jpg
エビフライ。

_20170616_184329.jpg
おまけの鯵の白子の湯引き。上品でめっさ旨し。

_20170616_184311.jpg
ハリイカの天ぷら。イカの風味が微かに漂います。

sc_201706161846191.jpg
淡路産のオコゼは煮付けで。

九平次の後は宝剣の八反錦純米吟醸を頂いたのですが、これがまた切れ味にこだわる宝剣らしからぬベタつき加減。
九平次にしても宝剣にしても本来は好きな銘柄なのですが、この日はどちらも本領発揮とはいかず。
代わりに料理は非常に満足度の高かった和おんの外飲み記録でした。
ご馳走様でした。

外飲み記録 和おん アジのタタキ オコゼの造り 鱧の焼き霜 エビフライ のど黒の煮付け


本日の和おんは飛露喜の特別純米を頂いています。

sc_201706091823498.jpg
まずは加太産のアジのタタキ。非常に美味。

sc_201706091828346.jpg
続いて淡路産オコゼの造り。本日のオコゼはふわふわ感8割、シャキシャキ感2割くらい。

sc_201706091835033.jpg
同じく淡路産の鱧を焼き霜で。

sc_201706091838228.jpg
オコゼと鱧の内蔵系はまとめて湯引きポン酢で頂きました。

sc_201706091843098.jpg
エビフライ。

sc_201706091852353.jpg
ご無沙汰だった紅瞳ののど黒。
最近仕入れが無かったので、どうしたのかと思っていましたが、紅瞳はちょっと高めのお値段なので売れ残ってしまうために、仕入れを積極的にできなかったとのこと。
自分も毎週は頼まないので仕方ないかな。

sc_201706091900459.jpg
オコゼのアラは当然アラ汁で。

ここのところ安いけれど敢えて和おんで食べなくても…というような魚ばかりが品書きに並んでいて、ちょっと仕入れの傾向が変わったのかな?と思っていましたが、本日は以前のどの魚を食べようか迷いながら厳選してオーダーするいつもの和おんの品揃えでした。
個人的には新鮮で美味しくちょっとレアな魚を大衆店以上高級店未満のお値段で頂くことができるのが和おんの魅力(あと日本酒)なので、できればこのスタイルで続けてほしいですが、所詮一人客なのでそんな要求はできませんw
飛露喜は三合、ご馳走様でした。

日本酒 ブログランキングへにほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村