FC2ブログ

地元探訪 炭焼 うなぎと旬菜 藤城 蒲焼 白焼き 肝焼き


地元では珍しく関西風の鰻を供す店、藤城を初訪問です。
お昼というのと呑み過ぎると午後から差し障りのある用件もあったので軽く麦味のジュースを頂きます。
付き出しの冷製お浸しのトウモロコシがやけに美味いのですが、地元産だそうです。
実家でもしばしば採れたての野菜や果物を頂くことがありますが、正直その美味しさに衝撃を受けています。
鮮度は大正義。
ブランドよりも鮮度だなあと日々実感しています(勿論ブランド野菜の採れたてを現地で食べればまた格別なのでしょうが)。

2018-07-09-12-14-04.jpg
炭焼の店ですが肝焼きはそこまで炭感は無いですね。

2018-07-09-12-14-00.jpg
2018-07-09-12-16-38.jpg
蒲焼と白焼き。
全く変なアレンジを加えていない直球関西風。
最高です。

淀屋橋の柴藤という関西風の鰻の老舗を大阪時代に愛用していたのですが、こちらは柴藤の味わい、焼き方を三河鰻で再現しています(※店主が柴藤リスペクトかどうかは聞いていませんので個人の感想)。
となると鮮度の差で当然ながらこちらに軍配が上がるわけで、正直地元に戻ってから関西風鰻で大阪を超える店に出会うとは思ってもいませんでした。
夜メニューにも幾つか気になる品があったので、また近い内に本格的に日本酒と鰻を楽しむために夜に訪問しようと思います。
関西風という個性と美味しさが際立つ藤城でした。
ご馳走様でした。

地元探訪 うなぎの京楽軒 鰻の洗い 白焼き 蒲焼 肝焼き


大阪を離れ20数年振りに地元に戻ったので、以後の外飲み記録は地元探訪として主に愛知県及びその周辺エリアのお店で飲んだ記録が中心となります。
不味かった店は記事にしない方針は従来通りなので、多少辛口のコメントがあったとしても基本的に満足している上での注文程度です。
※不味かった店はTwitterで店名を伏せた上で忌憚ない意見を載せていますw
というわけで最初は過去何度か登場している最高の鰻を出す店、豊川の京楽軒です。

2018-06-28-11-03-44.jpg
鰻の値上がりで大変ではありますが、こういう価格の付け方はあらかじめ値段が予想できないという難点はあるかも知れませんが誠実でもあるかなと思います。

2018-06-28-11-28-33.jpg
ふんわり美味しい鰻の洗い。

2018-06-28-11-23-16.jpg
炭のコーティングのカリッと感がたまらない肝焼き。

2018-06-28-11-29-01.jpg
香ばしく脂の乗りも良い白焼き。

2018-06-28-11-32-04.jpg
文句無しの蒲焼。

2018-06-28-11-41-27.jpg
途中ビールも頂いています。

んー、やっぱりここは極まっていますね。
鰻の産地なので近隣都市で幾つか相当レベルの高い鰻を出す店は幾つかありますが、その中でもなかなか比肩する店が無いという程に素晴らしい味。
盆正月及び土日祝日完全にお休みなので観光客はなかなか楽しめない地元民向け(にしては贅沢過ぎる美味しさ)の名店、うなぎの京楽軒でした。
ご馳走様でした。

日本酒 ブログランキングへにほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村