FC2ブログ

東京紀行 飄香 銀座三越店 よだれ鶏 茹で豚と板春雨のニンニクソース掛け 天使の海老の本場四川のチリソース 牛肉の激辛煮 陳麻婆豆腐 ウニ入りフカヒレのスープ 四川山椒の痺れ鶏 汁無し坦々麺


東京二日目の夜は大仏さんと銀座三越の飄香へ。
公式サイトだと本格四川鶏料理と銘打ってありますね。
というわけで早速のよだれ鶏。
大阪で知っている店では芙蓉苑に似た見栄えですが、鶏が非常に上等で鶏の美味さは段違い。
辛さはそこまでではなく、所謂辛旨系ですね。

DSC_0431.jpg
茹で豚と板春雨のニンニクソース掛け。
大仏さんと京都中華巡りをした時にも似た料理を食べた記憶がありますが、豚の肉質の差がかなりあります。

DSC_0432.jpg
天使の海老の本場四川のチリソース。
これまた非常に美味。

DSC_0433.jpg
牛肉の激辛煮。
相変わらず素材としての肉も相当に上質で美味しいのですが、ソースがとてつもなく美味。
他の品については美味しいけれど大阪の贔屓の店と並べると、それぞれに別系統の美味しさなので優劣はつけ難いみたいなところがあるのですが、水煮については文句無し人生でこの品が一番美味いです。
優真がもうちょっと良い牛肉を使えば多少にじり寄れるかなというレベルで他の店だと正直太刀打ちできないですね。

DSC_0434.jpg
陳麻婆豆腐。
やはり辛旨系ですね。

DSC_0435.jpg
ウニ入りフカヒレのスープ。
どうせ雲丹もフカヒレも良いもの使ってるだろうから美味いのだろうねと思いつつ頼みましたが、当たり前に美味でしたw

DSC_0436.jpg
四川山椒の痺れ鶏。
もともと激辛が売りでは無いタイプのお店なので、辛さはあくまで美味しく感じられる範囲でという品が多かったのですが、これはかなり良い辛さでしたw
強烈に紹興酒と合います。

DSC_0437.jpg
締めの汁無し坦々麺ですが、さすがに一口啜る程度w

DSC_0438.jpg
デザートを頂いていたら、大仏さんが席を外した隙にボーイさんがスススと寄ってきて、「本日は店内が騒がしく大変申し訳ございません」的なことをおっしゃいます。
少し離れた席でちょっとした団体さんがいて、歓送迎会っぽいスピーチなどをしている様子があったのですが、全く騒がしいということもなかったので(そう言われても騒がしかったか?と逆に疑問に思うレベル)、「こちらは初めてで普段はどうなのか知りませんが、全然気になりませんでしたよ」と正直に伝えたところ、「お連れ様が賓客の大仏様でいらっしゃいますので、何か粗相があってはと…。大仏様がお怒りでなければ幸いでございます」などと恐縮されるので、自分も恐縮しつつ、大仏さんのご令名に戦慄した次第。

冗談のような事実はともかくとして、ここは東京を再訪することがあったら是非もう一度寄りたいお店です。
素晴らしい体験の飄香銀座三越店でした。
ご馳走様でした。

東京紀行 伊勢廣 本店 かなりお得な昼のコース


土日祝日は休めるけれど、平日は基本的に休めないという業務をずっとしてきたので、大阪を離れたついでに一週間ほど東京で友人達が堪能している美食を楽しむために上京しました。
美食家な友人達が、普段飯でお願いしますというこちらの要望にどれだけ聞く耳を持ってくれるか甚だ不安ではありますが、とりあえず東京駅から近いということで、老舗焼き鳥店伊勢廣本店を訪れました。
老舗というだけあって店構えも昭和な雰囲気で、結構な人気店と聞いていたのですが、この日は運良く並びもせずに入ることができました。

DSC_0414.jpg
目の前で焼き上がる焼き鳥を眺めつつ昼酒ですが、日本酒についてはそれ程の品揃えではありませんね。
コースは昼でも夜のフルコースと同じ焼き鳥が食べられるという昼のコースをお願いしました。

DSC_0415.jpg
ささみ山葵。
あまり好きな部位では無いのですが、それでも美味しく感じますね。

DSC_0416.jpg
絶品鶏スープ。おかわり100円だったかな?
勿論おかわりしました。

DSC_0417.jpg
肝臓やら心臓やらをまとめてタレで焼いてあります。
んー、これは部位別の串で食べたいかなあ。

DSC_0418.jpg
砂肝は塩。
塩とタレは予め串によって決まっています。

DSC_0419.jpg
DSC_0420.jpg
ねぎ巻き。
もも肉で葱を巻いてあります。美味。

DSC_0421.jpg
団子も好きな串では無いのですが、ここのは美味でした。

DSC_0422.jpg
皮身。
せせりと皮のようです。

DSC_0423.jpg
モモと葱、ししとう。

DSC_0424.jpg
こちらは鴨。

DSC_0425.jpg
最後に手羽。ジューシーで美味。

串一本一本が大きく、だからといってでかいだけの雑な味ではないので好感が持てますね。
ただ日本酒の品揃えがイマイチなのと、狭い店内で混雑するので、自分の好きな落ち着いてゆっくり呑むという使い方はちょっと難しいかなと思います。
逆に見知らぬ人と肩と肩が触れながら賑やかな店内で美味しい焼き鳥を食べるという昔ながらの使い方が好きな方には合うのではないでしょうか。
東京紀行1日目昼食の外飲み記録でした。
ご馳走様でした。

外飲み記録 芙蓉苑 よだれ鶏 四川麻婆豆腐 ピータン豆腐 こりこり豚耳のピリ辛辣油漬け フカヒレスープ


いよいよ大阪ラストナイトです。
本当はこの前日に離れる予定で行きつけの店の訪問スケジュールを組み立てていたのですが、諸事情で1日伸びたので予定外に空白となったこの月曜日、和おんやはま田は週末に別れを告げたばかり、そういちは月曜定休日ということで最後にもう一度病み付き激辛系の芙蓉苑を訪れました。

IMG_20180618_195545HD.jpg
相変わらず辛さ抜群ながら美味しさもしっかりなよだれ鶏。

IMG_20180618_195548HD.jpg
ピータン豆腐。

IMG_20180618_195637HD.jpg
四川麻婆豆腐は上から二番目の辛さにしてみました。
燃え盛りますw

IMG_20180618_195855HD.jpg
豚耳。
あとフカヒレスープも頼んでいたはずですが撮影漏れ。

いつも客の大半は中国人なのですが、結構な数の芸能人のサインがあったりして、食べログ等で高得点というわけでは無いものの、それなりに有名なのかな?というのは以前も書いたと思います。
その後、某有名ギャルダンサーが訪れているのをインスタなどで見たりしているので、やっぱりそれなりに有名店のようですね。
この本場の辛さは地元ではなかなか味わうことが難しいので、また大阪を訪れた際には寄ってみたいお店の一つです。
ご馳走様でした。

外飲み記録 蟹吉 特上ズワイガニコース


年に一、二回は使っていたのですが、一人で行くことが無かったのでブログでの紹介は初めてな蟹吉で最後の大阪カニ料理を堪能しました。
某道楽だと毛ガニやタラバも楽しめるのですが、一人だと無理がある量になってしまうので、個室で落ち着いて食べられる蟹吉をチョイスしています。
お酒は菊正宗と枡にはロゴが張り付いていますが、地酒を4,5種類取り扱っていて、この日は八海山だったかな。

IMG_20180617_201105HD.jpg
IMG_20180617_201109HD.jpg
蟹刺しと蟹味噌。
カニ専門店を使う理由の5割位は、家飲みではなかなか難しい蟹刺しを食べるためだったりします。

IMG_20180617_201952HD.jpg
炙り。

IMG_20180617_203056HD.jpg
奥はカニしゃぶ用。手前はカニすき用ですね。

IMG_20180617_203403HD.jpg
カニ天ぷらは超微妙ですが、まあこれはこの店に限らずどこのカニ料理屋でも似たようなもんです。

IMG_20180617_203900HD.jpg
お鍋。

IMG_20180617_210459HD.jpg
最後に雑炊で〆。

かに道楽のように観光客でごった返しているわけではなく、また個室タイプなので一人でも気軽に使いやすい店だと思います。
カニについては個人的な経験では一定のお金を出せば、だいたいどこも似たような美味しさになると思っているのですが、ここもそのレベルには達しています。
ズワイガニだけで十分ということならお薦めの蟹吉の外飲み記録でした。
ご馳走様でした。

外飲み記録 焼とり はま田 造り四種盛り合わせ 京鴨のたたき レバーペースト お好み焼き鳥


昨日に続いてと言うか、もう引っ越し間近で全て最後の訪問記録になるのですが、お気に入りの焼き鳥屋はま田の外飲み記録です。
最後なので造りは全部盛り。

IMG_20180616_172356HD.jpg
はま田の印象に残る品として五指には絶対に入ってくる京鴨のたたき。
モノが良いというのもあるでしょうが焼き加減が絶妙で最高。

IMG_20180616_173448HD.jpg
最後なので久し振りにレバーペーストも。

IMG_20180616_174428HD.jpg
ここからお好みで焼き鳥開始。

IMG_20180616_174743HD.jpg
IMG_20180616_175325HD.jpg
IMG_20180616_175054HD.jpg
IMG_20180616_175618HD.jpg
IMG_20180616_175820HD.jpg
IMG_20180616_180340HD.jpg
IMG_20180616_180342HD.jpg
大仏さんが伝説を残す切っ掛けとなったはま田のヤングコーン。
皮の内側の筋状の部分がとても美味。

IMG_20180616_180532HD.jpg
串の中では個人的にはま田を象徴する二本。
白子とたまひも。

IMG_20180616_181629HD.jpg
IMG_20180616_182004HD.jpg
IMG_20180616_182523HD.jpg
美味しい鶏スープで終了。

もともと店自体も一昨年くらいのオープンで新しく、使い始めたのもここ1年程度だったかと思いますが、とにかく抜群の美味しさで、焼き鳥店についてはなかなかマイ・フェイバリットを決めきれていなかったのに、あっさり初登場第一位。
その後はほぼ隔週くらいでは通っていたと思います。
味が確かなので、今後どんどん人気が高まるでしょうが、自分はもうそうそう行けないので、この際大阪にその名を轟かせて大人気予約必須店にでもなってくれればと思いますw
あとお気に入りのお店の中で唯一大将に当ブログの存在が露見してしまった店でもあります。
大将にブログ見ましたよwwと言われて、帰宅後慌てて記事を見直したものの、割とちゃんと褒めてあったのでホッとしたのも今となっては良い思い出。
そういう事情もあって利用した期間は短い割に大将とは懇意にさせて頂きました。
大阪に寄ることがあれば是非再訪したい絶品焼き鳥屋はま田のとりあえずは最後の外飲み記録でした。
ご馳走様でした。

日本酒 ブログランキングへにほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村