寫樂 純愛仕込 純米吟醸 一回火入れ 宮泉銘醸 福島 五百万石

寫樂純米吟醸
前回は大吟醸をレビューした寫樂の純米吟醸のレビューになります。
大吟醸と違って寫樂の純吟自体はは外飲みでもちょくちょく出会うことができます。
ただ酒米のバリエーションが幾つかあるので、これと同じスペックを飲んだかどうかまではちょっと覚えていませんね。
通販からの購入になります。

白磁の器に注いで見ると香りは結構穏やかですね。口に含むとふんわりと甘旨味が広がっていきます。
それ程強く意識させない香りから、しっとり上品な甘旨味は大吟醸の時とほぼ似たイメージですね。
酸味のニュアンスをあまり感じさせないのも同様です。
ただ喉を通過するときの辛さがちょっと雑味という程でも無いレベルの微かな違和感を感じた気がします。
もっとも肴を口に放り込みながら飲んでいる分には全く気にならない、じっくりテイスティングした時だけの違和感なので評価にはほとんど影響はありませんね。

というわけで当たり前に可は獲得する寫樂の純米吟醸のレビューでした。
お値段もお得で紀土と共に普段飲み用として常備しておきたい一本です。

寫樂 純愛仕込 一回火入れ
純米吟醸
五百万石
精米歩合 50%
日本酒度 不明
酸度 不明
宮泉銘醸 福島

寫樂 大吟醸 しずく取り 宮泉銘醸 福島 山田錦

寫樂大吟醸雫取り

福島の地酒、寫樂の大吟醸しずく取りのレビューです。人気の銘柄の多い福島の中でもかなり有名なお酒ですね。
外飲みでは何度か経験があるのですが、家で飲むのは初めてです。
確か小売店からの購入だったと思います。
ラベルには要冷蔵とありますが、一回火入れとも書いてありますし生酒というわけでも無いようです。

ともあれ鉄釉のぐい呑みに注いで匂ってみると、フルーティというか蟹の香りが…。
後日の家飲み記録で出てきますが、毛ガニを盛りつけた状態でのテイスティングの為に、やたら蟹の匂いが入り混じりますw
とりあえず吟醸香はしっかりと大吟醸らしく漂ってきますね。
口に含むとまろやか或いは柔らかといった口当たりで優しく旨味が広がっていきます。
旨味の後から甘みも入り混じって、最後に辛さを喉に残しながらじっくりと余韻を残して去っていきます。

外で飲んで美味しいお酒は家で飲んでも美味しいですね。評価はとりあえず可からスタートということで。
値段を考えれば常備しておきたいレベルなんですが、入手が非常に大変なのが残念。
人気なのも納得の寫樂大吟醸のレビューでした。

寫樂 しずく取り
大吟醸
山田錦
精米歩合 40%
日本酒度 +1
酸度 1.3
宮泉銘醸 福島

日本酒 ブログランキングへにほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村