外飲み記録 心斎橋 禅園 空五倍子色コース


ホテル日航大阪の地下に入っている日本料理とすき焼きの店、禅園でコースを頂きました。
お酒は八海山の純米吟醸。
同じ日航ホテルのテナントで入っている日本料理の弁慶よりもお値段的には多少気軽なのですが、お酒は弁慶よりも凝った提供をしてくれます。

sc_20170129132049.jpg
八寸も松葉が敷き詰めてあって洒落ています。
奥の唐津の猪口も持って帰りたいくらいw

sc_20170129133033.jpg
マグロと鯛とボタン海老の盛り合わせに右はフグ。
マグロは弁慶やつる家で出てくるような明らかにモノが違うというほどのレベルではありませんが、そこそこ美味しい寿司屋で出てくるくらいのレベルではあります。

sc_20170129134911.jpg
牡蠣グラタンとタラバガニの黄金焼。
牡蠣グラタンは非常に美味。タラバガニも普通くらいには美味。

sc_20170129134608.jpg
鰤と葱の柚子蒸し。

sc_20170129135702.jpg
すき焼きのお店でもあるので温物は黒毛和牛A5ロースのすき焼き小鍋。
外食ですき焼きを食べるのってもしかしたら和田金以来かもw

sc_20170129140906.jpg
ここまで非常に美味しく頂けて良い店見つけたなあと思っていたところに出てきた鯛飯。
これが酷い。
安物電子ジャーで炊いたのかと思うほどに水気多過ぎのベチャッとした食感。
鯛飯自体それ程数多く食べてきたわけではありませんが、人生で食べた鯛飯の中で文句なしに最低。

sc_20170129141249.jpg
出汁茶漬けにすれば水っぽさは緩和されますが、そういう問題ではない。

sc_20170129141852.jpg
一応デザート。

70~90点位の品を出してきたかと思ったら、最後に30点以下の品を出されたので評価は厳しくなりますね、
これで鯛飯がまともだったら定期訪問したいくらいなのですが…。
まあすき焼きまでは満足でした。
ご馳走様でした。

外飲み記録 心斎橋 今井屋本店 鶏納豆 お好み焼き鶏 比内地鶏の豪快揚げ


やや小雨がぱらつく日曜の夜ということで人通りも少なく、多分予約無しでも行けるだろと思って入ったお店が普通に満席だったので、いつもよりかなり空いていた今井屋本店に飛び込みました。
まずは焼き物が出てくるまでの繋ぎの鶏納豆、お酒は飛露喜特別純米から。

IMG_20160306_183940.jpg
前回は品切れだった名物の白肝です。そういや規制強化されてから白肝の刺し身ってどうなったんでしょうね。
まだどっかで食べられるのかな?

IMG_20160306_184144.jpg
ねぎまは真ん中だけ熟成胸肉です。胸肉嫌いなのであまり嬉しくないw

IMG_20160306_190613.jpg
ホルモンですね。食感を楽しみます。

IMG_20160306_190903.jpg
IMG_20160306_191303.jpg
IMG_20160306_191529.jpg
せせり、ぼんじり、アスパラ。お酒は黒龍の純米吟醸にチェンジしています。

IMG_20160306_191652.jpg
明太子の炙り焼き。

IMG_20160306_192932.jpg
こちらも名物の比内地鶏の豪快揚げ。カットは店員さんが目の前でしてくれます。
味が濃いのは良いのですがちょっと歯応えあり過ぎですね。
柔らかくてオイリー&ジューシーな方が好みなので、この歯応えはちょっと苦手かな。

しばらく焼き鳥食べなくてもいいくらいに存分に鶏を堪能しましたw
お酒は飛露喜特別純米一杯、黒龍純米吟醸二杯です。
ご馳走様でした。

外飲み記録 心斎橋 今井屋本店 レバーパテ ナス焼き 大手羽先のパリパリ揚げ 鶏脳みそ お好み串焼き


関東で親子丼などで有名な焼き鳥チェーン今井屋本店の心斎橋店に行ってきました。
近くに贔屓の高やがあるので、個人的な利用頻度はそれ程多くはありませんが、いつも人気で繁盛しているお店です。
お酒は飛露喜の特別純米を頂いています。
グラス提供ですが一合分は軽く注いでくれるので、この量なら猪口と徳利でもいいんじゃないかといつも思いますw

IMG_20160124_190903.jpg
まずは好物のレバーパテから。
大阪のお店は丹波地鶏を扱う店が多いのですが、こちらは関東と同じく比内鶏なのが特徴的です。
味の違いがわかるのかと言われればまったくわかりませんがw

IMG_20160124_191401.jpg
ナス焼きです美味ですが今思うとわざわざ外で食べなくてもという気もしますw

IMG_20160124_192644.jpg
手羽先は串焼きもありましたが、揚げたほうが好みなので。

IMG_20160124_194305.jpg
鶏の脳みそです。珍味というか、ほとんど薬味の味しかしませんねw

IMG_20160124_195003.jpg
IMG_20160124_195518.jpg
IMG_20160124_194446.jpg
比較するものが無いのでわかりにくいですが、焼き鳥はジャンボサイズです。
普通の焼鳥屋の1.5倍くらい。ちなみにお値段も比例しているので、別にお得というわけではありませんw
二本目を頼まなくても一本だけで満足感があるのは良いですね。
他に野菜系の串を何本か頼んでいます。

お酒は飛露喜の特別純米を二合と東北泉を一合頂いています。
東北泉は初めてでしたが、大吟醸で飛露喜の二倍くらいの値段の割には飛露喜のほうが好みでしたねw
繁盛している割に料理の提供はかなりスムーズで好感が持てましたが、ホールがちょっと回ってない様子。
カウンター席の自分はそうでも無いのですが、店員が気付きにくい場所のテーブル席のお客さんなんかは呼んでもなかなか対応してもらえていない様子が窺えました。
個人的には問題なく満足なので十四代が飲みたい時は高や、飛露喜が飲みたくなったらここを使おうかなとw
ご馳走様でした。

酒呑み視点の大阪百貨店事情 心斎橋大丸

日本酒や酒器の購入、美術コーナーで眼福に預かったりと何かと便利な百貨店。
私がよく行く大阪の百貨店を酒呑み視点で案内しようと思います。

心斎橋大丸
とにかく自宅から一番近いのが便利な大丸心斎橋店。
歩いて10分掛からないダントツの立地故に、一番良く通う百貨店です。

日本酒
基本的に試飲販売は1銘柄のみです。
個人的な好みのお酒では南部美人純大、飛良泉欅蔵はここで買い求めることが多いですね。
蓬莱泉の楽という大丸限定ラベルもここで手に入ります。

レストラン
新館のすし萬では獺祭二割三分が常備されています。
また九平次純吟、松の司純吟、八海山純吟も常備されており、日本酒の選択の幅は豊富ですね。
1ヶ月毎に変わる季節の魚、野菜料理は手描きのボードで店先と店内に展示してあります。
季節の料理を幾つか楽しんでから寿司に移行するのがマイ・フェイバリットです。
活牡丹海老の握りなど活造り系の料理も仕入れがあれば楽しめます。

本館では与多呂という天ぷら屋があっさり系の衣と季節の旬の天ぷらが豊富で、日本酒は越の誉純吟しかないものの、長年とても贔屓にしていました。
最近になってオーダーミスやオーダー漏れがあり得ないレベルで酷くなったので、足が遠ざかっています。

美術、生活雑貨
別館に以前紹介した陶芸サロン桃青があり、二週間毎に様々な作家さんの個展を楽しめます。
その下のフロアが生活雑貨のフロアになっていますが、こちらはそれ程特筆すべき点は無く、一度京焼の盃を買ったくらいですね。

食料品、惣菜
鮮魚コーナーでは、頻繁に本マグロの解体ショーを行っています。
また結構良いズワイガニを仕入れていますので、ボイルズワイガニを購入するのはこちらからというケースが一番多いです。
調理魚の惣菜店として魚味撰も店内にあるのですが、鮮魚コーナーでも焼き魚、煮魚を置いているので調理魚の選択は豊富です。
豆香村の豆腐を買えるのも特徴で、ここの湯葉豆腐はほぼ毎回必ず買って帰っています。
特設販売コーナーは合計4店舗設けているので、毎週様々な企画でお店が出ていて、通うのが楽しみです。

最近真剣に体重が落ちないので、家飲みは週末限定にする予定です。
その為、紹介できるお酒は多くて週に3本程度になってくると思うので、こんなお話も取り混ぜて行こうと思います。
多少でも酒呑みライフの参考になれば幸いです。

日本酒 ブログランキングへにほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村