磯自慢 中取り 純米大吟醸 磯自慢酒造 静岡 愛山


和おんで四合買いした磯自慢の愛山純米大吟醸中取りのレビューです。
オフィシャルの記載をそのまま転記すると「希少な特A地区産の愛山を使用したグラッパボトルシリーズの最高峰・中取りグラッパブルーボトル。」とのことで、秋のみの季節限定販売品だそうです。
実は磯自慢は飛びつくほどに好きな銘柄というわけでは無かったりします。
ただ、夏に頂いた古家は入荷後一ヶ月くらい売れ残っていて何だか可哀想になって購入したという経緯があり、これも放っておいたら同じ末路を辿るかもと思って購入していますw

とりあえず香りは高く、豊かに膨らむような印象です。
口に含むと半拍ほどの透明感を置いてから、甘味と酸味がないまぜになるように絡み合いながら広がっていきます。
重厚と言うほどではありませんが、決して軽快では無く、しっかりとした味わいを残しながら去っていきます。
多少の余韻を残しますが、不快なしつこさや後味ではありません。

甘さがキツい日本酒は苦手なのですが、これくらいなら問題なく美味しく頂くことができます。
ただ公式では爽やかで切れる味わいみたいな紹介になってますが、そんな印象は皆無に思えますw
もしかしたら磯自慢の各スペックの中では爽やかな系なのかも知れません。
評価は普通に可なのですが、値段を考慮するとあまり積極的にリピートはしないかなー。

磯自慢 中取り
純米大吟醸
愛山
精米歩合 40%
日本酒度 不明
酸度 不明
磯自慢酒造
静岡

上喜元 純米大吟醸 Vintage Year 2012 酒田酒造 山形 愛山

PIC_20161019_190422.jpg

決して苦手な銘柄ではない、むしろ好きな銘柄なのですが、外飲みでそこそこ飲む機会があるのであまり自宅では飲まない上喜元の愛山熟成純米大吟醸2012のレビューです。
年度的には2年か3年熟成ということになるのかな?

とりあえず瀬戸黒のぐい呑に注いで香ってみると、かなり華やかに立ち昇ってきます。
口に含むと透明感と言うほどではありませんが、丸みをおびた柔らかな口触りから、上品な辛味が広がっていきます。
基本的には辛口系ながら、酸味が慎ましくもしっかりと仕事をしてしつこさを感じさせず、ほんの微かに甘味も漂わせてと、深みも十分に感じさせる豊かな味わいですね。

上喜元の中では初めて試すスペックになりますが、山田錦に近い愛山で熟成純米大吟醸酒ということなら、ほぼ間違いなく自分好みだろうと思って買いましたが、その通りでしたねw
「上喜元 愛山 純米大吟醸」で検索を掛けると超限定品などという言葉が踊りますが、値段的にはそこまで無茶な価格ではありません。
熟成酒という括りならむしろお買い得な方ではないでしょうか。
評価は可-良。
外で飲んで美味しい銘柄は家でも美味しかった上喜元愛山純米大吟醸のレビューでした。

上喜元
熟成純米大吟醸
愛山
精米歩合 43%
日本酒度 -2
酸度 1.5
酒田酒造
山形

日本酒 ブログランキングへにほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村