外飲み記録 明石鮓 特選料理のコース お好み鮨


久しぶりの明石鮓です。酒は黒龍。

IMG_20160910_195554.jpg
造りの盛り合わせ。この前に活ダコの造りが出たのですが画像を保存ミスしています。

IMG_20160910_200019.jpg
鰹のたたき。

IMG_20160910_201316.jpg
鮎の塩焼きは好物の頭から食べることのできるタイプなのですが、さすがに時期が時期なのであまり味わいもよくありません。

IMG_20160910_202430.jpg
コースの寿司。

IMG_20160910_203250.jpg
中身を撮り忘れた土瓶蒸し。土瓶じゃなくて金属器なんですが金属瓶蒸しと言っても訳がわからないので土瓶蒸しということにしておきます。
中身は鱧や松茸、海老などの定番系。

IMG_20160910_203950.jpg
IMG_20160910_204106.jpg
IMG_20160910_204716.jpg
IMG_20160910_205511.jpg
追加で頼んだ赤貝、子持ちシャコ、岩牡蠣、コハダ。

と、ここまで料理も問題なく、お酒も黒龍と獺祭を楽しんだのですが、帰り際に嫌なことに気付いてしまいます。
このお店、喫煙可なんですね。
今回も含めて、これまでずっとそのことに気付かなかったのは単に運良くタバコを吸う客がいなかっただけの模様。
さすがに寿司屋のカウンターで隣客にタバコを吸われる可能性のある店というのは、リピート対象から外れます。
この日煙害を被ったわけではありませんが、これが最後になるであろう明石鮓の外飲み記録でした。

次回の記事は29日掲載予定。

外飲み記録 明石鮓 雲丹の三種盛り 特選寿司のコース

大阪ミナミの寿司屋歴訪第二弾ということで、道頓堀周辺をウロウロしていたのですが、目当てのお店が二軒とも満席で、結局前回訪れた明石鮓に。
というわけで、今回は寿司中心のコースと幾つかアテも頼みました。

IMG_20160326_191615.jpg
まずは雲丹の三種盛り。右から瀬戸内海産、日本海産、北海道産だそうです。
瀬戸内海産のとろける旨みが一番好みでしたね。
この後、サザエの壺焼きも頂いているのですが、画像が見当たりませんでした。

IMG_20160326_192520.jpg
ここからは鮨のコースです。どれも美味。

IMG_20160326_193139.jpg
IMG_20160326_193555.jpg
IMG_20160326_193822.jpg
IMG_20160326_194339.jpg
こんな感じで美味しい寿司を十分に堪能しました。

お酒は黒龍純米吟醸を二合、寿司中心でも問題なく美味しい明石鮓での外飲み記録でした。
ご馳走様でした。

外飲み記録 明石鮓 特選料理と寿司コース

寿司屋はすし萬と海馬のローテで満足していたのですが、海馬が前回やらかしてくれてあまり行きたくないので、新たに一人飲み用の寿司屋を開拓することにしました。
というわけで、気になっていたものの機会のなかった心斎橋の老舗の寿司屋、明石鮓に飛び込みました。


お酒はとりあえず黒龍から。酒器が切子ですが江戸切子ではなく薩摩切子によくある色ですね。

IMG_20160227_193159.jpg
ホールが女将さんとアルバイトの恐らく中国系の女の子なのですが、この女の子が料理の名前が覚束ないのか、お待たせしましたは言えるけど、料理名を言えないw
店名から推測するに明石蛸でしょう。梅肉に山葵を溶いて頂くのですが、新鮮な味わいで美味。

IMG_20160227_193711.jpg
造りの盛り合わせです。雲丹が出てきたので、さてどんなものかなと思いながら口に運びましたが、臭みなど皆無の良い雲丹でした。
他の刺し身も問題なく美味。

IMG_20160227_194313.jpg
続いてフグの白子をホイル焼きで。うっすら出汁の香りとフグ白子の上品な味わいが絶妙にマッチしていて素晴らしいです。
この辺から女の子が料理を持ってきたあと、女将さんが料理名を伝えてくれるようになりましたw
表に「ホールアルバイト急募!」とか書いてあったので、色々大変だなあと思いつつ頂いています。

IMG_20160227_194813.jpg
公魚の天ぷらです。

IMG_20160227_195233.jpg
岩牡蠣ポン酢。中身を聞かないままコースを頼んだのですが、好みの食材を使った料理が多くて、これなら追加注文は必要無さそうです。

IMG_20160227_195415.jpg
寿司に入る前に吸い物。すっぽん出汁だそうです。美味。

IMG_20160227_200053.jpg
寿司と料理のコースなので、寿司自体はそれ程多くありません。
次に行くときは寿司主体の注文にしようと思っています。
再び登場の雲丹は勿論、活け車海老も美味。

IMG_20160227_200804.jpg
明石と店名に付いている以上、絶対出てくるだろうと思っていました赤貝と穴子。
素人でも違いのわかりやすい雲丹と赤貝の質を評価基準にしているというのは過去に何度か記載した通りですが、さすがにどちらも文句なしでした。
お皿も素敵です。

お酒は黒龍、一刀両断、獺祭と各一合頂きました。
一刀両断はしっかり辛口系ですね。獺祭はずっと苦手意識があったのですが、久しぶりに飲んでみたら割と問題なく行けました。
お酒の品揃えは問題ありませんし、料理は丁寧な仕事を感じさせる美味しさで、お店もゆっくり時間を気にせずくつろぎながら食べることのできる雰囲気です。
新しいお気に入りの寿司屋を新規開拓という点では、いきなり当たりを引いたので、もうこれで止めてもいいレベルですw
とは言えせっかく色々調べたので、しばらくは大阪ミナミの寿司屋を巡ってみようと思います。
ご馳走様でした。

日本酒 ブログランキングへにほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村