FC2ブログ

【第三回】あさ開 極上純米大吟醸 旭扇 株式会社あさ開 岩手 山田錦

IMG_20160518_213633.jpg

三回目となるあさ開の極上純米大吟醸旭扇のレビューです。
我が事ながら三回目のレビューというのはかなり多いですね。
あさ開自体は昨年初めて試して気に入った銘柄なのですが、昨年新規開拓した中ではかなりのお気に入りということがレビュー回数からも窺えます。
とは言え、実はこの日の家飲みは酒器が主役です。
新しく入手した素晴らしくお気に入りの萩の井戸形のぐい呑みを初めて使うにあたって吟味した結果、旭扇をチョイスしています。
本来なら洗心や吟といった極良クラスで迎えてあげたいところなのですが、どっちもつい最近飲んだばかりなので、それに次ぐ良ランクのお酒を、と冷蔵庫の在庫を漁った結果、旭扇の登場と相成りました。

というわけで新入りの萩焼の器に注いで、旭扇を頂きます。
香りはやや高めの華やかな印象。
しかし口に含むと、まずは透明感から始まって、一拍置いて上品な淡麗系の辛口の味わいと程良い酸味が絡み合って展開していきます。
喉に到達する直前くらいに、少し甘味を発揮しながら、後味は爽やかに流れ去っていきます。

第二回目のレビューで少し甘味のニュアンスが増したかな?と書いていますが、今回の旭扇は一回目とほとんど同じ味わいです。
評価は変わらず良キープ。
この調子なら来年くらいには極良、殿堂入りでしょう。

※スペックは製造年月以外は変わらないようなので省きます。

あさ開 極上純米大吟醸 旭扇 純米大吟醸 山田錦 岩手 株式会社あさ開

あさ開旭扇

岩手の地酒としては1,2を争う知名度のあさ開、実はこれまでとんと縁がなく、今回初体験、初レビューになります。

初なので田原陶兵衛さんの皮鯨にトクトクと注いでまずは香りを…。
うん、結構香りが豊かな感じかなーと思いながら、口に含むとこれはなかなかはっきりとした吟醸香が立ち昇りますね。
メロンっぽいかな?
そして舌の上で転がすと、これが甘いんだか辛いんだか、甘さ辛さ両方共に感じられますね。
もちろん美味しい甘さ辛さです。
割とはっきりした個性のお酒だなと思っていると、後味はびっくりするくらいさっぱりと引き上げていって、ほほう、そう来るかwという印象です。

これは良で確定でしょう。
松の翠を一本開けた直後に追加で開けたのですが、それにも関わらずスイスイぐいぐい呑めてしまうのは美味しい証拠かなと。
あさ開は大吟醸雫酒もまだ控えているので、どっちがより好みかなと楽しみでもあります。
岩手は南部美人といい酔仙といい、好きなお酒が多いなあ。

あさ開 極上純米大吟醸 旭扇
純米大吟醸
山田錦
精米歩合 40%
日本酒度 +1
酸度 1.3
株式会社あさ開 岩手

日本酒 ブログランキングへにほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村