ぐい呑み 橋本大輔 窯変天目 京焼


久しぶりの酒器紹介です。
以前に紹介した禾目天目のぐい呑みと同じ作家さんの窯変天目のぐい呑みです。
酒器もお酒同様に自分から積極的に情報収集をしないタイプなので、陶芸祭りなどで気に入った器を買い求めて、自宅に戻ってから初めて検索を掛けたりして、作家さんの略歴や他の作品を識ることになります。
橋本大輔さんのことも五条坂の陶器まつりで偶然好みの禾目天目のぐい呑みを見掛けて、購入したことを切っ掛けに存じ上げるようになりました。
その後、いろいろ調べたたら非常に自分好みの器を多く作陶されていることを知り、特に青煌天目と名付けておられる窯変の器は何が何でも手に入れたいと思っていました。
ただ通販ではまるっきり見つけることができず、店舗で取り扱いがありそうなギャラリーが奈良にあることを調べて赴いたりもしたのですが、これも外れ。
こうなったらまた五条坂の陶器まつりに出店されていることに期待して、あの糞暑い時期の京都に行くしかないかと思っていたのですが、なんか突然大阪高島屋の美術画廊の展示コーナーに出現してましたw
箱書きには青煌天目ではなく窯変天目とありますが、間違いなくネットで見掛けて惚れ込んだ天目と同じ変化なので迷わず購入。
今年は酒器の購入は控えようと言いながら萩井戸の器に続いての購入となってしまいましたが、これはそういう経緯があるのでしゃーなしw

見所は、まあ画像だけでも十分伝わるかな。
光を当てつつお酒を注いだ時の輝きは波佐見焼の器がこれまでは一番でしたが、これはそれに匹敵するか凌ぐかもというレベルです。
手触りはかなり硬質で、陶器らしい土の手触りよりは金属器に通じるものがあります。
なので錫器のように冷やしておいてお酒を注ぐのも良いなあと思いつつ、うっかり手を滑らせて落とした場合に錫器と違って取り返しがつかないので自重していますw

念願叶って手に入れた器なので購入直後はお気に入りで頻繁に家飲み記録にも登場しています。
これである程度酒器欲は満たされたので、よほどのことがなければ酒器の購入をすることは無いと思います(今回は前振りではなく)。
自分にしては珍しく偶然の出会いからではなく、探し求めて入手した(と言っても買うことができたのは完全に偶然ですがw)天目の器の紹介でした。

ぐい呑み 橋本大輔 禾目天目

橋本大輔金禾目

以前に東洋陶磁美術館で見た禾目天目茶碗に惹かれて、いつかお手頃価格で禾目天目の酒器に出会うことがあれば迷わず買おうと思っていて、京都の陶器まつりで出会ってしまった禾目天目のぐい呑みです。
露店を覗いて回ってみたら、天目しか取り扱っていないようなお店があり、その中で特に気に入ったこの器を手に取ったところ、幸いにも手が出せるお値段だったので買い求めました。
禾目天目の禾目は稲の穂先を指す言葉です。
このぐい呑みも口縁から見込みに向けて無数に禾目が伸びていくような斑紋を見ることができます。
ちょっと撮影の具合でくすんでしまっているのですが、口縁は金に近い色合いで見込みは黒く、そして禾目が伸びている部分は黒と金が融け合うようにして青く輝いています。
しっかりとした存在感がお気に入りの非常に美しい器です。

余談ですが、天目系の盃は基本的に手捻りではなく轆轤や型を使った均整の取れた形ばかり目にしますね。
どの天目杯も高台が土見せになっているも同様で、この辺り天目様式とでも呼ぶべき決まったスタイルがあるのでしょうか?
それとも製作上の技術的な都合で必然的にそうなるのか、不勉強なのでさっぱりですw
陶器まつりで天目杯を出品している方に聞けば教えてくれそうなので、またそういう機会があれば聞いてみようかなと思っています。

ちなみに作家の橋本大輔さんのお名前を検索すると、やはりというか天目にこだわりを持って作陶をされている方のようで、露店が全て天目ばかりだったのも宜なるかなとw
現在は滋賀の大津で作陶をされているようで、京都付近では度々百貨店などで作陶展を開催したりされていますね。
ちなみに検索して出てきた作品の中にはかなり気になる器が幾つかありまして、この際通販でも構わないからと狙っているのですが、瞬殺で売り切れてしまうので一向に入手できません。
おまけに人気のせいか少し値段も上がっている模様。
最近は陶器まつり系のイベントに足を運ぶのを少し控えようと思っているのですが、来年の京都の陶器まつりだけは橋本さんの器目当てで行こうかなと考えています。
もっとも来年も同じように陶器まつりに参加しているとは限りませんので、もしかしたらこの禾目天目が手に入っただけでも運が良かったと思うべきなのかも知れないと、思ったりもしていますw

というわけでマイ・コレクション初の禾目天目のぐい呑みの紹介でした。

日本酒 ブログランキングへにほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村