fc2ブログ

宝剣 純米吟醸 生酒 宝剣酒造 広島 八反錦

IMG_20160415_184630.jpg

和おんで四合買いした宝剣の純米吟醸生酒のレビューです。
ボトルの画像を撮り忘れたので、こんな画像になっています。
以前にブログで同じ純米吟醸ですが湧水仕込をレビューしていますね。

さて、というわけで早速香ってみるのですが、既に群馬泉を二合程飲んだ後なので、香りは正直何とも言えないですね。
所謂、「鼻が馬鹿になる」状態になってしまっているので、一応穏やかというか大人しめに感じましたが、実際のところはちょっと不明です。
口に含むと透明感を感じますね。
徐々に甘味と酸味が広がっていくのですが、非常にほんのりとした味わいです。
後味も立ち消えるようにスッと去っていって、最初の透明感からの穏やかな味わいが、上品なお酒といった印象です。

前回のレビューを見比べると最初の透明感以外はかなり違うので、自分の味覚に不審と懸念を抱かざるを得ないのですが、この宝剣は非常に好みですね。
肴の邪魔をしない食中酒として非常に優秀なのではと思います。
評価は可ですが、宝剣については純米吟醸が二回のレビュー両方共に美味しかったので、これは是非純米大吟醸を試してみたくなりました。

宝剣
純米吟醸 生酒
八反錦
精米歩合 55%
日本酒度 不明
酸度 不明
宝剣酒造
広島

鍋島 生酒 純米吟醸 富久千代酒造 佐賀 雄町

IMG_20160414_082450.jpg

レビューを掲載しようか迷ったものの、鍋島はこれまで色々なスペックを紹介していて、絶賛しているスペックもあるので、一つくらいこらあかんというスペックのレビューをしても良いよね?…ということで雄町の純米吟醸生酒のレビューです。
スペック的には大好きな五百万石純米吟醸生酒の米が違うだけということで、非常に期待をしていました。

というわけで、黄瀬戸の器に注いでみます。香りは普通に高くもなく、大人しくもなくですね。
口に含むと、いきなりかなり濃い目の甘味がドロリと広がっていきます。
粘性を感じる甘味は鍋島の幾つかのスペックで味わうことのできる特徴ではありますが、それにしてもこれはかなり濃いです。
そこから酸味が差し込まれてくるのもいつもの鍋島なんですが、酸味も何というかしつこいです。
ベッタリとした甘味と渋いとも言える強めの酸味が混じり合って、濃厚な余韻を残します。
しばらく喉に後味と香りが強く残りますね。

味わいの展開は鍋島的ではあるのですが、何というか濃度が全く自分好みでは無くて、これは厳しいですね。
本来は可に達しないお酒はわざわざレビューしないのですが、冒頭の理由で備忘録も兼ねて掲載しています。
多分雄町鍋島の濃さに病み付きと言う人もいるのでしょうが、残念ながら自分的には全く無理でした。

鍋島
生酒 純米吟醸
赤磐雄町
精米歩合 50%
日本酒度 不明
酸度 不明
富久千代酒造
佐賀

黒龍 火いら寿 純米大吟醸 生酒 黒龍酒造 福井 山田錦

IMG_20160226_180143.jpg
というわけで和おんで頂いた黒龍火いら寿のレビューです。
家飲みはゼロ、外飲みでも四合買い切りは勿論初めて、期待が高まります。

香りはフルーティながら大人しめないつもの上品な黒龍です。
口に含むと上品で柔らかい口当たりなのですが、すぐになかなかしっかりと酸味が展開していきます。発泡とまではいかないものの口の中で踊るようなフレッシュ&ジューシーな印象です。
ここからしずくや龍は上品なほの甘さが~という流れだったのですが、火いら寿は結構辛味のニュアンスもしっかりと感じ取ることができます。
自分好みの淡麗辛口系の味わいに黒龍らしい上品な甘旨味がミックスされて、口の中で全く引っかかることもなく、綺麗に流れ去っていきます。

激美味ですね。
しずくや龍と較べても、はっきりこっちの方が好みだと言い切ることができる味です。
評価は一発目ですが良でいいでしょう。
どーせ次はいつ飲めるかわかりませんし、頻繁に飲めない以上評価の上下変動を気にする必要も無いってことでw

黒龍 火いら寿
純米大吟醸 生酒
山田錦
精米歩合 35%
日本酒度 不明
酸度 不明
黒龍酒造 福井

田酒 特別純米 生酒 西田酒造店 青森 華吹雪


和おんで四合瓶を買い取った田酒特別純米生酒のレビューです。
青森の地酒としてはトップの知名度を誇るお酒です。
通販以外で入手しようとすると大阪だと非常に難易度が高いです。
難波のビックカメラにプレミア価格で置いてあるのを見掛けるくらいw
外飲みで極稀に飲むことはあっても、今回のように四合瓶を頂くのは初めてになります。

というわけで田酒を注いで香ってみると、案外香りは穏やかというかあまり感じませんね。
田酒という名前からして勝手に田舎的な濃い目の芳香を予想していたのでちょっと想定外w
口に含んだ瞬間、ほんの一瞬だけ透明感を感じますが半拍ほどでほのかな酸味がまずは広がっていきます。
そこから辛味と旨味がしっかりと、そしてバランスよく混じりあって流れていきます。

香りはともかく味わいはしっかり主張するタイプですね。
そこそこ濃い割に何故かぐい呑みに注ぐ手が全く止まらず、ガンガン飲んでしまって結局一晩で四合一気に空けてしまったのは前回の記事の通りです。
評価は問題なく可からスタート。

田酒
特別純米 生酒
華吹雪
精米歩合 55%
日本酒度 不明
酸度 不明
西田酒造店
青森

鍋島 生酒 純米吟醸 富久千代酒造 佐賀 五百万石

IMG_20160214_145321.jpg
一応鍋島シリーズのラストを飾る五百万石純米吟醸生酒です。
既に五百万石純米吟醸をレビュー済みですが、非常に美味しいお酒だったので生酒のこちらも期待が高まります。

というわけで朝鮮唐津の器に注いで香ってみます。
香りは普通、もしくはやや大人しめでこの辺は鍋島系のいつものイメージですね。
口に含むと五百万石純米吟醸程に粘性やとろみは感じられないものの、穏やかな甘味が広がっていきます。
甘旨味が広がり切る前に酸味が差し込まれて、口の中で甘旨味と酸味がほどよくブレンドされながら、綺麗に流れ去っていきます。
後味の印象は非常に爽やかですね。

五百万石純米吟醸に較べるととろみも無く、酸味もそこまで主張せずで、尖った部分を丸くしてバランス重視にしたような印象ですね。
個人的にはこちらの方が好みです。
評価は勿論、可。
ようやく最初にレビューした五百万石純米吟醸よりも好みのスペックに出会うことができましたw

鍋島
純米吟醸 生酒
五百万石
精米歩合 50%
日本酒度 不明
酸度 不明
富久千代酒造 佐賀

日本酒 ブログランキングへにほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村