FC2ブログ

【第三回】 醸し人九平次 別誂 純米大吟醸 山田錦 愛知 萬乗酒造


約一年ぶりの九平次別誂のレビューです。
家飲みでは一年ぶりですが、外飲みで何度か頂いているので御無沙汰感が無いのはいつも通りですね。

それでは早速備前焼きっぽいぐい呑に注いで頂きます。
香りは思ったよりも高くないですね。
大人しいと言うほどでは決してありませんが、もっと華やかなイメージを持っていましたが、今回は普通。
口に含むと輪郭がくっきりとした酸味から始まって、すぐに辛味が追いついてきます。
九平次は鮮やかに花開くという印象ですが、今回は香り同様味の展開も上品では決してありませんが、迸るような鮮烈さもありません。
後半、辛味に混じってほの苦さを感じます。
これが嫌な苦さではなく、味わいに深みを持たせるビター感で好印象。
流れ方は九平次らしく爽快ですね。

記憶よりもちょっと大人びたような印象ですが、冷蔵庫で半年近く眠っていたのでそれが影響しているのかもしれません。
評価は変わらず良。
多少の変化はあれど、九平次らしさは変わりない醸し人九平次別誂のレビューでした。

醸し人九平次 彼の地 純米大吟醸 萬乗醸造 愛知 山田錦

IMG_20160819_182621.jpg
外でよく出会うので、家でわざわざ買って飲まないお酒ランキング一位の九平次の彼の地のレビューです。
九平次は家で頂く時は別誂ばかりで、外で出会うのはたいてい純米吟醸なので、彼の地は実は初めてです。

さてそれでは早速香ってみますが、これははっきり梨ですね。
フルーティな香りと言いつつ、具体的にどのフルーツよ?と言われれば答えに窮することの多い日本酒の上立ち香ですが、ここまではっきり明確に特定の果物を連想させる香りは珍しいです。
口に含むと多少の透明感からとにかく酸!という感じで押し寄せてきますね。
若干辛味も混じっているような様子も窺えますが、基本的に酸味主体の味わいです。
別誂は鮮やかな辛味が後半入り混じって鮮烈な印象を残すのですが、彼の地は基本的に酸味中心で、ちょっと日本酒らしくないと言えてしまうような構成です。

とりあえず九平次は九平次だとわかって飲んで、九平次であればそれでいいよという扱いなので、これも多少の個性の差はあるとはいえ九平次でしたので、はい九平次ですの一言で終わりといえば終わりですw
評価は普通に可というところで。

醸し人九平次 彼の地
純米大吟醸
山田錦
精米歩合 40%
日本酒度 不明
酸度 不明
萬乗醸造
愛知

【第二回】 醸し人九平次 別誂 純米大吟醸 山田錦 愛知 萬乗酒造

IMG_20160310_082624.jpg

前回のレビューから半年くらい間が空いてしまった醸し人九平次別誂のレビューです。
なんか販路を一気に拡大したのか、ここ二年ほどで大阪でもあちこちで見掛けるようになった印象です。
取り扱う小売店も増えましたし、外飲みでも出会う機会が増えています。
個人的には九平次は「九平次気分」と言うような時に開けるお酒です。
あー、九平次飲みたいなーと思ったら、いつでも開けられるように一本は常備しているのですが、前述のとおり外でも頻繁に飲む機会があるので、家ではなかなか「九平次気分」にならないという事情もあったりしますw

それでもようやく久しぶりに家で「九平次気分」になったので、能作の錫器の酒器セットで別誂を頂きます。
フルーティな吟醸香を楽しみつつ、口に含むと酸味からの辛味が色鮮やかに広がっていきます。
しっかり辛口の味わいは主張しながら、飲み口はすっきり爽やかに、鮮烈な余韻を残して流れ去っていくのはいつもの九平次別誂ですねー。

そもそもスペックが前回と全く同じなので、印象が同じなのは当たり前ではありますが、「九平次気分」の時にしっかり九平次らしさを味わうことが出来て大変に満足でした。
評価は前回のレビューだと可-良にしていますね。
外飲みと合わせると飲んでる回数的にはかなり上位なので、この際、良にしておきます。

※スペックは記事の通り第1回と完全に同じなので省きます。

醸し人九平次 別誂 純米大吟醸 山田錦 愛知 萬乗酒造

九平次別誂


愛知の名酒、醸し人九平次のフラッグシップとして超有名なお酒です。
実は地元のお酒でもありまして、帰省中は手に入れやすいのですが、大阪ではちょっと入手難易度が高いですね。
6月入荷分の洗心をまとめ買いしに行ったら置いてあったので、2本買ったうちの一本目を開けてみました。
酒器は金銀青彩色絵陶器という神戸薩摩焼の器で志摩眞智子さんの酒盃を使用しています。
この酒器も素晴らしくお気に入りなのですが、書き出すと長くなるのでまた後日w

さて、先日の神聖の残りを飲み干し、もう少しだけということで別誂にチャレンジです。
盃に注いで、香りを楽しみながら口に含むと、こちらも神聖同様フルーティな吟醸香は無く、すっと口の中に入っていきます。

そして舌に広がる味わいは…辛っ!そして旨っ!w
一言で表すなら「鮮烈」と言うべきでしょうか。
神聖が洗心に較べてはっきりとした辛さと書きましたが、九平次はもう段違いです。
味わいの鮮やかさとしては、九平次別誂>>>>>>神聖>洗心という感じで繊細な味わいのお酒とはまた違った魅力の美味しさです。
味わいが強い割に後味は爽やかに、一度飲めば決して忘れない個性を持ったお酒ですね。

神聖で料理を食べ尽くしたあとに急遽開けたので、合わせた肴はカニ缶、ホタテ缶、赤貝有明煮缶と、このお酒には少しもったいなかったですね。
もう少しきちんとした肴を用意して堪能しようかなと考え、九平次の味わいに負けず、しかし良さを消さない肴を目下検討中です。

醸し人九平次 別誂の評価は可-良です。
もうほとんど良に近いです、実際2本買ってますしw

醸し人九平次 別誂
純米大吟醸
山田錦 兵庫県 黒田庄
精米歩合 35%
日本酒度 +-0
酸度 1.6
萬乗酒造 愛知県名古屋市

日本酒 ブログランキングへにほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村