FC2ブログ

高天 純米吟醸 高橋美絵スベシャル 無濾過生原酒 高天酒造 長野 八重原産ひとごこち


長野の地酒、高天の純米吟醸、高橋美絵スベシャル 無濾過生原酒のレビューです。
高橋美絵さんというのはネットで見ると杜氏代理か新杜氏さんみたいですね。
蔵元の方針でほとんどマスコミの露出は無いものの地元長野ではかなり有名な銘柄で、その中でも希少なスペックのようです。

それでは早速香ってみると大人しくも華やかでもなく割と普通かな。
口に含むとちょいまろやかな舌触りに酸味主体の味の展開。
徐々に甘味が入り混じってきて、非常に芳しい後味が残ります。
この後味が非常に素晴らしく、口の中で揺蕩うような芳香をいつまでも転がしていたい欲求にかられてしまうほど。

うーん、自分の好みには合わないことの多い長野の酒と聞いて若干身構えていたのですけど、これかなり美味しいですね。
評価的にも可-良のかなり良よりで、また飲む機会があって印象が変わらなければ即良にしてもいいくらい。
後味にうっとりという素晴らしいお酒、高天の純米吟醸、高橋美絵スベシャル無濾過生原酒のレビューでした。

高天
純米吟醸
高橋美絵スベシャル
無濾過生原酒
八重原産ひとごこち
精米歩合 49%
日本酒度 -2
酸度 1.2
高天酒造
長野

積善 純米吟醸 なでしこ 西飯田酒造 長野 山田錦


義理の兄やんから夜明け前と一緒に頂いた積善のレビューです。
なんでも西飯田酒造は花酵母を使ったお酒にこだわった酒造りをしており、このなでしこもその名前の通りなでしこの花酵母で醸されています。
花酵母という言葉自体初耳なので、どんなものか全く想像もできませんが、小売店のレビューでは割と食中酒向きに仕上げているような内容だったので自分好みなのかなと思いつつ、とりあえず京焼は柿釉の盃で頂きます。


香りはかなり高く華やかです。
開栓した瞬間にふわっと立ち昇るくらい。
口に含むとまろやかな舌触りで優しく広がります。
基本的には酸味と辛味主体ながら、やや辛味の比率が混じっているかな?
あまり甘味のニュアンスは感じません。
後味は結構余韻をしっかり残します。
というかこの余韻が積善なでしこの本領と言ってもいいかなというくらい、たまらなく良い香りが喉を通り過ぎた後に漂ってきます。

味わいは辛味、酸味がちながらこの芳香がやや甘味を帯びたフルーツ感を醸し出していてトータルではバランス型みたいな印象ですね。
かなり小規模な蔵で生産量も多くは無いようですが、この味は割と人気の出やすいタイプかなと思うので、もしかしたら今後大きくブレイクするかも知れません。
評価は可-良。
長野の地酒、積善純米吟醸なでしこのレビューでした。

積善 なでしこ
純米吟醸
山田錦
精米歩合 54%
日本酒度 不明
酸度 不明
西飯田酒造
長野

夜明け前 純米吟醸 長野 小田酒造店 山田錦

PIC_20170130_191314.jpg

義理の兄やんが長野から送ってくれた夜明け前純米吟醸のレビューです。
夜明け前と言えば島崎藤村の小説ですが、このお酒は島崎藤村の息子さんだかの公認を得て夜明け前を名乗っているそうです。

マスコミの取材も受けないという昔気質な印象の夜明け前を朝鮮唐津の器で頂きます。
香りはかなり高いですね。
しっかりとした芳香が立ち昇ってきます。
口に含むと透明感はほぼ無く、辛さ主体の味わいが広がっていきます。
酸味や甘味といった要素は極めて少なめです。
喉を通り過ぎる時にウォッカやスコッチを飲む時に感じるような熱さを発揮しながら、その割に余韻は残さず綺麗に流れ去ります。

芳醇旨口系が流行した結果、その前に流行した淡麗辛口系が所謂一昔前のお酒という認識で定着しつつありますが、この夜明け前は淡麗辛口が流行する更に以前に多かった強めの辛口系の日本酒の趣を色濃く残しているように思います。
二昔前とでも言うのかな。
ただ爽やかな余韻で後味にしつこさを感じさせないあたりは最近の流行りもやや意識しているのかも知れません。
評価は可。
昔風と今風の味わいを併せ持つような夜明け前のレビューでした。

夜明け前
純米吟醸
山田錦
精米歩合 50%
日本酒度 不明
酸度 不明
小田酒造店
長野

サケ エロティック 生酛 ヌメロ シス  小布施ワイナリー 長野 美山錦


小布施ワイナリーという長野の小さなワイナリーが限定で醸す日本酒を和おんで頂きました。
美山錦と六号酵母を使った日本酒ということですが、どんな味わいなのか予想も付かないのが逆に楽しみです。

香りは酸味系のニュアンスがやや高めの吟醸香ですね。
口に含むと、いきなり酸味というより渋味を感じます。
ワイナリーが醸すと言っても美山錦使用の日本酒なのに、この渋味は白ワインを髣髴とさせるさせるなあと思っていると、徐々に日本酒的酸味と旨味が少し濃い目に入り混じってきます。
前半白ワイン、後半日本酒みたいな味わいを楽しんでいると極微かに発泡のようなシュワっとした口当たりを残しつつ去っていきます。
少し辛味を喉元に残す感じの後味ですね。

系統としては芳醇旨口系に白ワイン的渋味のニュアンスを感じるお酒でした。
評価は普通に可ですね。
後から調べたら小布施ワイナリーが趣味で造っているレベルの本当に極少量生産なので、なかなか次の出会いは無さそうです。

サケ エロティック
生酛 ヌメロ シス
美山錦
精米歩合 57%
日本酒度 不明
酸度 不明
小布施ワイナリー
長野

真澄 七號 純米大吟醸 美山錦 宮坂醸造 長野

真澄七號
長野のお酒としては五本の指に入る知名度の真澄の七號、純米大吟醸のレビューです。
地元で蓬莱泉を買い求めた酒屋に置いてあったので試しに買ってみました。
なんでも宮坂醸造は七号酵母の発祥の蔵だそうで、この真澄七號もそれにあやかって付けられた名前だそうです。

というわけでYK-35とは違うこだわりを感じる真澄七號を萩の井戸風酒器に注いでみると、フルーティな吟醸香がはっきりと漂ってきますね。
口に含むとそこそこ強めに辛味が広がっていきます。
喉を通るときも最後まで辛さの主張が強く、甘みは全く感じませんね。
淡麗系ではありますが、はっきりとした辛口であって甘みのニュアンスを感じさせるお酒とは一線を画しています。

評価は可ですね。美味しいですが何にでも合うというわけではありませんので、これを飲む時は肴をある程度吟味した方が良さそうです。

真澄 七號
純米大吟醸
美山錦
精米歩合 40%
日本酒度+-0
酸度 2.1
宮坂醸造 長野

日本酒 ブログランキングへにほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村