FC2ブログ

文佳人 夏純吟 アリサワ酒造 高知


和おんで四合買いした文佳人夏純吟のレビューです。
名前はどっかで聞いたことがあったかな程度で瓶を見ても使用米すら国産米としか書いてありません。
大嫌いな酒米がある自分としては、使用米不明なお酒は小売店で見掛けても家飲み用に手を伸ばすことは絶対に無いのですが、外飲みなので試しにチャレンジしてみました。

香りはかなり高いです。
フレッシュな果汁系ですね。
口に含むと一気に酸味が広がり、辛味が後から追いついてきますね。
すっきりさっぱり系で流れ方も爽やかです。

夏純吟の名前の通り、暑い夏に爽やかに飲めることを意図した味わいなのでしょう。
ただ酸味とフルーツ感がちょっとキツすぎて、日本酒というよりはリキュールや白ワイン的ですね。新政の嫌いなタイプのスペックに似ているというか…。
酸味系果実酒に近い印象なので、普通なら日本酒に合う料理が必ずしも合うとは限らないタイプなので注意が必要です。
この日の品で言えば、岩牡蠣はよく合いましたが、繊細な鱚の造りは味わいをぶち壊しで全く合いませんでした。
その辺をわかって飲むなら可というレベルかな。
日本酒としては変化球過ぎて評価不可。

文佳人
夏純吟
使用米 国産米、詳細不明
精米歩合 50%
日本酒度 不明
酸度 不明
アリサワ酒造
高知

酔鯨 純米吟醸 酔鯨酒造 高知 兵庫山田錦

1463735370927.jpg

和おんで頂いた高知の地酒、酔鯨の純米吟醸のレビューです。
高知のお酒もほとんど縁がなく、ブログでは安芸虎の紹介が一件あるくらいですね。
酔鯨自体も酒屋とか通販サイトで見たことがあるかな程度の予備知識しか持ちあわせていませんでしたので、まっさらな気持ちでレビューを始めます。

香りはかなり高いですね、フレッシュな果実系です。
口に含むと香りから感じる予想通りに、まずは酸味が飛び込んできます。
やや辛味も感じないでも無いですが、基本はしっかりはっきりの酸味系。
そこから甘味が顔を出して、喉に到達する頃には完全に甘味系へと変化して流れて…いきませんw
これ、余韻が非常に長いですね。
放っておいたらいつまでもジワジワと舌の上で甘味の余韻を残し続けるタイプですね。

評価としては好みとは少し異なるものの普通に美味しいので可というところです。

酔鯨
純米吟醸
兵庫山田錦
精米歩合 50%
日本酒度 +7
酸度1.7
酔鯨酒造
高知

安芸虎 限定袋吊り斗瓶囲い 純米大吟醸 山田錦 有光酒造場 高知

安芸虎純米大吟醸袋吊り斗瓶囲い
高知の地酒安芸虎の紹介です。梅田阪神で試飲販売をしており、「高知の小さな蔵なんです」という遠慮がちな売り子のおっちゃんから手渡された試飲のお酒が美味しかったので購入しています。
実際調べてみるとオフィシャルサイトも手作り感溢れていますね。
Facebookには梅田阪神の試飲販売の記事も載っていまして、遠慮がちな売り子のおっちゃんが実は社長であったことも驚きですw
安芸虎は戦国武将の安芸国虎から名を取っているそうです。信長の野望の能力値的には戦場では燃やされたり、混乱させられたりしがちな脳筋猛将型の武将のようです。
そんなやんちゃなイメージの安芸虎ですが、飲んでみると美味しいかったです、終わり。

言い訳をすると、家飲み記録で出てきましたが、かたの桜と並べて飲み比べていたんですね。
かたの桜がやや甘口系なのに比べると安芸虎は正統派端麗辛口といった印象。
家飲み用の肴は和食系が多いので、やっぱり端麗辛口系の方が合うよなーなどとかたの桜一杯に対して安芸虎三杯くらいの勢いでグイグイ飲み進めてからレビューのことを思い出しました…。
落ち着いてレビュー用にしっかり味わおうと試みたものの、既にかなり酔いが回ってしまっていて、味覚も嗅覚も美味いのはわかるけどレビューするのはさすがにちょっと憚られるような状態だったので諦めた次第ですw

美味しく飲めたのは間違いないですし、一日であっさり四合飲み切ってしまうのは可-良クラスでしょう。
ただそういう事情なので詳しいレビューは次の機会に。

安芸虎 限定 袋吊り斗瓶囲い
純米大吟醸
山田錦
精米歩合 40%
日本酒度 +3
酸度 1.5
有光酒造場 高知

日本酒 ブログランキングへにほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村