外飲み記録 クンテープ 生春巻き トムヤムシーフードスープ タイ式豚肉の串焼き  牛肉とハーブの炒め物 チキンライスのピリ辛ソースかけ


以前ランチで結構美味しかったタイ料理の老舗クンテープにディナーメニュー目当てで再訪しました。
お酒はシンハービールから。

IMG_20180128_191042HD.jpg
生春巻きはベトナム料理のお店のように段違いに美味しいというわけではなく割と普通。
サラダ代わりに料理の合間合間につまむ感じ。

IMG_20180128_191118HD.jpg
トムヤムクンはランチの時に飲んで全く好みでは無かったのですが、念のために再挑戦。
保険というかシーフード多めならマシかもと思いトムヤムシーフードスープというタイプにしてもらいましたが、やっぱこの酸っぱさは好みに合いませんね。

IMG_20180128_191531HD.jpg
お酒は続いてチャーンビール。
飲みやすいシンハーよりは多少濃い目な感じではありますが、それでも軽いタイプかな。

IMG_20180128_191745HD.jpg
タイ式豚肉の串焼き。ピーナッツソースを付けて頂きます。
不味くはないですが病みつきにはならないかな。

IMG_20180128_192539HD.jpg
最後に国産生ビール。

IMG_20180128_192301HD.jpg
牛肉とハーブの炒め物。これは美味いです。
ランチの時に美味しかったちょっとピリッとしたタイ料理の味わいを楽しむことが出来ました。

IMG_20180128_194002HD.jpg
チキンライスのピリ辛ソースかけ。これも非常に美味。
チャーハン系はタイ米との相性が良いのか前回も今回も夢中になる美味しさでした。

というわけでタイ料理で飲んでみたのですが、うーん。
まず個人的に酸味は苦手です。
中華料理最大の悪は?と聞かれて酢豚と即答するくらい酸味の主張の強い料理はダメなのですが、タイ料理はトムヤムクンは勿論ですが、他の料理も日本の出汁的な感じでトムヤムクン系の酸味を感じる品が多いのがまず合いません。
せめてこの酸味に合うお酒があればと思うのですが、本格タイ料理を謳うこの店でもタイ独自のお酒ってタイビールくらいで、他はチューハイとか軽めのカクテルばかりなんですよね。
タイビールは基本軽いので料理と合わせて美味しくなるということはあまり期待できません。
以上の理由からタイ料理は個人的に飲み用としてはチョイスから外れてしまいますね。
ただチャーハン系やピリ辛系の炒め物は非常に美味しいので、飲みなしの昼飯、晩飯としては全く問題なく今後も使いたいと思っています。
外飲み記録としては今後登場することは無さそうですが、並ばず気軽に入れるので食事用としては使っていきそうなクンテープの外飲み記録でした。
ご馳走様でした。

家飲み記録 ボイル松葉ガニ 媛貴海の造り 東南アジア風よだれ鶏 甘鯛の蕪蒸し エビ入りバンクン


常きげん吟醸王国で頂いた家飲み記録です。
土曜の割にろくな刺し身が無かったので、久しぶりに松葉ガニを購入しました。
なんか脚がカニカマみたいで、こんな味だっけ?という違和感はありましたが、甲羅付近はさすがに美味しく酒によく合います。

DSC_0029_2017121115260550b.jpg
蟹でそこそこ飲んでしまったので東南アジア風よだれ鶏をつまみつつ休憩。

DSC_0030_20171211152607ad7.jpg
夜になってブランドスマガツオ媛貴海の造りで再開。

DSC_0032_201712111526087c5.jpg
美濃吉の甘鯛の蕪蒸し。非常に美味。

DSC_0033.jpg
エビ入りバンクン。

蟹のお陰で品数の割にはそこそこ酒も進んでいつも通りに三合程。
次の機会には毛ガニにリトライしたいところですが、浜茹でが見つかるのが運次第なので、いつになるやらという家飲み記録でした。

【第九回】 洗心 純米大吟醸 朝日酒造 新潟 たかね錦


三ヶ月ぶり、レビューとしては九回目の洗心です。
去年の11月出荷分なので冷蔵庫で約一年熟成ですね。

原点のお酒は原点の器でということで萩の皮鯨に登場してもらって頂きます。
香りはいつも通りに大人しめ。
口に含むとまろやかさ半分、水っぽさ半分くらいの透明感。
徐々に広がってくる味わいは辛味と酸味が固まって同時に押し寄せて、最後は綺麗に流れ去ります。

相変わらず自分好みの淡麗辛口です。
三合くらいが酒量の限界なのですが、淡麗辛口だけは気付けば四合開けてしまいます。
いつも通り変わらず極良の洗心のレビューでした。

外飲み記録 芦屋天がゆ ルクア大阪店  旬之献立 お好み天ぷら


土曜の夕方に仕事で梅田に出たのでダメ元で足を運んだら、ガラガラで待ち無しだったので飛び込んだ天がゆの外飲み記録です。
昼とか15時位になっても行列になってるくせに、17時台だとガラガラというよくわからない混み具合に首を傾げつつ、上喜元を頂きます。

sc_201707081716047.jpg
相変わらず絶品の海老。

sc_201707081719059.jpg
夏の好物の天だねトウモロコシ。

sc_201707081726043.jpg
鮎ですと言われて出てきた鮎の天ぷら。
稚鮎じゃない鮎の天ぷらって初めてです。
味はと言うと、稚鮎のようにワタが無いので苦味がなく、繊細な鮎の身の風味は油で消し飛び、なんとも言えない寂しい味。
鮎の天ぷらはワタが最重要で、結果稚鮎という選択になるのだなと納得しました。
なんか今年は美濃吉でも小鮎の塩焼きの取り扱いが少なかったり、ここでも稚鮎の天ぷらが出てこなかったりと、稚鮎、小鮎の流通に問題でも発生しているのかと思ってしまいます。

sc_201707081743349.jpg
雲丹のイカ巻き。

sc_201707081745149.jpg
茄子。

合計15品ほど食べていてキリがないので画像はこれくらいでw
上喜元は二合。
満足度は高く、値段は安くの芦屋天がゆの外飲み記録でした。
ご馳走様でした。

日本酒 ブログランキングへにほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村