外飲み記録 和おん 金目の焼き霜 つぶ貝造り 焼きあなご アコウの塩焼きと煮付け 鴨ラーメン


本日の和おんのお酒はなんだったかよく覚えてないのですが多分東洋美人とかその辺でしょう。
付き出しはタコの子。

IMG_20180427_182033HD.jpg
静岡産のキンメを焼き霜でお願いしたのですが、もう残り少なくてということでおまけでタイラギ貝と赤貝が付いてきました。

IMG_20180427_182307HD.jpg
こちらは北海道産つぶ貝の造り。

IMG_20180427_183919HD.jpg
手ブレていますが焼き穴子。

IMG_20180427_184639HD.jpg
IMG_20180427_185746HD.jpg
淡路のアコウがお薦めということで塩焼きと煮付けにして頂きました。

IMG_20180427_190917HD.jpg
最後に好物鴨ラーメン。

お酒はいつもの通り三合ほど。
やや貝の比率の高かった和おん外飲み記録でした。
ご馳走様でした。

貴 純米大吟醸生酒 ゴリさんボトル 永山本家酒造場 山口 山田錦


IMG_20180420_184221HD.jpg
純米大吟醸Vintageと山廃仕込純米大吟醸の2品についてはS級の評価をしている山口の銘酒、貴のゴリさんボトルのレビューです。
なんか東京の有名な日本酒居酒屋とのコラボ品らしく、後から調べたら日本酒の提供方法などにこだわって新しい楽しさ、美味しさを提案しているお店みたいですね。
それを象徴するかのようにロックやライムを入れてみましょう的な内容がラベルにも記載されています。

とりあえずロックではなく普通に猪口で頂きます。
※開ける前に黒竜吟十八号を一合ほど呑んでからのテイスティングなので、やや評価に公平性を欠くかも知れません。
香りはずいぶんと大人しいですね。
口に含むと水系の透明感を発揮します。
微かに酸味を感じますが、基本的に水っぽいまま味の広がりもなく流れていく印象ですね。

所謂、水のように透き通った淡麗辛口は大好きな酒質ではあるのですが、ここまで味が薄いとさすがに話は別ですね。
ライムを入れてとありますが、そうでもしないと物足りなさ過ぎます。
日本酒苦手な人に、こんなのもありまっせ的に薦めるには良いのかも知れませんが、うーん。
ただ一応「不味い」のではなく、「薄い」だけなので、いっそカクテルのベースなどにしたりなど使い方によってはというところですかね。
貴はVintageと山廃純米大吟醸さえ呑んでおけばいいやと再確認したゴリさんボトルのレビューでした。

貴 ゴリさんボトル
純米大吟醸生酒
山田錦
精米歩合 50%
日本酒度 不明
酸度 不明
永山本家酒造場
山口

【第五回】 飛露喜 純米大吟醸 廣木酒造本店 福島 山田錦


定期的に呑まないと禁断症状が出る銘柄というわけでも無いのですが、なんか半年に一回くらい呑んでいる福島は廣木酒造本店の醸すお酒、飛露喜の純米大吟醸のレビューです。
裏ラベルには2017.10製造とあるので冷蔵庫で半年熟成ですね。

それでは早速七角切立青瓷の杯で頂きます。
口に含むとやや水っぽいタイプの透明感を発揮します。
酸味から味わいが広がるのはいつもの通りですが、甘味のニュアンスが今回はほとんどありませんね。
最後に辛味が主張して流れていくのですが、ちょい苦味が混じってくるのが少し気になります。

甘味が少なめなのはむしろ好みなので構わないのですが、最後に苦味が入り混じってくるのはうーんですね。
食事の邪魔になるほどでは無いので、然程気にはしませんが、ややブレた感のある飛露喜の純米大吟醸のレビューでした。

第二回 伯楽星 純米大吟醸 雪華 新澤醸造店 宮城 備前雄町


去年も頂いた宮城は新澤醸造店が醸す伯楽星のおりがらみ生酒純米大吟醸の二回目のレビューです。
前回、これ雄町やん…と不安に思いつつ頂いたらちゃんと伯楽星で美味しかったという記憶はあるのですが、さて今年はどうだろうと若干の不安も抱きつつ頂いていますw

香りはかなり高いですね。
レモンとか蜜柑とか柑橘系を彷彿とさせる香り。
口に含むと、ああこれ味も香りと似てフルーツ感たっぷりな酸味系ですね。
ただ精米歩合が高いせいか、やり過ぎ感は無く、後味も爽やかです。

さすがに食中酒にかけては名高い伯楽星のラベルを関するだけあって、個性はあっても決して食事の邪魔はしないお酒という印象です。
昨年のレビューを読み返してみましたが、香りの高さ以外はほぼ同じような感想ですね。
宮城のお酒の中では特に贔屓にしている伯楽星の純米大吟醸、雪華のレビューでした。

高砂 松喰鶴 純米大吟醸 木屋正酒造 三重 山田錦 雄町


IMG_20180323_184859HD.jpg
而今で有名な木屋正酒造が醸す高砂、松喰鶴のレビューです。
女将さんからは木屋正酒造が而今の前に作っていたお酒らしいですという話を伺っていますが、勿論初耳初体験のお酒です。
ツイートしたら大仏さんが木屋正の地元用のラインナップだぞと即答していたのはさすがw
詳しく調べた所、而今とは別に色々新しい試みを取り入れたお酒をかつての自社銘柄の高砂を使って販売しているようで、酵母も去年と違うものを使っていたりするらしいです。
まあ個人的にはそんな背景よりも33%雄町使用というところに警戒感を抱きつつ頂きますw

香りはかなり大人しいかな。
口に含むと水系の透明感を発揮します。
そこから酸味が切り込んでくる印象ですが、なんとなくほんの微かに微発泡感も感じますね。
酸味を転がしている内に徐々にほの甘さがふわりと立ち昇るように入り混じってきて、最後は爽快に流れていきます。

而今が甘さを中心に置いて味を整えてバランスを保っている印象なのですが、高砂は酸味を中心において甘さを添えることでバランスを保っているイメージですね。
微発泡感については裏ラベルに無濾過とあるのでそのせいかも知れません。
呑んで決して損はない可-良あたりの評価かなという高砂のレビューでした。

高砂 松喰鶴
純米大吟醸
山田錦(三分の二)雄町(三分の一)
精米歩合 45%
日本酒度 不明
酸度 不明
木屋正酒造
三重

日本酒 ブログランキングへにほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村