家飲み記録 造り【赤貝 真鰯 コチ】 鮎の塩焼き(美濃吉) 山椒のグラタン 鮎の塩焼き(阪神百貨店)


久しぶりの家飲み記録です。まずは国産赤貝の造りから。
正直、7月に入ってから見掛けるとは思っていませんでした。
時期的にも恐らくこれが最後で、次は冬以降にならないとお目にかかれないと思うので迷わず購入。
相変わらず美味でした。

DSC_0169.jpg
真鰯の造り。こちらは逆にこの時期が旬ですね。めっさ美味い。

DSC_0170.jpg
美濃吉の小鮎の塩焼きは頭も骨も全部ムシャムシャ食べられて好物だったのですが、最近は小鮎ではなくただの鮎の塩焼きになっています。
もしかしたらこのサイズでも全部食べられるかもと思い買ってみましたがやっぱ無理w

DSC_0171.jpg
少しインターバルを置いてコチの造りで再開。

DSC_0172.jpg
なだ万の惣菜、山椒のグラタン。冷製でもいけるということで、温めずに頂いています。
普通。

DSC_0174.jpg
再登場の鮎の塩焼き。

蓬莱泉吟は普通なら四合瞬殺で飲みきるのですが、やや甘味が気になってこの日は三合まで。
ただ一合残したお陰で、一日置いた時の美味さを味わうことができたのでOKかな。
三週間ぶりくらいの家飲み記録でした。

家飲み記録 小鮎の塩焼き 辛子豆腐 鴨のネギ塩ニンニク焼き 鮎の塩焼き 鴨の炙り


洗心で頂いた家飲み記録です。
美濃吉でようやく取扱が始まった小鮎の塩焼き。
頭からムシャムシャ食べられる小鮎は成魚とはまた違った美味しさ。
ちなみに小鮎の前に赤むつの造りを食べているのですが画像を忘れていました。

DSC_0125.jpg
辛子豆腐も昨年以来。

DSC_0126.jpg
この日は鴨を食べたくなっていたので、デパ地下の鶏肉屋で味付きの鴨を購入。
塩ダレにネギとニンニクを混ぜた味付けでフライパンで炒めると非常に美味。

DSC_0127.jpg
小鮎だけではなく普通の鮎の塩焼きもきちんと頂いています。
鮎に対する愛情は分け隔てなくw

DSC_0128.jpg
久々に炭火を起こして鴨ロースも炙って頂きました。

洗心は三合ちょっと頂いています。
昼は暑くてもまだ夜は少し肌寒いくらいですが、肴は夏の気配も漂い始めた家飲み記録でした。

家飲み記録 マグロ頬肉の炙り ボタンエビの造り 鮎の塩焼き×2 イクラ豆腐


東洋美人で頂いた2週間ぶりの家飲み記録です。
最初はマグロ頬肉の炙り。

DSC_0088.jpg
ボタンエビの造り

DSC_0090.jpg
阪神百貨店の鮎の塩焼き。

DSC_0091.jpg
好物のイクラ豆腐。

DSC_0093.jpg
高島屋の鮎の塩焼き。

二週間ぶりの家飲みですが、この間外飲みで微妙な日本酒と出くわしていたので、家で飲む自分好みのお酒が美味しくて仕方がなく、後半あえてセーブしてなんとか三合に留めた家飲み記録でしたw

家飲み記録 アコウの造り 媛貴海のたたき 鮎の塩焼き 米茄子の味噌焼き


飛良泉羽州蔵で頂いた家飲み記録です。
まずはアコウの造りから。

DSC_0068.jpg
ご無沙汰だった姫貴海のたたき。
トロカツオの濃厚さと炭の風味が非常によく合って美味。

DSC_0069.jpg
定番の鮎の塩焼き。

DSC_0072.jpg
ぶれていますが米茄子の味噌焼き。

羽州蔵は三合ほど。
鮎や媛貴海など懐かしい面々が再び登場してきた家飲み記録でした。

家飲み記録 造り【赤貝 赤えび イクラ】 稚鮎の抹茶揚げ 鮎の塩焼き


黒龍八十八号で頂いた家飲み記録です。
まずは国産赤貝の造り。

DSC_0054.jpg
赤エビとイクラの醤油漬け。
イクラはイクラ豆腐にするつもりが豆腐を買い忘れて、素で頂いていますw

DSC_0055.jpg
美濃吉の惣菜、稚鮎の抹茶揚げ。

DSC_0057.jpg
そんでもって鮎の塩焼き。
今年初登場ですが、大阪だとこの時期惣菜の出来合いの塩焼きはまだサイズが小さめです。
6月に差し掛かると徐々に大きいサイズの塩焼きが出てくるのですが、まあ鮎は小さくてもそれはそれで美味なのであまり気にしません。

sc_201705071159561.jpg
ところがGWに帰省したときに帰りの新幹線のお供に地元で買った鮎は、この時期でもめっさでかくて驚愕w

格別のお酒を大好物の鮎で頂いた家飲み記録でした。

日本酒 ブログランキングへにほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村