外飲み記録 和おん カツオとアジのたたき 鱧の天ぷら タコのガーリック焼き メバルの煮つけ

_20170707_184528.jpg
本日の和おんは先週のしずくの残りから頂きます。
レビューでも書いた気がしますが、一週間おいたら多少飲める味になっています。
付き出しは大好物のつぶ貝のうま煮♪


肴は由良産の鯵のたたきから。
丁寧な仕事でいろいろな味の混在した深みのある品で満足。

sc_201707071829247.jpg
対馬産カツオのたたきも同様に美味。
たたきが単に薬味を添えてあるだけではなく、一手間掛けた品を出してくれるところはほぼ当たりの店。

sc_201707071837497.jpg
徳島産鱧の天ぷら。

sc_201707071848346.jpg
タコのガーリック焼き。

sc_201707071854067.jpg
おまけの鱧の肝の湯引き。

sc_201707071856297.jpg
八幡浜の黒メバルの煮付け。至福。


お酒はしずくの残り約二合と東洋美人を一合。
本日も美味しく頂きました。
ご馳走様でした。

外飲み記録 南船場 へちもんや 鱧ちり 鰻のとろろ春巻き のど黒の塩焼き 小鮎の新茶天ぷら 茶碗蒸し 

南船場にある創作和食のお店へちもんやの外飲み記録です。
この店、北新地にも一軒ありまして一度上司とともに訪れたことがあるのですが、北新地にしては常識的な値段で、酒も料理も美味しくと良い印象があります。


お酒はグランドメニュー以外にも幾つかあり、この日はくどき上手がこの時期だけの限定品で特にお薦めということで頂いています。
自分好みの辛口で非常に美味。

sc_201707012018281.jpg
鱧ちり。鬼萩はこういう使うと涼しげで洒落てますね。

sc_201707012030403.jpg
鰻のとろろ春巻き。激美味。

sc_201707012036367.jpg
のど黒はできれば煮付けで頂きたかったのですが、塩焼きのみでした。

sc_201707012037450.jpg
小鮎の新茶天ぷら。小鮎というよりは稚鮎ですね。
美濃吉の惣菜で稚鮎の抹茶揚げというのがありますが、それ系かなと思いきやあまり新茶の風味は感じませんでした。
まあ稚鮎の天ぷら自体が好物なので問題なしw

sc_201707012054277.jpg
おまけの鱧の骨せんべいはほんのりカレー風味。

sc_201707012111029.jpg
最後に茶碗蒸しを頂いて締め。

店内は落ち着いた雰囲気ながらお洒落でもある造りです。
創作和食ということでおっさん客中心かなと思いきや、かなり女性グループが多いのが意外w
とは言えカウンターもテーブル席も十分に席数があり、おっさんが隅っこで一人で飲んでいてもOK。
料理は創作系に強みがあるので、素材系よりは一手間加えたような品がお薦めですね。
美味しいけれど二の足を踏む程高いあの和食店やそこそこリーズナブルだけど予約しないととても入れないあの店に行くのが面倒という時に、気軽に丁寧な仕事の創作和食を頂く感じで重宝しそうなお店です。
くどき上手は二合頂いています。
ご馳走様でした。

外飲み記録 寿し吉 グルメ握り鶴

sc_201707011222178.jpg
前回素晴らしく美味しかったので隔週くらいで使いたいと書きましたが、なかなかそうも行かず一ヶ月ぶりくらいの寿し吉です。
お酒は鍋島特別純米を頂いています。

sc_201707011225285.jpg
付き出しの京都産いわもずく。

sc_201707011246191.jpg
sc_201707011239189.jpg
sc_201707011232259.jpg
sc_201707011259096.jpg
sc_201707011252496.jpg
定番の握りと季節の握りを堪能。
この日は真鯛がカルパッチョ風の味付けで非常に美味。
貝柱もほんのり焦がし醤油味で良い味。

鍋島は二杯頂いています。
いつも安定して高レベルで美味しい寿し吉でした。
ご馳走様でした。

外飲み記録 清和園 餃子 もやし炒め レバニラ炒め 炒飯 天津飯 天津担々麺


地元豊橋で有名な昔ながらの美味しい中華のお店清和園が6月末に閉店するということで、長年この店を愛用していた大仏様に誘われて帰省しました。
自分自身は過去数回程度の利用しか無いのですが、50年近く営業していたこともあり閉店を惜しむファンは多い様子。
この日は夜店が出る日でもあり、夜は混雑するだろうと予測して昼に突撃したのですが、自分達が入店してしばらくしてすぐ満席w
瓶ビールを頂きつつ、ようやくやってきた餃子を頂きます。

DSC_0147.jpg
DSC_0148.jpg
もやし炒めとレバニラ炒めもビールとともに美味しく堪能。

DSC_0149.jpg
ご飯物はそれぞれ別個に頼んであるのですが、大仏様がそれとは別に炒飯を二人で分けて食べようというので頼んだ炒飯w

DSC_0150.jpg
大仏様が頼んだ天津飯。一口頂いたので欠けていますw

DSC_0151.jpg
天津飯と担々麺で迷って合わせ技の天津担々麺w
美味いです。

昼に入ることも、これでこの店最後の大仏様がめっさ食べることも予測して朝飯抜きで帰省したのですが、これだけ食べるとさすがに店を出るときは腹が破裂しそうになっていましたw
ちなみに大仏様は朝もガッツリ食べていても尚余裕の雰囲気。さすがであるw

ビールは二人で(といってもビールだけはほぼ自分ひとりで)2本空けています。
この記事がアップされる時点では既に閉店済みで、6月最終日近くはおばちゃんの過労死を心配するレベルで混雑している様子がツイッターなどでも散見されましたが、とりあえずおばちゃん長い間お疲れ様でしたの清和園、外飲み記録でした。
ご馳走様でした。

外飲み記録 和おん いさぎの造り 鱧焼き霜 のど黒の塩焼き 豚トロ炭火焼き 青トロ茄子のステーキ


本日の和おんはひっさしぶりの而今(特別純米)。
上品な甘味にほのかな酸辛味が添えられて超絶美味。フルーティではありながら甘口とは一線を画すこのバランス。
ベタベタな甘口を造りやがる蔵は而今の食事にもしっかりと合う甘味を見習って欲しい…が誰でも真似られたら苦労はしないか。

sc_201706231823375.jpg
好きじゃないというか、どんなに美味くても80点までという評価のいさぎ(島根産)。
お薦めされたのと、次に出てくる鱧以外でピンとくる刺し身が無かったこともあってオーダー。
やはり80点止まりw

sc_201706231828455.jpg
韓国産鱧の焼き霜。
瀬戸内海で取れる鱧なので韓国産ってちょっと珍しいです。
味は特に違和感なし。

sc_201706231841515.jpg
いさぎの白子の七味焼きをおまけで頂きました。
いさぎ自身は80点でもおまけが付くなら話は別w

sc_201706231851383.jpg
紅瞳ののど黒。本日は塩焼き。

sc_201706231857541.jpg
豚トロの炭火焼き。数年前までは和おんで芳寿豚を食べることができたのですが、例の生肉規制強化で取り扱いが止まってしまって残念無念。

sc_201706231908014.jpg
青トロ茄子のステーキ。めっさ美味い。
この後アスパラフライも食べていたのですが画像撮り忘れ。

sc_201706231910381.jpg
これもおまけの鱧の肝やらの湯引きポン酢。
肝スキーなのがバレているのでおまけで頂きがちw

而今はさすがに美味くてスイスイ三合飲んでしまっています。
酒も料理も美味しく頂いた和おんの外飲み記録でした。
ご馳走様でした。

日本酒 ブログランキングへにほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村