外飲み記録 和おん 造り【雲丹 カワハギ カジキ】 シラサエビのフライ 鰻の白焼き 鴨ラーメン


大阪ライフで主に戸籍にバツが付いてから長く贔屓にさせて頂いた和おんの引っ越し前最後の外飲み記録です。
数少ないブログ開設前から使っていた店なので寂しさもひとしおです。
本日のお酒は女将さんが一番好きだという日高見のこちらのスペックを頂いています。

IMG_20180615_180229HD.jpg
北方領土産の雲丹で冷酒をちびちび呑む幸せ。

IMG_20180615_181007HD.jpg
IMG_20180615_181013HD.jpg
淡路産のカワハギ。
オコゼと並んでよく隠しメニューで頂きました。

IMG_20180615_181017HD.jpg
カジキ。厳密にはメカジキですね。
カメラの具合ではなく、実際に薄ピンクというかかなり白い赤みです。
見た目通り脂が乗っています。

IMG_20180615_181302HD.jpg
カワハギの胃袋など。

IMG_20180615_181601HD.jpg
お酒もおかわり。

IMG_20180615_182840HD.jpg
大阪湾のシラサエビのフライ。

IMG_20180615_183840HD.jpg
三河産の鰻の白焼き。美味です。

IMG_20180615_185414HD.jpg
この季節はもう扱っていない鴨ラーメンを特別に頂きました。

日本酒に関して言えば黒龍の石田屋や二左衛門等、而今の限定純米大吟醸など、和おんに通っていたから四合瓶で飲むことができた有名レア銘柄は枚挙に暇がありません。
魚についても初めて名前を聞くような珍しい魚、あるいはレアな部位などをたくさん頂くことができました。
9月には移転で閉まってしまうのが残念ではありますが、逆に言えば閉店する数ヶ月前まで何年も使うことができたのは幸運というか良縁だったと思います。
最後は大将とガッチリ握手をして店を出た和おんの最後になるであろう外飲み記録でした。
本当に長い間お世話になりました。
ご馳走様でした。

外飲み記録 CHINESE KITCHEN 優真 よだれ鶏 クラゲ 春巻き 牛肉の激辛四川オイル煮込み 鉄鍋麻婆豆腐 焼豚


大阪時代の四川料理については、予約必須高級系「空心」、病み付き激辛系「芙蓉苑」、コスパ最強大人気「天天酒家」等の店にお世話になりましたが、特に後半、普段使いしたい気軽で高品質系として確固たる地位を築いていた優真の最後の外飲み記録です。

IMG_20180614_181639HD.jpg
よだれ鶏は相変わらずの美味しさ。
タレに浸してある系とは違う、この系統のよだれ鶏としてはここが一番美味しいです。

IMG_20180614_182132HD.jpg
クラゲもネギダレがよく絡んで美味。

IMG_20180614_183346HD.jpg
侮れない春巻き。
小さくて細いのですが、やたら香ばしくて一口食べてうおお!と感じるレベル。

IMG_20180614_183835HD.jpg
鉄鍋麻婆豆腐も安定の美味しさ。
春先限定だったホルモン麻婆豆腐をもう一度だけ食べたかったなあ…。

IMG_20180614_184104HD.jpg
大仏さんに同行した京都の中華紀行で焼豚が割と美味しいことを知ったので頼んでみました。
まあ普通w

IMG_20180614_185052HD.jpg
所謂水煮な四川オイル煮込みは相変わらずタレをずっとレンゲで掬って舐めていたい美味しさ。

もう前職を離れていたので平日に私服で赴いたところ、「今日はお仕事お休みですか?」と聞かれていますw
ただその程度には馴染みですが、そこまで深く突っ込んだ話をしていたわけではないので、実は大阪離れるのでもう当分来れませんとは言いだせませんでした。
「いつも美味しいです、ご馳走様でした」とだけ伝えて辞去したとても美味しい四川料理の隠れ家的名店優真の外飲み記録でした。
本当に今までご馳走様でした。

外飲み記録 鮨そういち お任せ


大阪時代一番好きだった鮨そういちの最後の外飲み記録です。
付き出しは鯵。
いつもながら付き出しからして全力なので食べる側も気合が入りますw

IMG_20180612_181915HD.jpg
いつも通りまずはアテをお任せで盛り合わせ。
ここのトリ貝はかなり美味いです。
東京の某有名店で美味しいトリ貝を頂きましたが、そこと比べても一歩上を行っています。

IMG_20180612_182113HD.jpg
雲丹はこの日も淡路、三陸、北海道の三種類。
雲丹はトリ貝以上に極まっています。
雲丹好きの大将がこだわりまくって仕入れているだけあって、どこと比べても遜色ないどころか上回るレベル。

IMG_20180612_184813HD.jpg
IMG_20180612_184955HD.jpg
付き出しで使った鯵を少し違った食べ方で頂きます。

IMG_20180612_183120HD.jpg
クジラもすこぶるつきの美味しさです。

IMG_20180612_190127HD.jpg
お薦めなので鰯なんてと思わないのでしたら是非と薦められて頂いた鰯。
最高。
人生で食べた鰯の中でもダントツレベル。

IMG_20180612_200957HD.jpg
あとはお任せ鮨。

IMG_20180612_201034HD.jpg
IMG_20180612_202151HD.jpg
IMG_20180612_203603HD.jpg
IMG_20180612_203904HD.jpg
褒めちぎっていますが、一応公平性のために難点を少し書くと、まずトロや中トロはまずありません。
大将が美味しいと思った魚を仕入れているので、鮨の定番ネタでも無いことがあります。
そうと分かって使う分には全く問題ないのですが、鮨のあのネタとあのネタを食べたい気分なんて感じで赴くと、普通に無かったりして拍子抜けということも、十分にあり得ます。
ここはあくまで大将と味覚が合う人が、大将のお薦めを頂くために通う店なので、鮨が食べたい!という使い方だと、ちょっと思惑とズレるかも知れません。

IMG_20180612_210252HD.jpg
IMG_20180612_210413HD.jpg
IMG_20180612_210632HD.jpg
IMG_20180612_211521HD.jpg
IMG_20180612_211759HD.jpg
味覚が合う自分は勿論ネタの有無など気にせずお任せで楽しく頂いています。

IMG_20180612_212500HD.jpg
最後に山椒効きまくりの赤出しで〆。

さすがにすべてのネタがというわけにはいかないものの、幾つかの品は東京有名高級寿司屋と比較しても全く劣らない上に、日本酒約三合に、これだけ頂いてだいたい毎回平均15kと、味のクオリティを考えれば素晴らしいコスパです。
大阪を離れても美味しい寿司屋は他でありつけるでしょう。
それでも、そういちの皿が食べられなくなるというのはかなりの痛手。
まあ、とりあえずはこれまでの美味しさに感謝。
ご馳走様でした。

外飲み記録 芦屋天がゆ ルクア大阪店  旬之献立 お好み天ぷら


大阪時代の天ぷらライフを象徴するお店、芦屋天がゆの外飲み記録です。
大丸心斎橋の改装工事が始まるまでは、そこのテナントに入っていた与太呂を贔屓にしており、工事で閉店と相成ってからは他にも幾つかの店を使いはしましたが、断然抜けた評価なのがこちらでした。
相変わらず海老の揚げ具合がとても良いです。

IMG_20180611_124312HD.jpg
いつも通り安価なコースから始めて足りない分を単品で補うお決まりのスタイル。

IMG_20180611_124050HD.jpg
鱧。

IMG_20180611_124550HD.jpg
コーンの奥は鮎です(稚鮎ではない)。
去年も同じことを書いた気がしますが、稚鮎の天ぷらはワタの部分が味わいの大切な要素なので、それが無い身だけの天ぷらは話になりません。
鮎を食すのに最悪の食べ方の一つと言っても過言では無いと思います。
鰻を関東風グズグズスタイルで食べるのに匹敵するくらいの重罪。

IMG_20180611_125024HD.jpg
もう一回海老でかき揚げは後回しにしてもらってコース終了。
お好み単品に移行。

IMG_20180611_130028HD.jpg
アスパラ。

IMG_20180611_130254HD.jpg
椎茸雲丹載せ。相変わらずちゃんとした雲丹を使っていますね。

IMG_20180611_130558HD.jpg
ヤングコーンは東京詣での後だとあるキーワードが頭をよぎるのですが、詳細は後日w

IMG_20180611_130808HD.jpg
タコだったかな。

IMG_20180611_131220HD.jpg
なんかの大葉巻きのイクラ載せ。

IMG_20180611_131834HD.jpg
アワビ。

IMG_20180611_132140HD.jpg
どっかの和牛。

IMG_20180611_132752HD.jpg
かき揚げを名物のお粥に突っ込みます。
本当は紀州の梅干しの天ぷらをこのお粥に突っ込むのが好きなのですが、梅干しの天ぷらが毎回あるわけではないのが残念。

というわけで昨夏に続いて今夏も鮎でやらかしてはくれたものの、それでも他の品の質は高く、その割に超高級店のような値段を覚悟しなくても良い毎回大行列なのも納得の天がゆです。
大阪天ぷらライフ後半では特にお世話になりました。
ご馳走様でした。

外飲み記録 天天酒家 よだれ鶏 四川麻婆豆腐 手羽先唐揚げ山椒味 小籠包 エビチリ 牛肉の四川煮


コスパ最強の四川系中華バル天天酒家の外飲み記録です。
こことこれまたよく使う焼き肉チェーンの五苑が実は同じ外食系列で、個人的に侮れない外食チェーンとして密かに注目しています。

IMG_20180610_171411HD.jpg
よだれ鶏は病み付きな芙蓉苑や同タイプでワンランク上の優真に比べれば見劣りしますが、普通に美味しいですし値段を考えれば十分です。

IMG_20180610_171724HD.jpg
四川麻婆豆腐も500円以下としてはあり得ない美味しさ。

IMG_20180610_172159HD.jpg
山椒まみれの手羽先唐揚げが美味すぎ。

IMG_20180610_172318HD.jpg
小籠包もジューシーで文句なし。

IMG_20180610_173818HD.jpg
エビチリも安定の美味しさ。

IMG_20180610_174352HD.jpg
いわゆる水煮な四川煮も及第点。

チェーン店価格で、下手な本格気取りの四川料理店より美味しかったりするので、若い子が殺到して週末などは予約必須なのですが、そういうのを見ると今どきの若い子も安いだけじゃなくて、ちゃんと味も見て判断しているんだなあとちょっとホッとしたりしますね。
大阪を離れるので通えなくなるのが残念なのですが、チェーン店なので間違って地元に出店してくれないかなあ…。
焼肉店と合わせて駅前に出店すれば地元他店の客を割と根こそぎ奪えると思うんですよねw
この安さでこの美味しさはなかなか地元では味わえない大阪の優良四川料理チェーン店、天天酒家の外飲み記録でした。
ご馳走様でした。

日本酒 ブログランキングへにほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村