FC2ブログ

神聖 限定品 全量山田錦 三割五分磨き 純米大吟醸 京都 山本本家

神聖純大

阪急百貨店の試飲販売で松の翠と一緒に購入しました。
記念すべき最初のレビューですが、このお酒を選んだ特別な理由は無く、単に直近で開けて飲んだからですw

酒器は田原陶兵衛作皮鯨を使用しています。

まず口に含むと特にフルーティな芳香もなく、アルコール臭が鼻につくでもなく、驚くくらいすんなりと素直に口内に入っていきます。

舌の上で味わうと直前に飲んでいた洗心に比べ、はっきりとした辛さを感じます。
しかし味わいがキツすぎるということもなく、むしろ柔らかいというかまろやかな味わいの部類に入るのではないかと思います。
洗心を比較対象にすればだいたいのお酒は味わい濃く感じますからw

喉を通ると爽やかな印象を残しますが、これは純大なら大抵のお酒はそうですね。

肴はオイル&オイスター、おぼろ豆腐(ゆず塩)、カニ缶、つぶ貝煮などと合わせましたが、どれも問題なく、濃い系、薄い系どちらの肴にも合わせることのできる万能選手といった印象です。

私の神聖の評価は、とりあえず「可-良」というところです。
今後、良確定も十分有り得る美味しいお酒でした。

神聖 限定品 全量山田錦 三割五分磨
純米大吟醸
山田錦
精米歩合 35%
日本酒度 不明
酸度 不明
山本本家 京都市伏見区

個人的、日本酒の味わい方

私なりの日本酒の味わい方、楽しみ方などを書いておこうと思います。
正直、そこまで繊細な舌では無いので、オリバがワインをテイスティングした時のような詳細な感想などはとても書けませんw
私の日本酒を楽しむポイントは四点、

1 口に含んだ瞬間の芳香
よく「フルーティな」という表現がありますが、確かに銘柄によっては本当に果物のような香りが口いっぱいに広がります。吟醸香を楽しむのも日本酒の魅力の一つですね。もちろん吟醸香を感じない美味しいお酒もたくさんあります。

2 舌の上で広がる味わい
口に含んだ後、舌の上でそのお酒の辛さ、甘さを楽しみます。個人的に肴との相性はここの味わいで決まりますね。

3 飲み込んだあとの後味
ここは単純に残るか残らないかということになりますが、ちょっと質が悪かったりすると悪い意味でのアルコール臭が気になったりします。

4 肴との相性
ここは酒単体の評価とは違うのですが、次に同じお酒に出会うことがあれば、こういう肴に合わせたいと色々想像を巡らせるのもお酒の楽しみです。

この辺りを主に意識しながら日々飲んでいます。

日本酒 ブログランキングへにほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村