あさ開 大吟醸雫酒 岩手 株式会社あさ開

あさ開大吟醸雫酒

既に紹介済みのあさ開 極上純米大吟醸 旭扇と同時購入したあさ開の大吟醸雫酒のレビューです。
極上旭扇が非常に美味しかったので、レビュー前からハードルが上がってしまっていますが、さて極上旭扇を超えられるかいかに?

というわけで黄瀬戸のぐい呑みに注いでみると、口に含む前からかなり薫りますね。
含んだ瞬間は想像通りフルーティな吟醸香が口の中に素早く一気にというイメージで広がります。
ここから吟醸香が落ち着いて酒の旨味が…という流れに乗ってきません、このお酒w
かなり長いこと口の中でフルーティな味わいを主張し続け、喉を通り過ぎる頃合いになってようやく辛さを発揮します。
その為、舌よりも喉で辛さを感じるような印象を残しながら、飲み込んだ後もかなり強い余韻を残し続けます。

極上旭扇とは似ても似つかない全く違う個性のお酒で驚きました。
評価は可ですね。一発で良を獲得した極上旭扇に比べて劣るというわけではなく違うというだけなのですが、どちらを好むかというと極上旭扇かなと。

しかしこのお酒、検索してもデータが全く出て来ない上に、ラベルにも精米歩合くらいしか載ってなくて原料米すらわからないって言うのはさすがに困りますね。

あさ開 大吟醸雫酒
大吟醸
原料米 不明
精米歩合 40%
日本酒度 不明
酸度 不明
株式会社あさ開 岩手

日本酒 ブログランキングへにほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村