FC2ブログ

外飲み記録 メーザ・エスタシオン 特選旬菜コース+お好み天ぷら

IMG_20151227_131634.jpg
年末はどこも混んでいますが、そんな時は茶屋町まで足を伸ばしてメーザ・エスタシオンに飛び込みます。
洒落たカラフェですが中身は八海山なので某氏は眉をひそめることでしょうw

IMG_20151227_132533.jpg
相変わらず画像が白飛びしてしまうので適当に飛ばしながら紹介していきます。
まずは才巻海老から。

IMG_20151227_133122.jpg
これはキスですね。天ぷら屋ならほぼ一年中食べることができるとはいえ、この時期のキスはそれ程でもないですね。
つな八でもそうでしたし。
このあと金針菜、ロマネスコカリフラワー、スイートキャロットと続きます。

IMG_20151227_133645.jpg
ブリのサラダで一息つきます。

IMG_20151227_134213.jpg
アスパラとわかりにくいですが牡蠣です。

IMG_20151227_134907.jpg
豚の角煮の里芋餡掛け。美味。

IMG_20151227_135325.jpg
アマゴは活けアマゴ。さっきまで元気に泳いでいましたが変わり果てた姿に。
非常に美味。

IMG_20151227_135643.jpg
なぜかこれだけ上手く撮影出来ていた鳴門金時と才巻海老の大葉巻。
コースはここまでです。

IMG_20151227_140849.jpg
追加のタラ白子。これは前回も紹介しましたね。

IMG_20151227_141345.jpg
ズワイガニは割と普通。他に蓮根、長芋、穴子、フグなどを頂いています。

IMG_20151227_142753.jpg
最後に釜焚き五穀米と味噌汁。

お酒は八海山、白鶴、賀茂鶴を各一合頂きました。
もうちょっと良いお酒が欲しいところですが、天ぷらは相変わらず満足です。
ご馳走様でした。

家飲み記録 ボイルズワイガニ 赤貝とヨコワの造り たらこボイル 巾着豆腐 甘エビの唐揚げ 焼き鳥盛り合わせ

20151226ズワイガニ
蓬莱泉はつなつの風で頂いた家飲み記録です。
帰省して実家での飲みを除けば、2015年最後の家飲みですが、残念なことにあまり良いカニに出会えませんでした。
サイズはかなり大きいですが、カナダ産のズワイガニです。しかも安い…。
カニは基本的に安かろう悪かろうだからなあと思いつつ食してみたところ、思ったよりは悪くありませんでした。
「悪くない」であって「良い」ではないのが、隣に並んでいた同サイズの松葉ガニは諭吉一枚軽く吹っ飛ぶお値段だったので、さすがに手が出ませんw

20151226赤貝
赤貝です。量の割には安かったのですが美味でした。

20151226ヨコワ
脂ノリノリのヨコワの造り。

20151226たらこボイル
たらこのボイルはもみじおろしポン酢で。旨し。酒が進みます。

20151226巾着豆腐
なだ万の惣菜ですが名前を忘れてしまった巾着豆腐です。
レンジで温めて頂いています。

20151226甘エビ唐揚げ
甘エビの唐揚げはフライパンで乾煎りして。

20151226焼き鳥
最後はとり鹿の焼き鳥で終了。

2015年最後の家飲みですが特別これという内容もなく普通に四合飲み切って終わりましたw

蓬莱泉 はつなつの風 純米大吟醸 関谷醸造 山田錦

蓬莱泉はつなつ
蓬莱泉の夏季限定生酒はつなつの風のレビューです。
スペック的には空に近いというか、よくよく調べてみたら空を熟成させる前の生酒状態で出荷するのがこのはつなつの風だそうです。
この空の生酒バージョンは春、夏、秋の三回、季節限定で出荷しているようで、はつなつの風については三ヶ月生のまま熟成しているみたいです。
7月の吟を買うついでに購入しています。

さて、2015年最後の家飲みで開けたはつなつの風を萩の皮鯨に注いで頂きます。
香りは結構高めですね。口に含むとかなりしっかりとした甘旨味が広がっていきます。
酸味のニュアンスのない丸い印象が蓬莱泉らしさを多少感じさせてくれます。
後味は多少余韻を残しつつも基本的にさっぱりと流れ去っていきますね。

空をもう長いこと飲んでいないので、比較しようにも味を思い出せないのが少し残念ですが、評価としては空と同じく可はクリアです。
今年は春や秋の季節限定酒も試してみようかな。

蓬莱泉 はつなつの風
純米大吟醸
山田錦
精米歩合 45%
日本酒度 不明
酸度 不明
関谷醸造 愛知

外飲み記録 新宿つな八なんば店 平目の造り お好み天ぷら大量

IMG_20151223_124243.jpg
ガッツリ天ぷらを食べたくなったものの雨が降り出しそうな気配で、梅田に出るのは億劫なので近くのつな八に飛び込みました。
祝日のお昼時なので行列が酷いようなら高島屋の地下で惣菜でも買って家飲みに切り替えようかとも考えていたのですが、意外に空いてて5分程度の待ちで入れました。
いきなり天ぷらから行くつもりだったのですが、平目が特にお薦めということで船中八策と一緒に頂いています。
お薦めするだけはありますね。和おんと比較してもそんなに遜色ない美味しさです。

IMG_20151223_125001.jpg
天ぷらはお好みで山程頼んでいます。まずはタラ白子から。
揚げ具合は相変わらず文句なしですが、白子本体の味がちょい薄かったのが残念。

IMG_20151223_125139.jpg
定番の車海老と鱚です。鱚がちょっと物足りない。そもそも時期が悪いか。

IMG_20151223_125506.jpg
カニ甲羅焼きと牡蠣ピーマン、雲丹の海苔巻き揚げです。
カニはアツアツ&濃厚で激美味です。牡蠣ピーマンも相変わらずの美味しさ。
雲丹は悪くは無いレベルで、本日は他の二品に較べるとちょい落ちますね。

IMG_20151223_130139.jpg
好物の納豆の稲荷揚げ。美味。

IMG_20151223_130324.jpg
まだまだ続く好物の大アサリの香り揚げと奥は白エビですね。

IMG_20151223_130811.jpg
白エビを手前に持ってきつつ、穴子の一本揚げも頂きます。

IMG_20151223_131025.jpg
最後も好物のナスの深川揚げを頂いて終了。

IMG_20151223_132304.jpg
デザートは勿論、いつものアイスクリームの天ぷら。

というわけで船中八策二合と黒松白鹿一合で頂きました。
相変わらず天ぷらはいい仕事で大変に満足です。
この日はホールスタッフの数も足りているようでラウンドも頻繁で好感が持てました。
ご馳走様でした。

外飲み記録 すし萬 ふぐの唐揚げ ブリの塩タタキ ズワイガニの天ぷら タラ白子の和風グラタン お好み寿司

IMG_20151222_200844.jpg
久しぶりのすし萬、数カ月ぶりですね。お酒はいつもの九平次純米吟醸です。

IMG_20151222_201720.jpg
まずは好物のふぐの唐揚げから。

IMG_20151222_202208.jpg
続いてブリの塩タタキ。塩のおかげでサッパリ感が増して美味しいのですが、塩分多めなせいかこれだけの量でも後半ちょっと飽きてきます。

IMG_20151222_202703.jpg
ズワイガニの天ぷら。普通かな。

IMG_20151222_203323.jpg
タラ白子の和風グラタンです。和風と書いてあったものの普通にホワイトソースとチーズの味。
とても美味しいのですが、これは最後に茶碗蒸しの代わりに頼むべきでした。

IMG_20151222_205037.jpg
その後、鮨をお好みで幾つか。ボタン海老、活け車海老、大トロにあん肝です。

IMG_20151222_205759.jpg
フグ、カニ味噌、煮蛤、合鴨ローストで終了。

九平次は結局二合で頂きました。
いつも通り安定して美味しく、ご馳走様でした。

ぐい呑み 矢野直人 唐津焼 朝鮮唐津

本日からは平常運転ということで月水金の週3回更新になります。ご注意下さい。
朝鮮唐津矢野直人

ギャラリー縄という職場から程近い小さな陶芸専門のギャラリーに唐津焼の作家さんの展示を見に行った際に、偶然見かけて買い求めた朝鮮唐津のぐい呑みになります。
朝鮮唐津と言いつつ実は技術的な点では朝鮮とはほとんど関係なく、日本で独自に発達した技法だそうです。
朝鮮というのは当時の日本にとって一番身近な外国だったので、外国的と表現するのに朝鮮を付けることがあったそうです。朝鮮唐津という言葉を現代的なニュアンスで表現するなら「舶来製品のような趣の唐津焼き」といったところでしょうか。

さて朝鮮唐津と言えば黒飴釉の上から海鼠釉をかけた変化の具合が一番の見所です。
※海鼠釉の上から黒飴釉を掛けることもあるそうです。
個人的には滴り流れ落ちる感じがよりよく出る立ちぐい呑形の縦長の酒器が朝鮮唐津には一番合っているように感じます。
海鼠釉は白が強く出ることもあれば、この酒器のように青っぽい色合いに変化することもあるようで、今回は姿形と色合いのバランスが好みだったこのぐい呑みを購入しましたが、白主体の朝鮮唐津もいつかコレクションに加えたいと考えています。

というわけで釉薬の流れ落ちる様が素敵な朝鮮唐津のぐい呑みの紹介でした。

家飲み記録 ボイル毛ガニ 白エビとタラの芽の天ぷら タラ白子ポン酢 ガシラとアシアカエビとウマヅラハギの造り

20151220毛ガニ
禄乃越州で頂いた家飲み記録です。
また毛ガニかよ!というツッコミが聞こえてきそうですが、この毛ガニは梅田阪急で購入しており、いつも購入している大阪高島屋の毛ガニではありません(だから何だよという話ですがw)。
毛ガニは大阪高島屋でちょいちょい浜茹でを買えるので、基本的に毛ガニは高島屋、松葉ガニを梅田阪神でと使い分けています。
その為、梅田阪急の毛ガニを買うことは滅多にないのですが、この日の梅田阪神の松葉ガニがちょっと微妙だったのと、先日は高島屋で毛ガニではなくタラバガニを購入して失敗したという事情もあって、梅田阪急の毛ガニ初挑戦です。
味は解凍品だったので、高島屋で買う浜茹で品よりは明らかに落ちますが、まあ及第点でしょう。

20151220白えびタラの芽
白エビとタラの芽の天ぷらです。物産コーナーの惣菜で、乾煎りして温めなおして頂いています。

20151220白子ポン酢
白子ポン酢は高いけれど美味しい方の店で。
この日は絶好調に酒が進んで、この時点でもう禄乃越州四合開けてしまいましたw
しかし、この日はかなり鮮魚で熱い品が多く、まだまだ用意した肴が控えています。
そんな時には気軽に開けることのできるコスパに優れたあのお酒、紀土の登場です。

20151220ガシラ
というわけで、紀土を朝鮮唐津の器に注いで頂くのはガシラの造り。カサゴと言った方がわかりやすいですね。
知名度は高いですが百貨店の鮮魚コーナーでも今冬初めてお目にかかったくらいレアな魚です。
瀬戸内海でも捕れるので大阪では割と鮮度の良いガシラに出会うことができるのですが、劣化が異常に早いらしく造りはかなり気を遣うそうです。
昔、寿司屋の大将が今日仕入れたカサゴだからお薦めするけど、明日まで残ったら炙ったりしないととても鮨では出せたものじゃないと言っていたのを思い出します。
活け〆のこちらは大変に美味でした。

20151220アシアカエビ
以前、5尾入でこの2尾と同じ値段のアシアカエビを買って激しく後悔したので、本日は5尾も2尾も両方置いてありましたが、ケチらず2尾入を選びました。安定の美味さ。

20151220ウマヅラハギ
この日は鮮魚がとにかく良い品ばかりだったので、豆腐も焼き鳥も一切買わずに魚オンリーです。
そんなわけで普通下位打線で出てくるような肴ではないウマヅラハギの造りw
肝さえあればと言ったことがありますが、このウマヅラハギについては身もとても美味しく素晴らしかったです。

この辺で記憶を失ってしまいましたが、禄乃越州四合と紀土は一合強くらいで頂いた非常に満足度の高い家飲み記録でした。
これからはこの日の鮮魚縛りみたいに、何か系統を絞って肴をチョイスするのもありかなと思ったり。

禄乃越州 純米大吟醸 朝日酒造 新潟 千秋楽

禄乃越州

2016年最初のお酒のレビューは朝日酒造の越州シリーズ季節限定酒、禄乃越州です。
禄乃越州は千秋楽という聞いたことのないお米を使用しています。
調べてみたらほとんど滅びかけていたお米を朝日酒造が復活させて、そのお米で創りだされたのが越州というブランドのようです。
禄乃越州は越州ブランドの最高峰であり4月と10月の限定販売品になります。
入手は勿論いつも洗心を購入している特約店からです。
ちなみに家飲み、外飲み含めて初めてです。

さて、そんな禄乃越州を黄瀬戸の器に注いで香ってみますが、割と穏やかな感じですね。
前日に飲んでいる國権よりは明らかに控えめです。
口に含むとほんのり甘酸味が静かに展開していきます。
あまり変化するタイプではなく、最初に感じた味わいが徐々に口の中に広がっていって、ゆっくりしぼむように流れ去っていきます。
適度な甘味と酸味のバランスのおかげで非常に飲みやすく、肴と一緒にグイグイ行けてしまう系のお酒ですね。

というレビューを書いたあとにスペックを調べるためにオフィシャルサイトを検索したら、蔵元評価では香りは「非常に高い」になってますw
えー!?と思いながらも、自分がやや控えめに感じたのは事実なので、仕方なくそのままレビューにしました。
とりあえず評価は可はクリアです。
販売が年に一回ならとりあえず一本はおさえておきたいお酒ですね。

禄乃越州
純米大吟醸
千秋楽
精米歩合 40%
日本酒度 +2
酸度 1.1
朝日酒造 新潟

家飲み記録 造り四種盛り 造りの切り落としユッケ ボイルタラバガニ 青竹豆腐 海老とジャガイモのマヨソース 大海老フライ アジフライ

新年あけましておめでとうございます。
とりあえず大晦日の更新の通り、2016年からは更新を週4回にしますが、まだ2015年の記事が残っているので三ヶ日については、予約投稿で毎日更新しています。
4日以降は月火木金になるでしょう。

20151219造り盛り合わせ
というわけで年明けですが何ら変わり映えのないいつもの家飲み記録です。
内容としては26日にレビューを上げた國権を頂きながらの家のみですね。
この日は単品系鮮魚がかなり微妙だったので、四種盛りで妥協しています。

201512119切り落としユッケ
切り落としで作ったユッケはちょい微妙。マグロとかサーモンとか統一された味の方が良いですねw

20151219タラバガニ
解凍済みの割に少しシャリシャリしていたのでしばらく常温で放置していたボイルタラバガニです。
カナダ産だったかな。
年末の家飲み振り返り記事でも書いた気がしますが、カニはやはり鮮度が大切ですね。
この程度の味わいなら同じ価格帯で買える近海産の毛ガニや松葉ガニの方がはるかに美味しいです。
どちらも無かったので妥協して買いましたが、当分タラバガニは少なくとも家では食べないでしょうw

20151219青竹豆腐
久在家の青竹豆腐と海老とジャガイモのマヨソースです。
マヨソースのジャガイモがちょっと固くて微妙。豆腐はいつも通りの安定感。

20151219揚げ物
エビフライとアジフライですが、実はこの時点で國権は飲み干してあって、ただの晩ごはんです。

というわけで國権四合で頂いた家飲み記録でした。

日本酒 ブログランキングへにほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村