FC2ブログ

外飲み記録 和おん のど黒の造り 鰆の天ぷら アジフライ フグ白子の一味焼き エビカツレツ インカの目覚めのバター焼き


毎週恒例和おんの外飲み記録です。
お酒は而今特別純米ですが、残りが一合半ということなので残り全部カラフェに入れてもらっています。
紅ひとみののど黒は煮付け、柚庵焼と頂いてきたので今回は造りで頂いています。
画像が白飛びしてしまっていますが、素晴らしく美味しいです。

IMG_20160122_190250.jpg
続いて香川産鰆の天ぷらです。
天ぷらはよく行きますが鰆の天ぷらはあまり食べていないので頼んでみました。普通の美味しさ。

IMG_20160122_191047.jpg
愛媛産アジのフライです。切り身のフライをタルタルソースで頂きます。問題なく美味。

IMG_20160122_191529.jpg
天草産フグの白子は前回ポン酢で頂いたので今回は一味焼きです。激美味。
お酒は而今が切れてしまったので作を頂いています。雅の智だったかな?

IMG_20160122_192302.jpg
エビのカツレツです。意図的では無いのですが見返してみるとこの日は割と庶民的な料理を多く頼んでますねw

IMG_20160122_192815.jpg
最後はインカの目覚めのバター焼きです。

というわけで而今一合半、作を一合で頂いた外飲み記録でした。
ご馳走様でした。

外飲み記録 新宿つな八なんば店 お好み天ぷら大量

冬から春に掛けては好物の天だね(特に野菜系)がどんどん出てくるので毎週食べても構わないくらいの天ぷら。
そんなわけで、この日はいつもの新宿つな八なんば店に入りました。
和おんのように毎週通っているわけではないのですが、そろそろ顔を覚えられてしまったようで黙っていても地酒リストが出てきます。
お酒は菊姫を頂いています。かなり濃い目の味わいですね。

まずは好物の牡蠣ピーマンですが、これははっきりと大ハズレ。
牡蠣が臭いです。食べるのが苦痛なレベル。

IMG_20160117_194122.jpg
不穏なスタートでしたがタラ白子の天ぷらは問題なく美味。

IMG_20160117_194615.jpg
好物の野菜たちと車海老です。
野菜は菜の花、タラの芽、新ごぼうにブロッコリーです。あとは蕗のとうや芽キャベツがあれば完璧なのですが、残念ながら見当たりませんでした。
冬野菜や春野菜の天ぷらは魚介類を脇役に追いやるくらい美味で大好物です。

IMG_20160117_195101.jpg
そうは言いつつ外せない大アサリの姿揚げ。旨し。

IMG_20160117_195606.jpg
名前を忘れましたが、なんかブランドの椎茸です。大したことありませんでしたw

IMG_20160117_200108.jpg
ズワイガニの甲羅揚げ。これまた好物です。美味。

IMG_20160117_195805.jpg
好物といえば当然納豆の稲荷揚げもw

IMG_20160117_200947.jpg
大将が今日は白魚が良いのが入っていますとのことで頼んだ白魚。別に普通かな?w
白魚は嫌いじゃないですが、美味くて感動した記憶は正直ありません。上限75点くらいな評価です。
踊りや唐揚げでも大差無いかな。

お酒は昼間とんかつ屋で生中二杯飲んでいて、それがまだ抜けきっていなかったので菊姫と船中八策を各一合だけ頂いています。
全ての品に満足というわけではありませんでしたが、次を躊躇う程ではなくで、ご馳走様でした。

家飲み記録 ボイル毛がに 生穴子の炙り タラ白子湯引き ボタン海老と黒メバルの造り 明太子コロッケと明太子唐揚げ ウスバハギの肝

鍋島純米大吟醸45%で頂いた家飲み記録です。

20160116毛ガニ
さて、まずは毛ガニ。前週カニ無しだったので、この週はカニ必須と固く心に誓いながら大阪高島屋に足を運んだら、まさかのカニの仕入れ無し…。
ところが、その後訪れた阪急梅田で幸運にも浜茹での毛ガニが置いてあったので即購入しました。
というわけで毛ガニからスタートです。
浜茹でということで味も勿論美味しかったのですが、さすがに飽きてきましたねw
ちょっとしばらく毛ガニからは距離を置こうと思います。

20160116穴子炙り
続いて明石産伝助穴子(生)の炙りです。
穴子は40センチくらいのサイズが使い勝手と調理のしやすさから重宝されており、そのサイズがよく出回る夏が旬とされています。
伝助穴子も同じ種類の穴子なのですが、明石では特に300g以上のでかいサイズの穴子を伝助穴子と呼んでいます。
でかい分骨切りも面倒で昔は「役立たず」という暗喩を込めての「伝助」穴子だったのですが、近年は調理技術が著しく向上して、骨切りなども昔ほどに手間取らなくなったため、大きくて脂の乗ったこの時期の穴子も夏の穴子とはまた違った味わいの名物として流通するようになったそうです。
割と上品な味わいで美味。

20160116タラ白子湯引き
タラ白子の湯引きです。美味。

20160116ボタン海老
ボタン海老の造り。
実はボタン海老の造りは大阪高島屋しか取り扱いがなく、梅田の阪急、阪神や心斎橋大丸では手に入りません(生ボタン海老自体は取り扱っているので、自分で捌けば別)。
しかも大阪高島屋でも見掛けるのは月に一回くらいなので、海老スキーとしては見掛けると買わざるを得ないといった事情があります。
一人前としては量がちょっと多いんですけど、そういう事情なので仕方なしw

20160116明太子唐揚げ
魚介類に飽きてきたのでインターバルで明太子コロッケと明太子風味の鶏唐揚げ。

20160116黒メバル
黒メバルの造り。
メバルは鮮度が良くないと刺し身は味が薄くて微妙らしいのですが、こちらは絶対大丈夫ということだったので頂きました。
甘旨味が豊潤で美味。

20160116ウスバハギキモ
ウスバハギの肝です。本当は身も購入して自作で肝和えを作ろうと思っていたのですが、身を買い忘れ、だったら味噌と日本酒でなめろう風にしようと目論んだのですが、酔いが回ってそれも面倒になったので、肝だけポン酢で頂きました。

週1回だと鮮魚は食べたい品全部買ってしまうので、他の惣菜の付け入る隙が無くなってしまいますね。
鍋島は四合すべて飲み切りました。

鍋島 純米大吟醸 富久千代酒造 佐賀 山田錦(45%磨)

鍋島純米大吟醸45

大吟醸雫しぼり山田錦純米大吟醸に続いてまたも鍋島のレビューです。
今回は前回と同じ山田錦純米大吟醸ですが、精米歩合が45%と前回の35%よりも低くなっており、その分お値段もややお買い得になっています。
鍋島は今のところ個人的な評価は値段に反比例しているので、ある意味期待が持てますw

というわけで油滴の器に注いで香ってみると、これは結構香りが高いですね。
これまでの鍋島は「穏やか~普通」くらいの香り高さだったので、ちょっと意表を突かれています。
口に含むと鍋島の特徴である粘性やとろみは然程ではありませんが、やはりほの甘みからスタートしますね。
そして一拍置いて酸味が差し込まれてくるところまではいつも通りです。
ここから五百万石純米吟醸は旨味と酸味が絡み合いながら綺麗に流れ去り、逆に大吟醸雫しぼり山田錦純米大吟醸35%は辛味が爆発的に展開して、非常に濃い余韻を残していったのですが、さてこの山田錦純米大吟醸45%はと言うと、んーどっちかというと五百万石純米吟醸に近いですね。
ただ綺麗に流れ去るというほどさっぱりはしておらず、山田錦純米大吟醸35%よりもよりおとなしめに辛味が展開していきます。
味わいとしては五百万石純米吟醸と山田錦純米大吟醸35%の中間に位置する印象ですね。

評価は可です。うーん、個人的な好みの違いなんですけど、なかなか最初に飲んだ五百万石純米吟醸を明らかに超えてくるスペックに出会えませんねw

鍋島
純米大吟醸
山田錦
精米歩合 45%
日本酒度 不明
酸度 不明
富久千代酒造 佐賀

外飲み記録 和おん てつぶつ このわた あん肝ポン酢 のど黒の柚庵焼 ふぐの唐揚げ


毎週恒例の和おん外飲み記録です。お酒は久しぶりに而今(特別純米)を頂いています。
肴は淡路産フグのてつぶつ。美味。

IMG_20160115_182030.jpg
あん肝ポン酢と丹後産このわたです。
あん肝が素晴らしい。ポン酢の味が微かにしか感じられないくらいあん肝の味が濃厚。
勿論臭みなど全く無く、この冬食べたあん肝のなかでダントツです。

IMG_20160115_182704.jpg
のど黒の柚庵焼きです。のど黒の頂き方としては、料亭や懐石で定番の料理ですね。
個人的には煮付けのほうが好みですが、確か先週煮付けを食べているので本日はこちらで。
勿論美味です。

IMG_20160115_183109.jpg
最後はフグの唐揚げです。旨し。

いつも通り五品頼んだのですが、このわたなど少量の料理が多かったので、而今は二合まででした。
ご馳走様でした。

木村宜正 清水焼 ぐい呑み 禾目天目(トチ目天目)

木村宜正禾目天目
大阪高島屋の木村宜正作品特設展示販売コーナーで見掛けて手に取った器です。
見込みから口縁に向かって広がる花火のような窯変の美しさに一瞬で惹き込まれてしまいました。
以前に紹介した禾目天目の器は口縁から見込みに向かって禾が伸びていくような変化なのですが、それとは逆に広がるような変化が非常に面白いです。
ちょっとだけ油滴っぽさも混じっているような気もしますね。
あと清水焼の、特に天目杯は歪みのない均整の取れた姿形が多い印象なのですが、この器は口縁のあたりが割とはっきりと歪みがあって手捻り感が出ているのも惹かれた理由のひとつです。
横から写した画像だとわかりやすいですね。

ただ禾目天目の器はひとつ持っているし、二つ目を買うのもなあ…と思いながら値札を見ると「トチ目天目 ぐい呑み ◯◯円」との記載。
トチ目天目という名称は初耳です。
どうやら火花に近い広がり方のこの天目をトチ目天目と呼ぶのでしょう。
また一つ新しい知識が増えましたね、などと思いつつそれならばと店員さんに包んで頂くようにお願いしました。

帰宅してから包装を解くと、共箱にはしっかりと「禾目天目」と箱書きが…おいw
念の為に「トチ目天目」という単語で検索も掛けましたが、そんな単語はヒットせず。
値札は手書き文字だったので禾目を変換できずというわけではなく、禾目の読み方がわからなかったのかな?と予測しているのですが、高島屋でそんなことってあるのかな。

ともあれマイコレクションとしては二つ目の禾目天目のぐい呑みになりますので、この際我が家においてはこの器はトチ目天目と呼んで区別することにしていますw

外飲み記録 吟音 お好み串揚げコース

IMG_20160111_171021.jpg
法善寺横丁にある創作串揚げのお店、吟音(おとね)での外飲み記録です。
知人に連れられて訪れたことがありますが、一人飲みは初めてです。
ちなみに大阪名物といえば10位以内くらいにはランクインしてくるであろう串揚げですが、大阪人はそれ程串揚げを食べませんw
道頓堀には串揚げ屋がそれこそひしめき合っていますが、大阪人が普段使いするような繁華街、えーと…たとえば梅田ですが東通商店街では数えるほどもありません。基本的に観光客向けですね。
自分もほぼ半年以上くらいに久しぶりの串揚げ屋です。

IMG_20160111_172300.jpg
お酒は九平次純米吟醸を頂いています。他に雨後の月や酔心などがあります。写っていませんが白ワイングラスで出てきます。
コースはストップを掛けるまで際限なく串揚げが出てくるという串揚げ屋でよくあるお好みコースです。
際限なくと言っても大抵は一巡したところで、追加注文を聞かれて何本か頼んで終了というパターンですね。
画像は左から子持ち昆布、ニューカレドニアの天使の海老、右端は餅と明太子だったかな?
串の量が多くてかなりの品を忘れてしまっていますw

IMG_20160111_173408.jpg
左から和牛ヒレ、真ん中がベーコン&マスタード、右は多分ジャガイモにチーズと唐辛子だったかな。

IMG_20160111_174602.jpg
左は鮭とイクラだったかな?真ん中は蓮根にミートソースが乗っています。右端は鱚です。
創作串揚げを謳うだけあって、基本的に一手間掛けた串揚げが多いです。

IMG_20160111_175820.jpg
右端はトリュフにフォアグラが乗っけてあります。残り二つは忘れましたw

IMG_20160111_181557.jpg
左は野菜系の何かを鯛の身で巻いたものだったかな。

IMG_20160111_182936.jpg
九平次は四杯程飲んでいるため、酔っ払って完全に思い出せない何かw

IMG_20160111_184358.jpg
最後の二つも思い出せませんw

どれも美味しかったのですが、メモを取り忘れたので外見だけでは全く思い出せない品が多いです。
どの画像かわかりませんが豚もかなり美味しかったのはよく覚えています。
久しぶりの串揚げを堪能しましたが、一度堪能してしまうと当分は食べなくても大丈夫というのが、大阪人が串揚げ屋を普段使いしない理由でしょうかw
とりあえずはご馳走様でした。

日本酒 ブログランキングへにほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村