外飲み記録 和おん フグ白子と伝助穴子の造り アグー豚のヒレカツ マコガレイの煮付け グレの白子の一味焼き イサギのカブト焼き

週末のささやかな楽しみ和おんの外飲み記録です。
先週伺った際に田酒の取り扱いが始まると聞いたので、当然取り置きしてもらって四合瓶を買い取り。
というわけで本日は田酒特別純米生酒で美味しい料理を頂きます。
黒龍しずくと同様に四合瓶を買い取っていますので、こちらもレビューをあげようと思います。


さて付き出しは以前にも出てきた生姜煮。前に何の魚卵だったか聞き忘れましたが、本日はしっかり確認。
グレだそうです。相変わらず付き出しにしては美味すぎて酒が進み過ぎますw

IMG_20160219_181351.jpg
フグの白子を本日は造りで頂きます。鮮度抜群、臭みは一切なく素晴らしく美味。

IMG_20160219_181838.jpg
家飲みでも炙りでよく登場する伝助穴子は造りで頂きます。もともと和おんで食べた穴子の造りが絶品だったのがきっかけで好物になっていますので、和おんで見掛ければ当然頂きます。
歯応えと旨味を堪能。

IMG_20160219_182314.jpg
実は和おんは規制強化される前は芳寿豚を取り扱っていまして、豚刺しやタタキなども時々楽しんでいました。
規制強化されてからは取り扱いが無くなってしまっていたのですが、この日はアグー豚が入ったとのことでヒレカツを頂きました。

この後、マコガレイの煮付けを頂いていますが画像が見当たらず…。
時期外れですがやたら美味かったw

IMG_20160219_185402.jpg
グレの白子を一味焼きで頂いています。フグの白子やヒラスズキの白子の上品さに較べると味わいは濃い目です。
とは言えタラの白子とはまた違うクセですね。何というか野趣溢れる味わいw
勿論、美味です。

IMG_20160219_190424.jpg
造りで使った穴子の骨煎餅です。大好物♪

IMG_20160219_185406.jpg
一合くらいと半端な残り方をしそうだったので、追加でイサギのカブト焼きを頼んでいます。旨し。

というわけで追加の品も頼んで田酒四合一気に飲み尽くした外飲み記録でした。
本日も大満足で、ご馳走様でした。

外飲み記録 えび家 伊勢海老会席六品

たまにはすし萬以外で寿司でもと思いながら道頓堀周辺をウロウロしていたのですが、法善寺横丁で気になっていた伊勢海老料理専門店えび家になぜか飛び込んでしまいました。
店内はありふれた蕎麦屋みたいな雰囲気ですね。


着席してドリンクメニューを開いてやっちまった感がw

IMG_20160214_193104.jpg
経験のない菊司を祈る思いで頼んでみたところ、悪くなくて安心w

IMG_20160214_193842.jpg
伊勢海老の造りからスタートです。んー、普通かな?

IMG_20160214_195157.jpg
豆腐仕立ての甲羅揚げとグラタンコロッケです。コロッケは結構美味。

IMG_20160214_195917.jpg
具足煮です。食べにくいw

IMG_20160214_201356.jpg
塩焼きです。これが一番美味しかったですね。食べにくいのは変わらずですがw

IMG_20160214_203524.jpg
最後はエビ炊き椀とエビのそぼろかけご飯で終了。

まとめて食してみると、伊勢海老オンリーという事情もあるにしても海老はどう料理しても海老であって調理法によってバリエーションを持たせることがほとんどできない感じです。この辺はカニの方が優れていますね。
エビスキーではありますが、ぶっちゃけ後半飽きましたw
海老は寿司とか魚料理の合間に好物のひとつとして挟むくらいがちょうどいいなという結論に達した外飲み記録でした。
ご馳走様でした。

家飲み記録 造り【石垣鯛 ハマチ ブリ】 肝の煮付け アサリの煮付け 甘鯛のフライ 焼き鳥

IMG_20160213_125102.jpg
貴で頂いた家飲み記録です。
まずは石垣鯛の造りから。やたらテカっていて脂が乗ってそうだったので久しぶりに購入。当たり。

IMG_20160213_131752.jpg
ブリの造り。

IMG_20160213_132645.jpg
ハマチの造り。どちらも美味。

IMG_20160213_133455.jpg
これなんだっけ?なんかの肝の煮付けです。

IMG_20160213_134614.jpg
アサリの煮付け。魚の煮付けは惣菜で外れを引きまくってコリゴリなのですが、貝と肝系は問題無いですね。どちらも旨し。

IMG_20160213_140954.jpg
甘鯛のフライです。この時期、フライやら天ぷらやら甘鯛の惣菜はあちこちで目にしますね。

IMG_20160213_141732.jpg
貴が美味すぎて、夜食用だった焼き鳥も全部一気に平らげてしまいました。

というわけで貴四合で頂いた家飲み記録でした。

【第二回】 貴 純米大吟醸 永山本家酒造場 山口 山田錦

IMG_20160214_145551.jpg

二回目の登場になります貴の純米大吟醸です。
夏の終わりくらいに買っていたのですが、冷蔵庫の奥に入り込んでラベルが見えない状態だと、瓶の色合い的に複数本在庫のある洗心の予備と見分けがつかなくなってしまうため、存在を忘れられてずっと放置されてましたw
最近徐々に冷蔵庫に空きが出来てラベルが見えるようになった所、これ洗心の予備じゃなくて貴やんけ!と再発見されてのレビューになりますw

永山本家酒造場は明治21年創業、永山杜氏の指揮のもと米作りから酒造りまで一貫して行っている酒蔵です。
貴も杜氏同様にまだ若いお酒で、2001年に生まれたブランドです。
まだ生まれて20年足らずではありますが、既に全国レベルの人気、知名度のお酒になっています。
ちなみに貴は喜久酔リスペクトと言いますか、永山杜氏が喜久酔に感銘を受けて創りだしたお酒なのだそうです。
お値段的にはこの純米大吟醸の上に山廃純米大吟醸という最上級スペックがあります。
こちらもいつか試してみたいと思っています。

さて、そんな貴を波佐見焼の器に注いで頂きます。
上品な香りを楽しみつつ口に運ぶとやはり一拍置きますね。
そして本当にうっすらと酸味が下敷きになって流れながら、その上でバランスの良い甘旨味が上品に通り過ぎていきます。
余韻も爽やかで非常に素晴らしい味わいです。

いや、これめちゃくちゃ美味しいですね。
最初のレビューでも特に悪い内容を書いてはいないのですが、このお酒の美味しさに比べれば淡白過ぎるレビューだったなと反省しています。
具体的には2016年に入ってから飲んだお酒の中では現在ダントツトップくらいの美味しさです。
評価的には良どころか極良でも良いくらいですが、まだ二本目なので、あと数回は様子を見ながら評価を固めていこうかなと思います。なのでとりあえず可-良のまま。
逆に言えばもうこれは定期的に絶対飲みたいお酒ということで、今後が楽しみです。

※スペックは製造年月含めて前回と全く一緒なので省きます。

外飲み記録 和おん おこぜの造り サザエの造り のど黒の塩焼き カワハギの酒蒸し おこぜのアラの味噌汁

IMG_20160212_181147.jpg
今週も須崎産の魚が大量の和おん、外飲み記録です。
百貨店の鮮魚コーナーでもやたら四国産、高知産を目にするので、最近水揚げが増えたのでしょうか?
お酒は黒龍純吟垂れ口が入っているとのことで、そちらをチョイスしています。

IMG_20160212_181847.jpg
前回お越しいただいた時には切らしていたおこぜが今日はありますよという女将さんの勧めに従ってまずはおこぜの造りから。
初夏に鮮魚店で肝の添えられた造りがよく並んでいますが、薄造りが基本なので家飲みではなくお店で食べたい魚です。
冬のおこぜも非常に美味ですね。

IMG_20160212_182340.jpg
特大と添え書きのあったサザエの造りです。確かにでかいw
ただこれだけ大きいと歯応えがあり過ぎるのも手伝って、後半ちょっと厳しいですね。食べ疲れますw
つぼ焼きだったらよかったかな。

IMG_20160212_183422.jpg
特大とは書いていなかったものの、大きさに驚いたのど黒の塩焼き。
取っ手付きのお盆のような初めて見るお皿で登場しましたw
和おんで食べてきたのど黒の中でも屈指の大きさです。味も超絶美味。

IMG_20160212_184759.jpg
カワハギは酒蒸しで。これまた美味。

IMG_20160212_190319.jpg
オコゼのアラは唐揚げと味噌汁どちらにします?と大将に聞かれて、そんなん選べるか!と悩みつつ味噌汁に。激美味。

ここのところ酒も料理も大当たりが続いている絶好調の和おんの外飲み記録でした。
黒龍は確か三合頂いています。ご馳走様でした。

家飲み記録 造り【ウマヅラハギ ミル貝 赤貝 ヒラメのエンガワ】 真フグの炙り イクラおろし ズワイガニの天ぷら 大エビフライ 穴子の一本揚げ カニ豆腐

IMG_20160211_114833.jpg
蓬莱泉の吟で頂いた家飲み記録です。
まずはウマヅラハギの造りから。2月中旬頃の記録なので、そろそろ旬も終わりそうかなということで購入しています。

IMG_20160211_120007.jpg
逆にチラホラ見掛けるようになるミル貝です。
ミル貝にはミルクイと白ミルの二種類が流通していますが、こちらは白ミル(安い方)です。
ミルクイを食べたければ春先にちょっとお高い寿司屋などに行かないと難しいですね。
安価な割に水管もついていて美味でお得な品でした。

IMG_20160211_122437.jpg
定番の赤貝とヒラメのエンガワです。赤貝は前回のような国産品ではなくて輸入品w
でも問題なし。

IMG_20160211_121129.jpg
真フグの炙りです。安いフグと言えばこれですねw
トラフグなどと同じく冬が旬の筈ですが、なぜか晩冬の頃にやたら目にすることが多いです。

IMG_20160211_124139.jpg
時々無性に食べたくなるイクラの醤油漬けと大根おろしのコンビ。非常に酒と合います。

IMG_20160211_125910.jpg
ズワイガニの天ぷらです。すり身かと思ったら、普通にほぐし身を丸めて揚げてありました。

IMG_20160211_130503.jpg
大海老フライと穴子の一本揚げです。穴子と並べるとエビフライの大きさがわかりやすいです。
このフライ系を胃に収めたところで酔いつぶれていますw

IMG_20160211_201935.jpg
夜に起きだして晩飯代わりにカニ豆腐でほんの少しだけ残っていた吟を飲み干して終了。

蓬莱泉の吟で頂いた家飲み記録でした。

【第三回】蓬莱泉 吟 純米大吟醸 関谷醸造 愛知 山田錦

IMG_20160214_145454.jpg
三回目の紹介となる蓬莱泉の吟のレビューです。
ブログ的には三本目ですが、実際には年末に実家に持ち帰ったり、知人宅に呼ばれた際に土産として持参したりしていますので、ブログ初紹介時からのカウントだと六本目くらいですね。

実はこの吟は昨年11月出荷分ではなく、7月出荷分です。
しばらく冷蔵庫で熟成してから頂こうと思っていたのですが、うっかり間違えて半年程度の保管で開けてしまいましたTT
開けてしまったものは仕方ないので、吟は盃系で頂くという個人的なこだわりに従って、万華油滴の盃で頂きます。

香りは穏やかではありますが記憶にある吟の香りよりはやや高めですね。
口に含んでもいつもの吟らしい奥ゆかしさはあまり感じません。
一拍置くような様子もなくほの甘旨味が広がっていき、他のお酒に比べれば大人しめではあるものの、吟の印象からすれば珍しくはっきりとした余韻も残しながら去っていきます。

んー、これ吟というかに近いかな?
製造年月的には第1回レビューと全く同じスペックのはずですが、随分印象が変わっています。
まあ、その辺は自分の体調や舌の状態によっても変わってくるとは思いますので、一概に酒の側の理由とは言い切れませんが。
問題なく美味しかったもののいつもの吟とはちょっと違ったのが少し残念な三回目のレビューでした。

※スペックは1回目と変わらないので省きます。

与太呂 中之島本店 おまかせコース

中ノ島にある天ぷらと鯛めしのお店、与太呂での外飲み記録です。
この与太呂、以前は心斎橋大丸にもテナントとして入っていまして(心斎橋大丸建て替え工事のため昨年末に閉店)、一時期非常に贔屓にしていました。
人生で食べた天ぷらの5割以上は与太呂心斎橋店製と言っても間違いないレベルw
そんな与太呂の中之島本店を初めて訪れました。


お酒に黒龍大吟醸があるのが嬉しいですね。しかも安いなあと思っていた所、出てきた器で納得w
ぐい呑み以上そば猪口以下くらいのサイズですね。
カウンターもテーブルも選べますが、ゆっくりしたいのでテーブル席を選びます。

IMG_20160210_190740.jpg
与太呂は天ぷらと鯛めしのお店ですが、鯛めし無しの天ぷら多めのコースをお願いしました。
車海老と小蕪、隠れているのは穴子です。
味は心斎橋大丸と全く変わりません。あっさり軽めのさっくり系、ミシュランで星二つを獲得したという北浜本店にはまだ行ったことが無いのですが、心斎橋大丸店、中ノ島本店でブレが無い以上、恐らく同じでしょう。
過去に贔屓にしていた通り、自分好みの味です。

IMG_20160210_191426.jpg
テーブル席でのコースでは数回に分けて提供されますが、どの品もしっかり熱々です。
タラ白子の大葉巻や才巻海老、イカやサツマイモですね。
サツマイモは天ぷらコースの定番ですが、日本酒とはあまり合わないのでつまみとしてはあまり好きではありませんw

IMG_20160210_185718.jpg
鱚、車海老、蓮根に与太呂オリジナルの海老パン挟み揚げです。
コースはこれで終了、追加でおこのみ天ぷらを頂きます。

IMG_20160210_192607.jpg
小エビのかき揚げ、下仁田葱、ブロッコリーとウドの芽かな。

IMG_20160210_193245.jpg
ウズラ卵と蕗のとう。

牡蠣など一部品切れがあったのが残念ですが、久しぶりの与太呂の味を存分に堪能しました。
以前贔屓にしていた心斎橋大丸は味だけでなく接客も非常に素晴らしかったのですが、中ノ島本店もやはり同じくらいしっかりしていて好感が持てます。
ただ場所が中ノ島ということで、ここに行くのでなければ他に行く用事の全く無い場所なのが厳しいw
しかも土日休みなので、今後使う機会はあまり無いかなと思います。
与太呂の味が食べたくなったら梅田大丸にもテナントに入っていますから、そちらを使うほうが便利ですしね。
ただ梅田大丸は黒龍大吟醸を置いていないので未練も残るなあ…。
お酒は黒龍大吟醸を四杯、ご馳走様でした。

外飲み記録 天ぷら牧 天然車海老のコース

大阪日本橋にある天ぷら牧での外飲み記録です。
昔は法善寺横丁にあった老舗の有名店で日本酒の品揃えがエグいです。
IMG_20160207_191753.jpg
IMG_20160207_191805.jpg
こんな感じ。
朝日酒造の呼友が飲めるお店は他では知りません。

IMG_20160207_192035.jpg
早速、呼友から頂きます。
甘辛酸味のバランスが取れたタイプのお酒ですね。キツすぎず、大人しすぎずの調和が素晴らしいです。

IMG_20160207_192839.jpg
造り四種盛り。かなり微妙。

IMG_20160207_194401_20160208161619857.jpg
茗荷と里芋の天ぷらからスタート。天ぷらを載せている器は純銀製で先代から使っている品だそうです。

IMG_20160207_195009.jpg
海老と蕗のとう。

IMG_20160207_195532.jpg
スズキとホタテ。スズキがちょっと臭い。

IMG_20160207_200239.jpg
天然車海老。

IMG_20160207_200642.jpg
その頭。

IMG_20160207_201421.jpg
蓮根と安納芋。

IMG_20160207_202059.jpg
牡蠣と鯛の松カサ揚げ。

IMG_20160207_202952.jpg
雲丹と海老の寄せ揚げ。大葉の上に刻んだ海老と雲丹を載せて揚げています。

IMG_20160207_204013.jpg
最後に鯛の雑炊。

お酒は呼友、飛露喜、田酒と頂きました。どれも素晴らしい味わい。
料理については、これだけの日本酒を揃えてあり且つ天ぷらスキーの自分が、決して場所が遠いわけでもないのに足を運ぶのは数年ぶりというところから察して頂ければと思いますw

日本酒 ブログランキングへにほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村