屋守 純米吟醸 無調整生 豊島屋酒造 東京 八反錦

IMG_20160317_185942.jpg

東京の地酒屋守の純米吟醸無調整生のレビューです。
画像にもある通り、家屋を守るという意味で「おくのかみ」と読むのですが、「やもり」という通称でも知られています。
実際背面ラベルにはヤモリが描かれていますね。
自分程度の知識では東京の地酒といえば屋守か澤乃井くらいしかパッと出てこないのですが、逆に言えばニワカ日本酒スキーな自分でも知っているくらい知名度の高いお酒でもあります。

というわけで早速トチ目天目の器に注いで頂いてみましょう。
香りは結構高いですね。ちょっと濃い系のフルーティな印象です。
口に含むとほとんど間を置かずに甘旨味が広がるのですが、酸味が追いつくのも早いです。
なんか、肝っ玉系のおかんが「ほら、ちゃっちゃと片付けて帰りますよ、さあさあ!」みたいな急かして帰っていくイメージで、あっという間に過ぎ去っていきますねw

爽快というよりは軽快、もっと言えばやや性急と言ってもいいような味わいです。
このタイプはグイグイ行けるので結構好きだったりします。
評価は勿論、可。
大阪住まいだと通販だよりになりがちですが、これから別スペックも試していきたいお酒です。

屋守
純米吟醸 無調整生
八反錦
精米歩合 50%
日本酒度 +2
酸度 1.8
豊島屋酒造 東京

山本 うきうき 純米吟醸 うすにごり生 山本合名会社 秋田 吟の精

IMG_20160311_180752.jpg
和おんで頂いた山本の純米吟醸うすにごり生酒、うきうきのレビューです。
山本合名会社はこの山本と白瀑で有名ですね。
これまで山本、白瀑共に縁が無かったのですが、今回初めて頂くことができました。

さて、そんなわけで猪口に注いで香ってみると、これは結構フレッシュというか爽快さを感じさせるタイプの香りですね。
レモンの香りじゃないけどイメージ的にはレモン系。
口に含むと酸味と旨辛味がバランス良く絡み合い、喉を通り過ぎる時も非常に軽やかにさっぱりと通り過ぎていきます。
非常に爽やかで飲みやすいという印象のお酒ですね。

帰宅後に公式を見てみたら女性向けに飲みやすさ重視ということで、それも納得の味わい。
評価は勿論可はクリアです。
白瀑も機会があれば試してみたいですね。

山本 うきうき
純米吟醸 うすにごり生
吟の精
精米歩合 55%
日本酒度 +3
酸度 1.5
山本合名会社 秋田

外飲み記録 和おん 造り【ボタン海老、キビナゴ、赤貝】 新玉ねぎと芽キャベツの炭火焼き 関アジの塩焼き 煮鯖

他にやること無いのかってくらい毎週末に通っているいつもの和おん外飲み記録です。
本日のお酒はピンクのラベルが印象的な山本純米吟醸うきうきです。
四合買いなのでまた別にレビューを上げる予定です。

IMG_20160311_181017.jpg
造りは大将オススメのボタン海老とキビナゴからスタート。どちらも美味。

IMG_20160311_181625.jpg
好物の赤貝と先ほどのボタン海老の卵です。
赤貝は素晴らしく美味。しかも結構安かったです。百貨店の鮮魚コーナーで買う明石産の赤貝より安価で、この味、最高(輸入物よりはさすがに高いですがw)。
エビの卵は結構生臭いので評価は人それぞれでしょうね。個人的には可もなく不可もなし。

IMG_20160311_181852.jpg
新玉ねぎの炭火焼き。熱くてホクホクです。

IMG_20160311_182520.jpg
ボタン海老の頭は焼いてもらいました。旨し。

IMG_20160311_183040.jpg
芽キャベツ炭火焼きです。芽キャベツは天ぷらの方が好みかな。

IMG_20160311_183806.jpg
関アジは刺し身と迷ったのですが、アジの塩焼きがかなりご無沙汰だったので、本日は塩焼きをチョイス。
フレッシュな山本とよく合います。

IMG_20160311_184950.jpg
最後の煮鯖も実に美味しく満足。

というわけで、海老赤貝スキーとしては非常に嬉しい品を頂いた和おん外飲み記録でした。
山本は当然四合飲み尽くしています。
ご馳走様でした。

外飲み記録 心斎橋 今井屋本店 鶏納豆 お好み焼き鶏 比内地鶏の豪快揚げ


やや小雨がぱらつく日曜の夜ということで人通りも少なく、多分予約無しでも行けるだろと思って入ったお店が普通に満席だったので、いつもよりかなり空いていた今井屋本店に飛び込みました。
まずは焼き物が出てくるまでの繋ぎの鶏納豆、お酒は飛露喜特別純米から。

IMG_20160306_183940.jpg
前回は品切れだった名物の白肝です。そういや規制強化されてから白肝の刺し身ってどうなったんでしょうね。
まだどっかで食べられるのかな?

IMG_20160306_184144.jpg
ねぎまは真ん中だけ熟成胸肉です。胸肉嫌いなのであまり嬉しくないw

IMG_20160306_190613.jpg
ホルモンですね。食感を楽しみます。

IMG_20160306_190903.jpg
IMG_20160306_191303.jpg
IMG_20160306_191529.jpg
せせり、ぼんじり、アスパラ。お酒は黒龍の純米吟醸にチェンジしています。

IMG_20160306_191652.jpg
明太子の炙り焼き。

IMG_20160306_192932.jpg
こちらも名物の比内地鶏の豪快揚げ。カットは店員さんが目の前でしてくれます。
味が濃いのは良いのですがちょっと歯応えあり過ぎですね。
柔らかくてオイリー&ジューシーな方が好みなので、この歯応えはちょっと苦手かな。

しばらく焼き鳥食べなくてもいいくらいに存分に鶏を堪能しましたw
お酒は飛露喜特別純米一杯、黒龍純米吟醸二杯です。
ご馳走様でした。

家飲み記録 ボイル毛がに 造り【アイナメ 赤エビ ホタテ 赤貝】

山間で頂いた家飲み記録です。なんか灰被りの器に入っている山間が変に濁って見えるw
リサイズ前の他の画像も見直しましたが、他の画像では澄んでいて、これだけが変な色合いなので光の加減の問題でしょう。


さて約一ヶ月ぶりくらいかな、久しぶりに浜茹での毛ガニに手を出しました。
そろそろ頻繁には見かけなくなる季節なので、この冬もお世話になりました的な感謝をしつつ頂いています。
さすがに蟹が肴だと飲むペースを意識して抑えないと後半の分が無くなってしまいそうな勢いでグビグビ飲めてしまいますw

IMG_20160305_142022.jpg
アイナメの造りです。かなりレアな魚です。
高級で希少価値が高いというよりは、単純に漁獲量が少ないみたいだけみたいですね。
見掛けるのは稀ですが、値段はそこまで滅茶苦茶高いわけではないです。味は普通に美味。

IMG_20160305_143346.jpg
ホタテの造りです。ホタテはバターやオリーブオイルを使った洋風調理の方が正直好きですねw

IMG_20160305_144714.jpg
久しぶりの赤エビ。安い方の赤エビですw

IMG_20160305_150657.jpg
赤貝。こちらも輸入物です。リーズナブルで味も問題なし。

IMG_20160305_152235.jpg
滋賀の地豆腐を月見豆腐にして頂きました。

揚げ物も用意していたのですが、蟹だけで二合程飲んでしまい、この時点で四合終了しています。
残りは晩飯代わりにした家飲み記録でした。

山間 純米吟醸 仕込み9号 中採り直詰め 生原酒 新潟第一酒造 新潟 五百万石

IMG_20160310_082649.jpg

2016年はあまりお酒の新規開拓をするつもりは無いのですが、そうは言っても気になっているお酒は機会があれば試したいので…というわけで山間のレビューです。
かなり人気のお酒でプレミア価格が付くほどでは無いものの、気がつけば売り切れてるねという印象。
前々から一度家飲みしようと思ってはいたのですが、通販で見掛けたりする時には冷蔵庫がパンパンだったりして購入を見送って、ということが何度か続き、2016年に入ってようやく冷蔵庫が空いているタイミングで、このスペックを見掛けたので購入しました。

家飲み、外飲み初めての山間を萩の灰被りの器に注いで頂きます。
香りはかなりしっかり系ですね。濃厚に漂うような印象です。
口に含むと一拍も置かずにいきなり酸ッ!という勢いでジュワッと弾けつつ、豊潤な甘旨味もすぐさま後を追って展開していきます。
味わいが膨らみながら喉を通りすぎ、味わいの展開からすると濃厚な余韻を残しそうなのですが、最後にまた酸が仕事をする感じで割とすっきり終わりますね。

グルメな友人が絶賛しているので開けるのを楽しみにしていたお酒ですが、成程納得の味です。
評価は可からスタートです。スペックも色々あるようなので、少しずつ試していこうかと思います。

山間
純米吟醸 仕込み9号 中採り直詰め 生原酒
五百万石
精米歩合 55%
日本酒度 不明
酸度 不明
新潟第一酒造
新潟

飛露喜 生詰 純米大吟醸 廣木酒造本店 福島 山田錦


和おんで四合買いをした飛露喜の純米大吟醸のレビューです。
福島の地酒としては一二を争う有名なお酒で、外飲みでは時々登場していますね。
特別純米クラスなら幾つか飲める店を知っていますが、今回のような純米大吟醸はなかなか機会がありません。
大阪だと小売店からの入手はかなり厳しく、通販でも瞬殺で売り切れるために、これまでもっぱら外飲みオンリー、四合買いは当然ながら初めてです。
ちなみに裏面には生詰と記載があり、その解説もありました。
火入れは搾ったあとに一回だけで、瓶詰めの時には火入れを行わない形式を指すようです。
生酒とは違うのですが要冷蔵ということで保管時の取り扱いには注意が必要みたいですね。

というわけで飛露喜を香って見ると、フルーティな香りをしっかりと感じ取ることができますね。
口に含むとほんの一拍置いてから、酸味からの辛旨味といった流れで口の中で鮮やかに展開していきます。
甘味よりは辛味の方が印象強く、喉を通りすぎたあともそこそこに余韻を残します。
はっきりとした味わいのお酒で、料理と合わせても良し、単体でも楽しんでも問題無さそうです。

外で飲む機会の多い飛露喜の特別純米に較べると明らかに雑味が少なくなっていて、でも美味しさの部分はより豊かになっているねという感想です。
評価は可ですが、これもそうそう出会えないので良にたどり着くにしても相当に時間が掛かりそうですw

飛露喜
生詰 純米大吟醸
山田錦
精米歩合 麹米40% 掛米50%
日本酒度 不明
酸度 不明
廣木酒造本店 福島

外飲み記録 和おん オコゼの造り 筍の天ぷら 活けあんこうの唐揚げ 鯖白子のバター焼き 石垣鯛のしゃぶしゃぶ オコゼのアラの味噌汁

はい、本日の和おんは飛露喜の純米大吟醸を四合買い♪
三週連続の四合買いですが、田酒、火いら寿、飛露喜純米大吟醸と勧めされなくても買うレベルというか、むしろよこせレベルの酒なので仕方ありませんw


付き出しはどろめです。鰯の稚魚ですね。
ポン酢負けしていなくて美味。ポン酢負けしがちなノレソレよりどろめの方が好みです。

IMG_20160304_181408.jpg
まずは須崎産オコゼの造りから頂きます。旨し。

IMG_20160304_182324.jpg
合馬たけのこの天ぷらです。筍の天ぷらはかなり好物です。
ちなみに合馬たけのこには「白子」という最高級品があるそうですが、未だに自分は経験ありません。
一生無いかな?w

IMG_20160304_183005.jpg
活けあんこうの唐揚げです。割と弾力に富むというか食べ応えのある食感が特徴的です。
飛露喜と特に合いますw

IMG_20160304_183811.jpg
鯖の白子の一味焼きです。鯖という魚のイメージから、割と濃い目で生臭さもきつそうな印象なのですが、拍子抜けするくらい普通に白子として美味しいですw
なんというか特徴があんまりない平均的白子味といった印象。意外。

IMG_20160304_184628.jpg
家飲みでも造りはちょいちょい食している石垣鯛ですが、この日はかなり良いものが入っているとのことでので、しゃぶしゃぶで頂きます。これまた美味。

IMG_20160304_185059.jpg
ある程度食べ尽くしたらカブトとアラをぶち込みます。絶品。

IMG_20160304_190902.jpg
そして最後は造りで使ったオコゼのアラの味噌汁♪
以前にも登場したかと思いますが、これ本当に美味しいです。

というわけであっさり飛露喜四合飲み干してしまった和おん外飲み記録でした。
ご馳走様でした。

家飲み記録 造り【黒メバル ホウボウ】 ハガツオのタタキ 雲丹とカニクリームコロッケ 警固のヤキトン


花陽浴美山錦純米大吟醸おりがらみで頂いた家飲み記録です。
まずは黒メバルの造りから。
昔は煮付けといえばメバルと言われるほどにメジャーな魚で大衆魚として親しまれていたそうですが、生息環境の変化と共に漁獲量が減ってしまって今では高級魚になったという経緯があるそうです。
昔はこんな美味い魚が大衆魚だったなんて幸せだなーと思いながら頂きます。

IMG_20160228_134235.jpg
メバルとは逆に昔は高級魚扱いで鯛と同じく子供の食べ初めにも使われていたこともあるホウボウです。
今ではすっかり大衆魚。天ぷら屋でもよく見掛けますが、敢えてお好みで頼むほどではないという位置づけですね。
メバルと連続して食べると、不味いわけではないものの差は歴然です。

IMG_20160228_135954.jpg
ハガツオのタタキです。冬が旬のカツオです。
本鰹の濃厚さを求めて食べると肩透かしをくらうさっぱりした味わいです。
正直断然本鰹の方が好みなので、一応冬が終わる前に一度くらいはということで買いましたが、いつも通りの評価ですねw

IMG_20160228_142308.jpg
九州物産展から雲丹とカニクリームのコロッケです。
オーブンで温め直してから包丁でカットして盛り付けようとしましたが、衣がやたら弾力性に富んでいて上手く切れずに潰れてしまいました。
味は問題なく美味しいです。

IMG_20160228_150737.jpg
好物の警固のヤキトンです。以前にも紹介済みですね。

というわけで花陽浴は三合半程で頂いた家飲み記録でした。

日本酒 ブログランキングへにほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村