勝駒 純米吟醸 清都酒造 富山 山田錦

IMG_20160518_213729.jpg

富山土産で頂いた勝駒純米吟醸のレビューです。
家飲み、外飲み含めて完全に初体験のお酒です。

というわけで、萩の灰被りの器に注いでみると、割としっかりと香りますね。
やや濃厚で、芳醇な味わいを予感させるような吟醸香です。
口に含むと、香りから受けるイメージとは違って、意外に柔らかいというか優しい印象ですね。
味わいは、これがちょっと、何というか、甘辛いのですが、全く分離できない甘辛さです。
表現が難しいのですが、ガムテープの糊の部分をお互いに貼り合わせたらちょっとやそっとじゃ剥がせないみたいな。
甘さと辛さを両方感じ取ることのできる味わいの場合、甘味を意識していくか、辛味を意識していくかを自分の舌で探っていくのですが、勝駒はどれだけ頑張っても一体化した味わいのまま流れていってしまいますw
甘辛さの一体化という部分では随分頑固なのですが、全体的にはまろやかに非常に飲みやすく、後味も霧消するように綺麗です。

評価はとりあえず可から始めますが、これは是非上位スペックを試してみたいですね。

とここまでレビュー記事を書いて、通販で購入しようと検索してみたら、おいおいかなり入手困難なお酒ですよこれ…。
地元富山の特約店でなければプレミア価格で入手するしか無いみたい。
「上位スペックを試してみたいですね」とかほざいていますが、この先そうそう出会う機会があるとは思えないw

飲む時も(レビューを書いている時も)そんなレア酒とは全く知らなかったので、割と気軽にスイスイ飲み尽くしてしまいましたw
良い肴で楽しく美味しく飲めたので、全然後悔はしていないのですが、もうちょっと大切に味わっても良かったかな。
でも、こんなレア酒をそれと知らずに飲んでレビューするというのも、なかなか無いことではあるので、貴重な経験ということで、自分の日本酒知識の乏しさに若干呆れつつ、レビューを締めようと思いますw

勝駒
純米吟醸
山田錦
精米歩合 50%
日本酒度 +3
酸度 1.3
清都酒造
富山

家飲み記録 造り【アコウ コチ マグロ頭肉】 鮎の塩焼き 安心堂かぐや姫 手羽先餃子


蓬莱泉の吟で頂いた家飲み記録です。
2016年初アコウです。これが手に入ったから吟を開けてお迎えしています。
シャキッとした歯応えが素晴らしく美味。

IMG_20160507_121957.jpg
こちらは最近常連のコチ。
続けて頂くと、歯応えのアコウに対して、旨味のコチという印象ですね。
勿論美味です。

IMG_20160507_123226.jpg
手ブレていますが、鮎の塩焼き。
冷める前に食べたいから焦って手ブレたというわけでは決して無くw

IMG_20160507_124049.jpg
前回同様実家で頂いて美味しかった豆腐&オリーブオイル&塩の組み合わせです。
んー、微妙w
オリーブオイルが違うのかもしれない。
結局途中からは普通に塩だけで頂きました。

IMG_20160507_130600.jpg
点天の手羽先餃子は二本はオリジナル、もう二本はひき肉の入ったハンバーグ風味。
ここで一旦休憩を挟んでいます。

IMG_20160507_193348.jpg
インターバルを挟んだので酒器をチェンジして、最後にマグロ頭肉の造り。
筋は入っていますが、割とトロのような口の中でとろけるタイプの味わいです。

コチに続いてアコウまで出てくるようになると、鮎の塩焼きも加わって、本当に週末の家飲みが楽しみで仕方ありませんw
というわけで、吟とともに頂いた家飲み記録でした。

【第四回】蓬莱泉 吟 純米大吟醸 関谷醸造 愛知 山田錦

IMG_20160510_230702.jpg

はい、四回目になる蓬莱泉の長期熟成純米大吟醸、吟のレビューです。
冷蔵庫の在庫は残り二本ですが、7月出荷が近付いていますので気軽に開けてしまいます。
第三回がちょっといつもと違った印象だったので、これはどうだろうなー、と思いながら禾目天目のぐい呑みで頂きます。

口に含むと、んー、水っぽいかな。
私の言う日本酒の透明感と水っぽさは、それぞれ似ているようで別のニュアンスなのですが、これは「水っぽい」ですね。
吟はこれまで透明感という方が相応しい味だったのですが、早くも違和感。
そこから大人しめの味わいではありますが、酸味が少し強めに展開していきます。
ほの甘さと辛味も感じはするのですが、いつも以上に酸味が気になります。

いつもの吟では無い味だけど、第三回ともまた違うなーと思いつつ、別に不味いわけでは無いので、肴と一緒に飲み進めます。
二、三品程肴を食べてから、ふと口に運んだ時に、「あれ?これいつもの吟じゃね?」って味わいになっていることに気付きます。
水っぽさが消え失せて、記憶の通りの透明感、その後にやってくるほの甘さの混じった上品過ぎる旨味。
これまでは時間を置かなくても良かったのですが、今回の吟については少し時間を置いてからようやく真価を発揮してくれました。
製造年月は第二回と変わらないのですが、スペック全く同じでも印象全然違うやんけ!というのはよくあることなので、むしろ途中でいつも通りに戻ってくれただけでもありがたいw
洗心もそうですが、同じ酒を繰り返し飲んでいるからこその発見や驚きというのも酒の楽しみ方の一つなんでしょう。

スペックは本文にある通り第二回と全く同じなので省きます。

外飲み記録 和おん ヒラマサとたもりの造り のど黒の塩焼き アサリの酒蒸し 鯛兜の煮付け


GW中の平日は休みかと思ったら営業しているとのことで訪れた和おんの外飲み記録です。
サミットの影響でさっぱり而今の入荷が無くなってしまい、このところはずっと黒龍の吟十八号を頂いていたのですが、本日は気分を変えて久保田の三十周年記念酒を頂きました。
これ、他の店で飲んで微妙だったので避けていたのですが、和おんで飲んでもやっぱり微妙ですね。
辛さのしつこさがどうにも自分好みではありません。
好みではないことを再確認したものの、実は自宅に一本四合瓶があったりして、始末に困っていますw

IMG_20160506_181336.jpg
長崎産のヒラマサ(左)と淡路産のたもり(右)の造りから始めます。
どちらも去年も和おんでよく頂いた品ですが、昨年のこの時期はブログを開設していなかったので、外飲み記録で出てくるのは初めてですね。
個人的にはヒラマサは常に高いレベルで美味しく、たもりは普通に美味しいくらいの評価だったのですが、この日はたもりがメチャウマ。
並べて食しても、ヒラマサより上です。
美味すぎて、好みではない久保田の三十周年記念酒も一瞬で無くなりましたw
追加のお酒は吟十八号にしています。

IMG_20160506_181820.jpg
ヒラマサの肝をおまけで頂きました。
酒飲みにはこたえられませんw

IMG_20160506_182327.jpg
紅瞳ののど黒は久しぶりに塩焼きで。何をどうしたって美味しい魚です。

IMG_20160506_182811.jpg
オマケですが、お金取って良いんじゃというレベルののど黒の肝。絶品です。

IMG_20160506_183139.jpg
アサリの酒蒸し。旨し。

IMG_20160506_184046.jpg
最後は淡路産鯛兜の煮付け。

お酒は久保田の後に吟十八号を二合頂いたので、計三合ですね。
GW中だから近海産の魚しか入荷しないかもと聞いていましたが、全く問題なかった和おんの外飲み記録でした。
ご馳走様でした。

外飲み記録 新宿つな八なんば店 お好み天ぷら

何度目かわかりませんが、つな八で天ぷらを頂きました。
お酒は前回好みではなかったことを完全に失念していて、天寶一から始めましたが、やっぱり合いませんね。
つな八は手書きの地酒リストでお酒はそれなりの種類があるのですが、結局グランドメニューに載っている船中八策が一番という気がします。


季節の品以外は取り立てて変わり映えもしないので、サクサク行きます。
車海老とアスパラ。
入店した時はそこそこ混雑していて、バタバタしていたのですが、天ぷらはいつでも安定して美味しいです。

IMG_20160505_202805.jpg
好物の椎茸の海老詰め。

IMG_20160505_203600.jpg
鱧は梅肉で。

IMG_20160505_203814.jpg
鱚。旬のはずですが、期待したほどにホクホク感も無く普通だったのが残念。

IMG_20160505_204635.jpg
芽キャベツ、タラの芽、ヤングコーン。好きな野菜達。

IMG_20160505_205259.jpg
大アサリの香り揚げ。よく頂く好物ですね。

IMG_20160505_205652.jpg
最後に当然の稚鮎と納豆の稲荷揚げ。

いつも通り安定感のある天ぷらで満足でした。
ご馳走様でした。

【雑記】奈良巡り

本当は酒器目当てで奈良に行ったのですが、ちょっと目論見が外れたところがあったので、適当に画像でも上げつつ雑記などを。

1462418893477.jpg
1462418901548.jpg
奈良自体は焼き物が有名というわけではありませんが、土地柄古美術商は多く、そういうお店の並ぶ路地ではちょっとしたウィンドウショッピングを楽しむことができます。

1462418966350.jpg
好きな作陶家の作品を時々仕入れているので寄ってみたかったお店です。
残念ながら目当ての方の作品は売り切れていましたが、6月に酒器展を行う予定で、その際には入荷もあるとのこと。
昨年、京都の三年坂美術館で展示を見た京薩摩の作家さんの個展も開いていました。

DSC_0247.jpg
奈良公園の鹿です。
春先くらいからの奈良公園の鹿は、木陰で涼んでいれば観光客が勝手に餌を持ってくるので、立ち上がりもせずに口元に運ばれてくる鹿せんべいを特別嬉しそうな様子もなく貪るだけという良い御身分です。

DSC_0250.jpg
春日大社の藤です。ちょうど見頃の時期でした。
ちなみに春日大社の周辺の鹿は、奈良公園の鹿と違って愛想よく近寄ってきます。
先に奈良公園で鹿煎餅を与えてしまっている人が多いために、春日大社に来て再び鹿煎餅を買う人が少ないから飢えているというのが主な理由です。
また子鹿が多いのも特徴で、奈良公園でだるそうなでかい鹿に餌を与えるくらいなら、春日大社で可愛く愛想の良い子鹿に餌を与えるほうが良いと、奈良に越してきた時に奈良出身の同僚から教わりましたw
ちなみに観光客の少なくなる冬の平日になると愛想が良いどころか、野生を取り戻したかのように襲い掛かってくるので要注意です。

結局この日は五重塔、春日大社、大仏殿とミーハーな観光地を徒歩で巡りました。
次に訪れるのはいつになるかわかりませんが、久しぶりの奈良の空気を楽しみました。

外飲み記録 中華処 青天 カニ玉 エビチリ 麻婆豆腐

GWに奈良に行ってきました。
実は10年ほど前に奈良に仕事で一年ほど過ごしたことがあります。
引っ越した後も仕事等で何度かは訪れているので10年振りというわけではありませんが、それでも久しぶりなので、思い出深かったり、様変わりしていたりと色々懐かしいです。
そういうわけで、久しぶりの奈良ではありますが、奈良で美味しいものを!という気は全く無く、むしろ昔住んでいた時によく使っていた食堂や定食屋を訪問しようと考えていました。
そもそも奈良自体がメシマズで有名だし

結果から言うと四連敗w
小さな蕎麦屋のカツも卵もボリュームたっぷりの卵とじカツ丼→閉店
商店街の隅っこのとんかつ屋のやたらでかい大海老フライ→閉店
特に有名でもない駅チカの中華料理屋の海老天ラーメン→閉店
職場近くでよく使っていた來來亭→機械故障で修理業者が来ないとどうにもならないw
最初の三軒はグルメガイドに載るような店では無かったので、閉店もやむ無しですが、來來亭でさすがに心が折れました。

もうどこでもいいから、ビールでもあおりつつご飯をと思って入ったのが、こちら中華処青天です。
ちなみにここも10年前は天ぷら屋でした、諸行無常。


「とりあえず生…」と言いながらメニューを開いて硬直します。
日本酒の品揃えが街の小さな中華料理屋とは思えないw
「生ビールでよろしいですか?」と確認するお姉さんに、
「いえ、生とかいらないんで、この山間下さい。一合で」
お前さっき明らかに生って言いかけたやんけと言いたげなお姉さんの視線を華麗にスルーしながら、料理も注文します。
料理は大皿と小皿の二種類から選べるので、自分のような一人飲みにはありがたいです。

IMG_20160505_115628.jpg
山間大吟醸をチビチビやりながら料理を待ちます。
大吟醸は基本的な甘酸味の中にやや辛味のニュアンスも主張する感じですね。

1462417190550.jpg
まずはカニ玉から。小皿ですが、ボリューム的には0.7人前といったところでしょうか。
恐らく二人で色々な料理をつつきたいというニーズに対応するための量かと思います。
お皿は刷毛目の鉢タイプ、日本酒が揃っている上に竹敷の膳だったので、予想はしていましたが和皿です。
難波の贔屓にしている中華のお店もそうなのですが、最近和皿で中華を出す店をよく見掛けます。流行りかな?
肝心の味はというと結構しっかり蟹の風味がして非常に美味しいです。

IMG_20160505_120355.jpg
エビチリはちょっと個人的にはケチャップ感が強すぎて好みではありませんでした。
お皿は好みでしたがw

IMG_20160505_121457.jpg
麻婆豆腐は激辛というわけではありませんが、バランス良く辛さと旨さがまとまっているタイプで、これも満足です。

この酒の品揃えと料理のクオリティなら追加注文して日本酒も三合くらいガッツリ行きたいところなのですが、この後色々歩きまわる予定なので、泣く泣く一合で諦めています。
料理もお酒も非常に満足なので、近所にあればかなりの頻度で通うであろう店ですが、奈良なので次はなかなか無いのが残念です。
とりあえず次回奈良に訪れた時には閉店していないことを祈りますw
ご馳走様でした。

家飲み記録 造り【赤貝 コチ】 鱧ちり まぐろユッケ 鮎の塩焼き 春野菜のオリーブオイル炒め


醴泉正宗で頂いた家飲み記録です。GW二度目の三連休のちょうど真ん中の日です。
まずは明石産の赤貝から。美味。

IMG_20160504_123141.jpg
鱧チリは前回と別の店で買ってみました。
鱧自体は変わらない美味しさですが、梅肉が前回の店より微妙なのが残念。

IMG_20160504_124541.jpg
定番の鮎の塩焼きです。
去年は3~4尾が当たり前でしたが、今年は造りの品数が増えているので、2尾くらいがちょうどいい感じです。

IMG_20160504_125458.jpg
卵消費用のまぐろユッケ。

IMG_20160504_130613.jpg
阪急うめだの物産コーナーよりニラ饅頭で有名らしい横浜の康華楼の焼売です。
ニラ饅頭は別の日におやつで食べているので、本日は焼売。

IMG_20160504_174658.jpg
小休憩を挟んで再開。うっかり出し忘れていたコチの造りです。

IMG_20160504_180011.jpg
実家で食べたこごみをエクストラヴァージンオリーブオイルで炙った料理が非常に美味しくお酒に合ったので、早速自作しています。
実家では網焼きで炙っていたそうなのですが、さすがに面倒なので普通にフライパンで炒めました。
追加でタラの芽も入れています。酒に合って美味い上に簡単なので、今後野菜のオリーブオイル炒めは頻繁に登場することになりそうです。

というわけで、醴泉正宗四合で頂いた家飲み記録でした。

醴泉 正宗 純米大吟醸 中汲み原酒 玉泉堂酒造 岐阜 山田錦

IMG_20160507_093433.jpg


岐阜の地酒、醴泉の正宗のレビューです。
確かどこかで飲んだ覚えがと思ってブログを漁ったところ、昨年清水焼祭りの際に和久傳で飲んでますね。
抱き合わせで買わされたのですが、和久傳の時に悪い印象も特に無かったので、醴泉なら抱き合わせでも良いかということで購入しています。

岐阜のお酒なので美濃焼黄瀬戸の器で頂きましょう。
香りは割としっかりと吟醸香が立ち昇ってきます。
口に含むと、キツ過ぎず、穏やか過ぎもせずに、辛旨味が広がっていきます。
渋味も苦味もない綺麗な酸味も多少入り混じりながら、そこそこに余韻を残しつつ流れていきます。

和久傳の時に「可もなく不可もなく」と評していますが、無難に美味しい淡麗辛口ですね。
ただ味自体は問題なく可ではありますが、お値段がちょっと…。
このクラスの値段だと良に届き得るくらいに好みに合ってこないとリピートはなかなか難しいですね。

醴泉 正宗
中汲み原酒
純米大吟醸
山田錦
精米歩合 35%
日本酒度 2.5
酸度 1.3
玉泉堂酒造
岐阜

外飲み記録 伊勢田 牛たん炙り 牛たたきユッケ 串焼き&串揚げ各種

近所の串焼きと串揚げのお店、伊勢田に行ってきました。
日本酒がアレなので、これまで紹介していなかったのですが、美味しいお店ではありますので、紹介がてらの外飲み記録です。


牛タンの炙りから。本当はレバテキという牛レバーのステーキが好物で、まずはそれから始めるのですが連休中ということで品切れのため、代わりに頂いています。
お酒は見ての通り生中。

IMG_20160503_194020.jpg
串焼き(串揚げ含む)は基本2本セットなのですが、三種類頼むと一本ずつ頂くことができます。
こちらは牛肉のハラミなどの各種部位。

IMG_20160503_194454.jpg
牛タタキのユッケです。お酒はハイボールにチェンジ。

IMG_20160503_200105.jpg
串揚げはこんな感じで出てきます。

IMG_20160503_201035.jpg
ソースは大阪らしく二度漬け禁止です。
ただ画像の通り、足りなければスプーンを使えば良いので気になりません。
写っていませんが、最後にもう一杯だけ生を頼んでいます。

気軽に入れて、リーズナブルに美味しい串揚げが食べられる近所のお店です。
ただ分煙ですら無いので、タバコの煙が苦手な方は避けたほうが無難でしょう。
自分も多少席が離れていれば気にしないのですが、カウンターのすぐ隣で吸われるとさすがに閉口するので、混雑している時は通りすぎて別の店に流れてしまいます。
分煙&日本酒が揃えばもっと頻繁に通いたい店なので、その辺だけが残念ですね。
ご馳走様でした。

日本酒 ブログランキングへにほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村