FC2ブログ

善知鳥 百四拾 大吟醸 西田酒造店 青森 華思い


田酒で有名な西田酒造店の季節限定販売大吟醸善知鳥百四拾のレビューです。
善知鳥(うとう)自体は海鳥の名前ですが、日本酒としての善知鳥は善知鳥村という地名が由来のようです。
田酒の西田酒造さんのお酒ですと和おんでお薦めされたのですが、へーこんな銘柄もあったのねくらいの認識しかなく、言われてみれば百四拾のフォントは見覚えがあるかなという程度。
まあ田酒の蔵なら問題ないかと四合買い切りして初体験です。

というわけで、どんなもんでしょうねくらいの高くも低くも無いテンションで頂きます。
香りは大人しく、直前に飲んでいた而今に比べればほぼ無しと言って良いレベル。
口に含むとかなり高めの透明感を感じます。
透明感が霧散するとほのかに酸味の混じったフルーツのような味わいが顔を出します。
薄い膜を張ったようなフルーツ感の奥底に深く潜伏しているといった様子で甘味と辛味を感じ取ることができます。
このあたりの酸味と甘味と辛味の入り混じり絡み合った複雑な味わいは、丁寧な仕事を経た和食の出汁のようで、探れば探るほど楽しく美味しく味わいを堪能させてくれます。
全体的には上品な味わいなので、最後も綺麗さっぱり流れてしつこさは皆無です。

これは美味い、というか凄い。
田酒も美味しいお酒だとは思いますが好み度で言えば善知鳥は田酒よりも数段上といって差し支えないくらい激美味です。
評価は久しぶりに1回目のレビューで文句なしの良。

帰宅して値段を調べたら、この美味さにしては随分安い。
早速買わねばと思いましたが、まずこれ青森県内限定出荷な上に8~9月の季節限定販売。
田酒がそもそも入手困難なので予測はしていましたが、善知鳥も定価のお店は全滅してました…。
まあこのクオリティで2,500円は奪い合いになっても仕方がないかな。
潔く諦めて、いつかまた縁があることを祈ります。

善知鳥 百四拾
大吟醸
華思い
精米歩合 40%
日本酒度 不明
酸度 不明
西田酒造店
青森

外飲み記録 和おん のど黒の造り ブリカマの塩焼き クエの酒蒸し カキの天ぷら 松茸と牛肉のすき焼き


本日の和おんは先週二合ほど頂いた而今の東条山田錦純米吟醸が一合程残っていると言うのでまずはそちらから。

IMG_20160930_181440.jpg
のど黒は山口産なので紅ひとみではありません。煮付けも捨てがたいのですが、本日は焼きと蒸しで絶対に外せない魚があり、逆に造りでのど黒以外にこれはという魚が見当たらなかったという事情もあって造りで頂いています。
さすがの美味しさで而今一合がのど黒を食べきる前に一瞬で終わってしまう。

IMG_20160930_182206.jpg
而今の次は女将さんが善知鳥という田酒の酒造さんのお酒がありますよと言うので、ほなそれでと軽い気持ちで四合買い。
料理はカマの中でもダントツ大好物のブリカマの塩焼き(石川産)。

IMG_20160930_182640.jpg
長崎産の和おんの今年初クエは造り、アラ炊き、塩焼きという選択肢もありましたが酒蒸しで。
鍋と並んでプリプリ感を一番楽しむことができる食べ方でしょう。

IMG_20160930_183407.jpg
浦村産のカキを本日は天ぷらで頂きます。

IMG_20160930_184000.jpg
最後は松茸と牛肉のすき焼き。
〆にうどんもありますよと言われましたが、而今の後の善知鳥が美味すぎてグイグイ言ってしまって酔いが回っていたので遠慮していますw

というわけで而今一合、善知鳥を二合強くらいかな。
料理も酒も大満足の和おん外飲み記録でした。
ご馳走様でした。

家飲み記録 造り【甘鯛 オリーブハマチ 本マグロ メイチ鯛】 カニイクラ豆腐


飛露喜で頂いた家飲み記録です。
まずは甘鯛から。白甘鯛とも赤甘鯛とも書いていなかったのですが、値段的に恐らく赤甘鯛かな?
店員さんが塩でもお薦めですよと藻塩を付けてくれたので刺身醤油と併用して頂いています。
刺身醤油と山葵のコンビを上回ることはありませんが、時々インターバルに挟むには丁度良い味ですね。

PIC_20160925_120932.jpg
続いてようやく入荷のあった大好物のオリーブハマチ。今秋初ですね。
ハマチは自分が手の届く範囲では外飲みも含めても、このオリーブハマチが抜けて美味しいです。

PIC_20160925_121556.jpg
もう見た目からしてアカンと思っていましたが、チャレンジで買ってみた本マグロ。
これは酷いw

PIC_20160925_172702.jpg
ちょっと休憩を挟んで、夜はメイチから始めます。
和おんではまた最近見なくなってしまったのですが、百貨店の鮮魚コーナーではほぼ毎週見掛けることができるのでメイチ難民にならずに済んでいますw

PIC_20160925_173753.jpg
安心堂の青竹豆腐がお値段そのままで量が半分になってしまったので、別のお店のおぼろ豆腐にカニとイクラを突っ込んで頂きます。

飛露喜は三合とちょっと。
本マグロがやらかした以外は問題なく美味しかった家飲み記録でした。

【第二回】 飛露喜 純米大吟醸 廣木酒造本店 福島 山田錦

PIC_20161003_183755.jpg

飛露喜の純米大吟醸の第二回レビューです。
第一回からは半年振りとご無沙汰してたお酒ですが、そもそも入手困難にも程があるレベルで手に入りにくいお酒なので、むしろたった半年で二本目を頂くことができたのは僥倖と言うべきでしょう。

第一回は外飲みで頂いており、今回は家飲みでのレビューになる飛露喜をお気に入りの萩井戸のぐい呑で頂きます。
香りはかなり高めで華やかに立ち昇ってきます。
口に含むとほんの一瞬だけ透明感を発揮しますが、すぐにキレのある酸味が挿し込まれてきて、その上で甘味と辛味が花開くといった印象で広がります。
やや辛味の主張が強めで、甘味三分に辛味七分みたいな配分です。
余韻はそこそこに残しますので爽やかに流れ去るというイメージではありませんが、いつまでもしつこく口に残るわけでもなくといった塩梅です。

半年振りな上にそもそもこれまでの人生で何度も飲んできたお酒というわけではありませんので、いつも通りの飛露喜らしい美味しさだなあというような感覚はまだ持つことができません。普通に美味しいお酒だなと飲んでいます。
このレビューを書く段になって第一回のレビューを読み返したら、今回のレビューと同じような感想を書いているので、安定感のある銘柄なのかも知れません(そもそもスペックが同じという事情が大きいかもですが)。
評価は可-良ですね。
次も同じくらい美味しければ良でいいと思いますが、次はいつになることか…w

飛露喜
生詰 純米大吟醸
山田錦
精米歩合 麹米40% 掛米50%
日本酒度 不明
酸度 不明
廣木酒造本店 福島

外飲み記録 和おん ボタン海老の造り 〆鯖 新秋刀魚の唐揚げ ふぐの煮付け ハマチのカマ焼き カキフライ


本日の和おんは而今の東条山田錦純米吟醸が入っているものの一升瓶なので買い切りはできず。
というか先週の八海山浩和蔵純米大吟醸が二合程残っているので、まずはそちらから。

IMG_20160923_184740.jpg
まずは北海道は噴火湾産特選ボタン海老の造り。極上の味。

IMG_20160923_185021.jpg
新潟産の〆鯖。〆鯖は自信がないときは大将が今日のはちょっと…と仰るのですが、本日はそんな前置きも無かったので、期待して頂いたところ非常に素晴らしい味。

IMG_20160923_185213.jpg
ここまで調子よく八海山をグイグイ行っていたのですが、このまま八海山を二合飲みきってから而今に移ると、酔いが回って而今を楽しめないかも…と思い、急遽而今をオーダー。

IMG_20160923_185230.jpg
というわけで、こんな感じで飲み比べつつ〆鯖を突付く幸せ。
而今は買い切りではないのでレビューは上げませんが、フルーティな甘味を楽しむことのできる而今らしい味わいでした。

IMG_20160923_185335.jpg
ボタン海老の頭は唐揚げにして頂きました。

IMG_20160923_190508.jpg
結構酔いが回ってきて、食べ始めてから画像を撮った大好物根室産新秋刀魚の唐揚げ。

IMG_20160923_191429.jpg
先週唐揚げだったので今週は煮付けでフグを頂きます。
てっさ、テツブツはまだちょっとトラウマが残っていて勇気が出ずw

IMG_20160923_191751.jpg
香川産ハマチのカマ塩焼き。

IMG_20160923_193434.jpg
最後に浦村産のカキをフライで。

お酒は八海山の残りを二号と而今二合の計四合。
酒も食事もやり過ぎてフラフラしながら店を出た和おんの外飲み記録でした。
ご馳走様でした。

外飲み記録 船場ひさ家 ホタルイカの沖漬け お好み天ぷら


週の真ん中にポツンとある祝日の夜の一人飲みは、平日だと混雑していそうなビジネス街のお店に行って、のんびり快適に…と思ってリーズナブルな串天ぷらのお店ひさ家を再訪したのですが、めっさ混んでる…。
これは料理も相当時間かかるかなということで、すぐに出てくるホタルイカで宝剣をチビチビと。

IMG_20160922_184541.jpg
IMG_20160922_185803.jpg
エビ天ぷらチリソース風味。ちょっとケチャップ感強すぎかな。

IMG_20160922_190025.jpg
好物のアスパラ。

IMG_20160922_190937.jpg
椎茸と海老しんじょう。

IMG_20160922_191445.jpg
イカゲソ。

IMG_20160922_191356.jpg
トロモモ肉。

お酒は宝剣二合頂いています。
本町のビジネス街の南端、心斎橋の繁華街の北のはずれみたいな場所にも関わらず繁盛していた船場ひさ家の外飲み記録でした。
ご馳走様でした。

外飲み記録 焼き鳥チョップ 鶏刺し盛り合わせ 鶏皮唐揚げ 鶏モモ唐揚げ お好み焼き鳥 ささみユッケ丼


軽く飲みたくて近所の店を覗いて回っていたところ、焼き鳥チョップが珍しく空いていたので暖簾をくぐりました。
まずは好物の鶏刺し盛り合わせ。
手ブレていますが、本当にいつもながらここの鶏刺しはクオリティが高いです。
お酒は日本酒を頂いていたのは間違いありませんが、何だったか完全に忘れてしまいましたw

IMG_20160921_192620.jpg
鶏皮はかなりの好物。

IMG_20160921_193218.jpg
モモ唐揚げはハーフにしてもらいました。

IMG_20160921_193921.jpg
IMG_20160921_194055.jpg
いつものレア肝など。
この日はちょい飲み程度の気分だったのでお酒も一合、焼鳥も控えめにしています。

IMG_20160921_194413.jpg
最後にささみユッケ丼を頂いて終了。

お財布に優しく美味しいいつも通りの焼き鳥チョップでした。
ご馳走様でした。

外飲み記録 おきな鮓 造り三種盛り 小鰯炊き上げ お好み鮨


近所にあるおきな鮓という寿司屋さんを初訪問。
日本酒は獺祭やいっちょらいなど五種類程。とりあえず獺祭をチョイス。

IMG_20160921_181912.jpg
お任せの造り三種盛り。どれも普通に美味しいです。

IMG_20160921_181614.jpg
焼き魚や煮魚などお酒のお供的メニューも多くあって、何かお薦めはと聞いたら、ちょうど小鰯が炊き上がったところとのこと。
それではと頂いたところ、ホクホクと柔らかく素晴らしい品でした。

IMG_20160921_183644.jpg
IMG_20160921_183827.jpg
IMG_20160921_183935.jpg
IMG_20160921_184047.jpg
IMG_20160921_184330.jpg
その後は好きなネタを適当にオーダー。

IMG_20160921_185135.jpg
そして茶碗蒸しで終了。

味は突出する何かがあるというわけではありませんが、安定感のある美味しさです。
値段もお手軽で気軽に入ることのできるお店ですね。
喫煙可なのが残念ではありますが、中高年のおっちゃんが仕事帰りに一人立ち寄って、大将と世間話に興じながらビールとタバコと寿司を楽しむようなお店なので、ここは難癖をつけるのは野暮でしょう。
ご馳走様でした。

外飲み記録 串処 最上 心斎橋店 Bランチ


初訪問から2ヶ月経っていないのにもう三回目という最上の串揚げです。
どんだけお気に入りやねんと自分にツッコみつつ生ビールから。
さすがに三回目となると書くこともそう無いので、適当に画像だけどんどん貼っていきます。

IMG_20160919_122134.jpg
IMG_20160919_122927.jpg
IMG_20160919_121530.jpg
IMG_20160919_121330.jpg
いつも通りにお仕事系から素材系まで質の高い串揚げを堪能。

IMG_20160919_124152.jpg
本日はお酒が少し余ったので最後に単品でフォアグラなども追加で頂いています。

Bランチは串15本のコースで、ご飯と味噌汁を串2本にチェンジできます。
この日は計17本+お好み2本追加で19本頂いています。
ちなみに夜は36本というコースがあるので、次回は夜に訪れて試してみようかなとw
お酒は生二杯に出羽桜純米吟醸生を二合、相変わらず素晴らしい味の串揚げを堪能しました。
ご馳走様でした。

※次回の記事は11日の予定です。

外飲み記録 正弁丹吾亭 造り【岩牡蠣 雲丹】 生湯葉 子持ち鮎の塩焼き 賀茂茄子の味噌田楽 松茸の土瓶蒸し

一人飲みで愛用するお店を選ぶ条件として、並ばず、待たず、予約要らずの三箇条をモットーにしているのですが、最後の予約要らずがネックになりがちです。
人気の店はどうしても予約無しでの入店が難しく、この日も台風が来るかもというような天気の日だったので、これなら空いているだろうと思って目当ての日本料理の店に飛び込んだら満席w
しかたなく法善寺横丁を歩いて日本料理っぽいお店ということで予備知識無しに飛び込んだ正弁丹吾亭での外飲み記録です。


もともと何も考えなくていい日本料理のコースをと考えていたので、こちらでも何かコースがあればと思ったのですが、コースは要予約…。
止む無く単品系を幾つか注文します。
お酒はメモをしていなかった上に、この記事自体が訪問後10日くらい後に作成しているため、記憶があやふやなのですが確か東洋美人を頂いていたと思います。
お酒のラインナップも有名所を中心に10種類程取り揃えてあり、お酒については全く問題ありません。

IMG_20160917_203229.jpg
岩牡蠣です。
なんか牡蠣に最適化された日本酒で山和というお酒があるそうですね。
シャブリみたいな味だったら嫌なので自宅用に四合瓶を買う気にはなりませんが、一度試してみたいお酒です。

IMG_20160917_203520.jpg
雲丹も問題なく美味。

IMG_20160917_204735.jpg
生湯葉。
子供の頃は湯葉をありがたがる老人の正気を疑っていましたが、今はすっかり好物になってますw

IMG_20160917_205323.jpg
子持ち鮎です。
旬の時期の鮎に比べて、数えるほどしか良い思い出のない子持ち鮎ですが、これは問題なく美味しいといえるレベルです。
めっさ美味い!まではいきませんが。

IMG_20160917_211027.jpg
賀茂茄子の味噌田楽。味噌が辛すぎ。

IMG_20160917_211457.jpg
松茸の土瓶蒸しは鱧や海老の入ったスタンダードな品でした。

お酒は合計二合頂いています。
値段は安さを売りにできるほどではありませんが、腰が引けるような高さではありません。
ただここ鮮魚中心の和食のお店ということで料理の系統が和おんやすし萬と被るんですよね。
この日のオーダーも見返してみると完全に寿司抜きのすし萬みたいな内容になっています。
そういう事情を抜きにすればほぼ満足でしたので、とりあえずはご馳走様でした。

日本酒 ブログランキングへにほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村