FC2ブログ

外飲み記録 和おん ホウセキハタの造り 本カワハギの肝和え ボイルセコガニ 河内鴨の炭火焼き のど黒の塩焼き マナガツオの煮付け


本日の和おんはホウセキハタ(長崎産)というレア魚が入っており、造りと酒蒸しで迷ったのですが、滅多に出会えないので造りで頂きました。
ほんのり甘みのある上品な旨味と適度な歯応えが非常に美味。

IMG_20161202_181341.jpg
お酒は先週の王録の残りが一合弱程。一週間ほど間が開いたので酸化して多少なりとも酸っぱくなってくれれば逆に飲みやすいかもと期待したのですが、むしろ逆にベッタベタに甘味がキツくなっていて無理過ぎるので諦めて而今(左)を頂いています。

IMG_20161202_181735.jpg
由良産本カワハギの肝和え。今冬初のカワハギ肝和えです。
素晴らしく美味。

IMG_20161202_182312.jpg
先々週お薦めされたのに頼み忘れたセコガニをわざわざ仕入れてくれたので勿論オーダー。
そのままでは味気なくてぶっちゃけ不味い外子に一手間掛けてくれるのが嬉しいです。
おろし醤油で和えた外子に、内子はカニ味噌で絡めて、身はそのままで美味しく頂きました。

IMG_20161202_183606.jpg
河内鴨の炭火焼き。
非常に美味なので、家でも鴨肉を炙ってみようかなと思ったりw

IMG_20161202_184735.jpg
紅ひとみののど黒は塩焼きで。脂ノリノリでただ事でない美味しさ。

IMG_20161202_185514.jpg
最後に由良産マナガツオの煮付け。

而今はスイスイと三合、王禄はグラスに注いだまま残していますw
来週くらいから忘年会シーズンでクエの仕入れが多くなるそうで、クエ鍋を頂くことになりそうな和おんの外飲み記録でした。
ご馳走様でした。

家飲み記録 赤貝の造り オマール海老のマヨチーズ焼き ナスのサラダ 炙り【タラバガニ 鶏肉各種】


羽根屋で頂いた家飲み記録です。まずは国産赤貝の造りから。
珍しく造りはこれで終了w

PIC_20161127_114159.jpg
オマール海老のマヨチーズ焼き。
本当にマヨとチーズを載せて焼いてあるだけで、テルミドールのように色々入っているような楽しみや味の深みはありませんw

PIC_20161127_115259.jpg
茄子のサラダで休憩。

PIC_20161127_180334.jpg
炙りはタラバガニから。
カニスキーは卒業したとは言え、さすがに焼きガニは美味すぎます。
これでコスパが良ければね…。

PIC_20161127_181902.jpg
最後はレモンペッパーやガーリックペッパーの下味のついた鶏もも肉やせせり、砂肝などを炙ります。

PIC_20161127_182753.jpg
炙り系は焼きあがるのを待つ間にもチビチビ酒を飲んでしまうので、四合でも少し物足りなくなったりしますw
ただゆっくり一切れずつ食べていくので満腹になるのも早く、食事量は抑えめにできます。

というわけで羽根屋四合飲み干した家飲み記録でした。

【第二回】 羽根屋 純米大吟醸50 翼 富美菊酒造 富山 五百万石


二回目になる羽根屋の翼のレビューです。
羽根屋は好きな銘柄でこの翼も半年くらい前に購入したのですが、その後にお気に入りになった寿し吉で翼が常備してあって、訪問する度に飲んでいたので、家で飲むのが後回しになっていました。
さすがに年を越す前に開けておこうということで、二回目になる羽根屋の純米大吟醸、翼のレビューです。

それでは萩の灰被りの器に注いで頂きます。
香りはかなりはっきりと高めですね。
口に含むとすぐに丸みのある口当たりを感じます。
酸味の薄い皮に包まれたまろやかな甘味が転がるように味わいを発揮するのですが、ブドウを口に入れているようなイメージがあります(味はもちろんブドウとは全然違いますが)。
そして、最後にほんの少し辛味を感じさせながら去っていきます。

多少甘味寄りのバランスタイプですね。
前回のレビューですぐに良になりそうと書いていますが、今回の味だと可の中では上位といったレベルです。
とは言えコスパは抜群でこの味で四合1,800円、気軽に買って気軽に開けたいお酒、羽根屋の翼のレビューでした。

家飲み記録 ボイルセコガニ 造り【マツカワカレイ アコウ 媛貴海】 鱧の炙り 七種野菜のグリル


洗心で頂いた家飲み記録です。まずはセコガニから。
可食部分は少ないのですが、カニスキーを卒業した自分にはむしろこれくらいがちょうどいいですw

PIC_20161126_124739.jpg
前日に大仏師が寿司屋で美味しそうなマツカワカレイを食べていたので、羨みつつ造りを頂いています。

PIC_20161126_125707.jpg
鱧の炙りですが、これは外れ。ただのゴム。

PIC_20161126_130626.jpg
最近お気に入りのグリル野菜を頂いて一旦休憩。

PIC_20161126_202344.jpg
後半はアコウから始めますが、既に洗心がこの時点で終わりそうw

PIC_20161126_203533.jpg
媛貴海は梅田阪神で木金土は毎週必ず入荷するようになってありがたい。

というわけで追加でもう一本開けようかなと迷ってしまうくらいに、スイスイ洗心四合飲みきった家飲みでした。

【第六回】 洗心 純米大吟醸 朝日酒造 新潟 たかね錦


久しぶりと思っていたのですが、記事を読み返してみたら9月に飲んでいたのでそれ程御無沙汰でも無かった洗心の六回目のレビューです。
深みのある味わいで満足度の高かった第五回と同じ今年の三月出荷分です。

というわけで早速萩の皮鯨に注いで頂きます。
香りはいつも通りに大人しく、口に含むと透き通るような透明感。
ほんのり微かな甘味を上品な酸味に包み込んで、それでいて辛口系のすっきりした味わい。
流れ方も引っかかる所なく綺麗に去っていきます。

うん、やはり洗心大好きw
ここ数年色々な日本酒を試して、お気に入り銘柄が増えたのですが、洗心はやはり自分にとっての基本であり、そして至高の銘柄です。
家飲みで四合瓶を一日で飲み切ることはよくあるのですが、四合飲んでももうちょっと飲みたいと思ってしまう程に好きなお酒は洗心の他には蓬莱泉吟くらい。
不動のツートップ一角、洗心のレビューでした。

外飲み記録 おきな鮓 カツオの酒盗 あん肝ポン酢 キンキの塩焼き お好み鮨


以前に紹介済みのおきな鮓です。
お酒は獺祭50を頂いています。

IMG_20161125_181513.jpg
まずはアテということでカツオの酒盗。カツオの風味が色濃く出ています。

IMG_20161125_181910.jpg
あん肝ポン酢はふわふわで舌の上でとろけます。素晴らしく美味。
お酒は東洋美人純米吟醸にチェンジ。獺祭よりはこちらの方が好みです。

IMG_20161125_182957.jpg
キンキの塩焼きも脂が乗って絶品。

IMG_20161125_183643.jpg
ここからお寿司をお任せで。

IMG_20161125_184056.jpg
IMG_20161125_184403.jpg
白飛びしてしまっている画像が多かったので一部だけ掲載。
どれも美味しく頂きました。

前回美味しかったからこそリピートしたのですが、それでも評価を大幅に上方修正しないといけません。
大阪では北新地に次ぐ鮨激戦区のミナミからはやや外れたところにあり、知名度も検索すればお薦め上位にあがってくるというわけでは決してないのですが、お値段と味のバランスからすれば有名店ではないのが不思議なくらい。
味はすし萬レベルで値段は6割程度と言えば、お薦め度合いが分かる人にはわかるかとw

お酒は獺祭一杯、東洋美人二杯頂いています。
今後間違いなく贔屓にするであろうおきな鮓での外飲み記録でした。
ご馳走様でした。

外飲み記録 新宿つな八なんば店 お好み天ぷら色々

久しぶりのつな八です。
お酒は〆張鶴の純米吟醸。
以前訪問した時は羽根屋がありましたし、なんかどんどん地酒の質が良くなっている印象。


早速いつも通りお好みで頂きます。まずはタラ白子。冬の定番ですね。

IMG_20161123_183532.jpg
雲丹の海苔巻き。

IMG_20161123_184004.jpg
レンコンと名前は忘れましたが何かのブランド椎茸と下仁田ネギ。

IMG_20161123_184645.jpg
鱚とワカサギ。
つな八は素材系より仕事系が美味しいのであまり期待していませんでしたが、ワカサギはかなりの美味しさ。

IMG_20161123_185359.jpg
蟹の甲羅揚げ。これ系はつな八の真骨頂ですね。最高。

IMG_20161123_190446.jpg
同じく大アサリの香り揚げ。

IMG_20161123_191156.jpg
アサリのかき揚げ。

IMG_20161123_192320.jpg
最後にかき揚げミニ天茶。

お酒はやや抑えめに二合。
もう海老すら頼まず、お好みオーダーがお仕事系の天ぷらに偏りまくっているつな八の外飲み記録でしたw
ご馳走様でした。

外飲み記録 和おん 造り【太刀魚 ヨコワ】 あん肝ポン酢 焼きフグ 鴨のタタキ 牡蠣の担々鍋

本日の和おんは先週の残りのしずくが半合ほどしか無く、一瞬で終わったので王録の純米大吟醸袋吊斗瓶取り仕込み23号2012BYというスペックを四合買いしたのですが、これがめちゃくちゃ甘くて全然料理に合わない…。
甘口系としては上質なのかも知れませんが魚料理の食中酒としては論外。
なのでレビューもしません。


四合買いしているので飲みきるしか無いのですが、そんな合わせ方では申し訳ないレベルの愛媛産太刀魚の造り。
皮は炙り半分、そのまま半分ですが、どちらも非常に美味。
太刀魚は塩焼きに較べると造りはいまいちなイメージでしたが、これは女将さんお薦めなだけあります。
ヨコワは山口産。こちらは普通の美味しさ。

IMG_20161122_181750.jpg
今冬初の山陰産あん肝ポン酢。これも冬には外せない定番の肴ですが、今日は酒が…。

IMG_20161122_182555.jpg
淡路産焼きフグ。ジューシーで非常に美味。

IMG_20161122_183307.jpg
河内鴨はタタキがお薦めということで頂いています。
脂の部分が絶品。

IMG_20161122_184347.jpg
牡蠣の坦々鍋。ランチで担々麺があるので、そのスープを使っているのでしょう。
辛さはマイルドに万人受けするタイプのスープです。

酒が超微妙でしたが次週に持ち越したくないので頑張って三合以上飲んでいますw
料理は相変わらず素晴らしい和おんの外飲み記録でした。
ご馳走様でした。

家飲み記録 造り【アシアカエビ 赤甘鯛 オリーブハマチ ヒラメエンガワ】 殻付き牡蠣の炙り


飛良泉羽州蔵で頂いた家飲み記録です。
まずは最近よく見掛ける生アシアカエビ。

PIC_20161119_123404.jpg
頭は元からボイルしてあったのですが水っぽくて不味いので炙って頂きました。

PIC_20161119_124310.jpg
赤甘鯛。非常に美味。6切れしか無いくせに高いので美味しくないと困ります。

PIC_20161119_124840.jpg
好物のオリーブハマチ。ちなみにオリーブブリという養殖ブランドもありますが、そちらは造りだとかなり微妙なので滅多に買いません。
オリーブハマチはいつも通りに美味。

PIC_20161119_125659.jpg
久しぶりのヒラメのエンガワ。量多すぎて途中で飽きました。

PIC_20161119_175403.jpg
そして本日の七輪焼きは殻付き牡蠣。
殻付き牡蠣は百貨店だとほとんど取扱が無いので、黒門市場で買ってきています。
理屈上は80度以上で十分に加熱すれば大丈夫な筈なのですが、食べる時に一瞬躊躇してしまうw
あと殻を開いて貝柱を剥がしてなどの下準備も地味に面倒なので、蛤とは違って牡蠣はこれっきりになりそうです。
お店で食べましょう。

炙りは他にもスルメイカなど前回と同じ干物系を炙っていますが、画像的には代わり映えしないので省きます。
飛良泉は三合半、一応念願だった自宅炙り殻付き牡蠣も体験してみた家飲み記録でした。

【第六回】 飛良泉 羽州蔵 純米大吟醸 山田錦 秋田 飛良泉本舗

PIC_20161128_184238.jpg

買い過ぎて現在冷蔵庫に6本も在庫がある飛良泉の羽州蔵の第六回レビューです。
第五回がやや残念な結果に終わっていますが、この第六回は第五回と全く同じスペックなのでさてどうなることやら。
羽州蔵については何度も説明しているので、いきなりレビューに入ります。

というわけで黄瀬戸の器に注いで頂きます。
香りはいつも通り大人しく、口元に運ぶくらいになってようやく鼻腔を微かにくすぐる程度。
口に含むと透明感を感じさせながら、僅かに酸味に配分の偏りを感じるものの、小さく綺麗にまとまった酸味辛味甘味が慎ましやかに流れていきます。
去り際にいつもの一蹴りを噛ましつつ、今回は最後にフルーツ系の芳香が立ち昇ってきます。

結局、やや酸味に偏りがちなのは2016年夏出荷分の特徴のようではありますが、このボトルについては全く問題なく美味しく頂くことができました。
いつも通りに極良の味わいで、残り2本の同一スペックも安心して開けられるかな?

日本酒 ブログランキングへにほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村