外飲み記録 芦屋天がゆ ルクア大阪店  旬之献立 お好み天ぷら


秋はキノコの天ぷらに冷酒を合わせるのが最強の季節なので、天がゆに突撃しました。
昼飯抜いて夕方の隙間の時間を狙ったので珍しく待ち時間なしで入っています。
画像は松茸の土瓶蒸し風椀物。

IMG_20170930_162808HD.jpg
いつも感心する海老ですが、本日は最初の二尾はちょっと揚げ過ぎかなと。
後から出てきた二尾はいつも通りの美味しさ。

IMG_20170930_163312HD.jpg
松茸とブリだったかな。

IMG_20170930_165643HD.jpg
めごち。

IMG_20170930_170800HD.jpg
鮑。右は肝。

IMG_20171001_162422.jpg
キノコ三種。
他にも鱚など定番系も頂いています。

お酒は上喜元と船中八策を一合ずつだったかな。
本日も美味しい天ぷらを堪能しました。
ご馳走様でした。

外飲み記録 和おん 生牡蠣ポン酢 太刀魚のタタキ ばくだん 焼き大ハマグリ 甘鯛と松茸の酒蒸し フグの唐揚げ


本日の和おんは而今の季節限定品的な酒が入る予定だったのに入荷が遅れてしまって東洋美人くらいしか無いとのことですが、別に東洋美人で不満は無いので頂いていますw
而今は運が良ければ来週飲むことができるでしょう。

IMG_20170929_182222HD.jpg
プリッと大きい厚岸産の生牡蠣ポン酢。

IMG_20170929_182514HD.jpg
諸事情あって当初塩焼きの予定だったのを急遽タタキにチェンジした呉産の太刀魚。
めっさ旨い。

IMG_20170929_183056HD.jpg
千葉産の焼き大ハマグリ。

IMG_20170929_183215HD.jpg
諸事情の原因ばくだん。
最初生雲丹とばくだんを頼んでいたのですが、ばくだんにもかなり雲丹が入ってくるので被りますがどうしましょう?と言われ、それなら生雲丹はキャンセルで代わりに塩焼きで頼んでいた太刀魚をタタキに変更してもらっています。
細かな心配りが嬉しい。

IMG_20170929_184836HD.jpg
太刀魚がタタキに代わったので、追加でフグの唐揚げも頼みました。

IMG_20170929_184230HD.jpg
島根産甘鯛と松茸の酒蒸し。
甘鯛は割と久しぶりですがやっぱ美味い。

IMG_20170929_192715HD.jpg
東洋美人を三合ほど頂いていつも通り上機嫌で席を立ったのですが、その時にお土産で渡された太刀魚の塩焼き。
タタキにチェンジした時点で既に焼きが入ってしまっており、お代は結構ですのでお土産でどうぞと言われ恐縮して持ち帰って頂きました。
家に帰ってさすがにお酒は飲みませんでしたがありがたく頂きました。
お土産含めてご馳走様でした。

外飲み記録 焼き鳥チョップ 鶏チャンジャ 鳥刺し盛り合わせ お好み焼き鳥


ほぼ開店と同時に飛び込んだ焼き鳥チョップです。
酒は名前を忘れたのですが雪とか梅とかつく雪紅梅みたいな感じのお酒。
新潟っぽいので自分好みかなと思ったらその通りでした。
画像は好物なのですが割と品切れが多い鶏チャンジャ。

IMG_20170924_181844HD.jpg
鳥刺し盛り合わせはいつもの面子に今日はハツも付いてきました。

IMG_20170924_184201HD.jpg
いつも串の前に食べすぎてしまうので、本日はここで留めて串に移行。
昼飯を抜いての晩飯ということもあり、レア部位から定番系まで食べたいものを全部頼んでみました。
こちらは甘辛揚げという揚げ串(手羽、皮、肝)。パリパリしてビールとよく合います。

IMG_20170924_184532HD.jpg
IMG_20170924_184705HD.jpg
IMG_20170924_185847HD.jpg
IMG_20170924_184757HD.jpg
IMG_20170924_185249HD.jpg
IMG_20170924_185531HD.jpg
IMG_20170924_190700HD.jpg
あとはこんな感じ。ホルモン系の串が充実しているのが嬉し美味し。
小技の効いた勝よしとホルモン系のチョップで今後も使い分けていきたい所。

酒は二合、中瓶一本、生一杯頂いています。
例によって退店する頃には満席という人気店焼き鳥チョップの外飲み記録でした。
ご馳走様でした。

外飲み記録 浪速割烹 喜川 花コース


めっさ美味くてめっさ高い浪速割烹の喜川(㐂川)を久しぶりに訪れました。
お酒は黒龍大吟醸、画像は忘れてしまいましたがちょっと変わった名前のかぼちゃ系の野菜のすり流し。

IMG_20170923_172904HD.jpg
渡り蟹とぶどうの和え物。

IMG_20170923_173247HD.jpg
鮭と燻製イクラ。燻製イクラがびっくりするくらい美味い。
あと照明が暗くて伝わりにくいのですが、お皿が唐津井戸っぽくて非常に良い色合いでした。

IMG_20170923_173754HD.jpg
左が穴子の白焼きなんですが、香ばしくて噛むとふんわり穴子の風味が立ち昇る絶品の味。
穴子の白焼きなんて鰻の劣化コピーくらいにしか思っていなかったのですが、ここまで美味いとさすがに評価を改めざるを得ません。
と言っても他でこのクラスの白焼きが出てくるかと言えば難しいところではありますがw
あと右下は秋刀魚なのですが、〆鯖もびっくりの締め具合で美味。

IMG_20170923_174033HD.jpg
穴子のところはこんな竹の檻?付きで出てきました。オサレ。

IMG_20170923_174924HD.jpg
喜川に来る楽しみの6割位を占める造りや炙りの八種盛り。
本マグロ、イシカゲ貝、メイチ、烏賊。
どいつもこいつも美味です。

IMG_20170923_175443HD.jpg
続いて太刀魚、金目、のど黒、鱧の雲丹乗せ。
これまた至福の味わい。極旨。

IMG_20170923_180905HD.jpg
ぐじ(甘鯛)と松茸の椀物。
造りや炙りで酒をグイグイ行っているので、ここで温まりつつ小休止w

IMG_20170923_181804HD.jpg
この辺で酔いが回ってメモがずさんになってしまって記憶が曖昧なのですが、なんだっけ?
メモに鱧とか書いてあるんですが、これ鱧じゃないような…。
真ん中の明太子詰めみたいなのはめっさ美味かった。

IMG_20170923_182749HD.jpg
鯛。

IMG_20170923_183616HD.jpg
メインの前にキノコや烏賊の温かい椀。

IMG_20170923_184811HD.jpg
そんでメイン。本日は鹿肉をチョイス。
ピーナッツバターで出てきました。
美味いです。日本酒とは合いませんが、この段階では三合飲み切って酒はもう良いですって状態なのである意味丁度良し。

IMG_20170923_185654HD.jpg
ご飯はコノワタ粥。前回も食べたかな。

IMG_20170923_190532HD.jpg
デザート。

ちょっと洋のテイストも散りばめつつも、基本は極めて質の高い和の品を楽しむことができる喜川(㐂川)の外飲み記録でした。
ご馳走様でした。

外飲み記録 和おん 本マグロとホタテの造り 秋刀魚の塩焼き アコウの煮付け 蛸のガーリック焼き 鯖へしこのうどんパスタ


本日の和おんも而今を頂きます。
今日はやたら瑞々しくてフレッシュ感に溢れていたので開けたてっぽいです。
付き出しは好物のつぶ貝。

IMG_20170922_182017HD.jpg
本日は鳥取産の本マグロがお薦めということで頂いています。あと宮城産のホタテ。
ホタテって一時期不漁で高騰しているとか何かで見ましたが、刺し身としても天だねとしても大して好きでは無いので、どうでもいいやと思っていましたw
そんなホタテを久しぶりに見掛けたので試しに頂いてみましたが、刺し身だとやっぱりどうでもいい味ですね。
シーフード系の洋食やら中華には無いと困るとは思いますが、日本酒のお供としてはいなくても構わんでしょう。

IMG_20170922_182819HD.jpg
隙あらば秋刀魚(根室)。

IMG_20170922_183648HD.jpg
由良産タコのガーリック焼き。

IMG_20170922_184451HD.jpg
同じく由良産アコウの煮付け。
なんかあちこちでアコウを食べているようなw

IMG_20170922_185954HD.jpg
先週の帰り際に次回是非とお薦めされた鯖へしこのうどんパスタ。
美味です。

而今は二合だったかな。
本日も美味しい魚を堪能しました。
ご馳走様でした。

外飲み記録 鮨そういち 真牡蠣 鱈白子 お任せ鮨


初訪で評価高かった割に場所がちょっと離れていることもあって使わないまますっかり忘れていた鮨そういちを思い出したので、平日ですが仕事帰りに寄ってみました。
相変わらず付き出しが豪勢で美味。

IMG_20170919_182745HD.jpg
平日ですが一合くらいはお酒を頂こうと思って頼んだ真牡蠣。
ちょっと旬よりは早いのですが仕入れにこだわる大将が敢えて仕入れるだけあって非常に美味。

IMG_20170919_184125HD.jpg
同じく旬はまだ少し先の鱈白子。
お薦めだけあってこれまた超絶美味。
お酒一合のつもりが結局二合も飲んでしまって、鮨に移行。

IMG_20170919_185115HD.jpg
お任せでまずはアコウ。

IMG_20170919_185457HD.jpg
鯛の昆布締め。

IMG_20170919_185824HD.jpg
タコ。

IMG_20170919_190250HD.jpg
漬けマグロ。左は漬けてないマグロ。
ここお鮨にもこういうおまけがちょいちょい付いてくるので、鮨に移行してからも酒が欲しくなってしまいますw

IMG_20170919_190449HD.jpg
プリプリの煮蛸。
さすがにもう我慢ができなくなってお酒を一合追加w

IMG_20170919_191025HD.jpg
烏賊。

IMG_20170919_192605HD.jpg
穴子。

IMG_20170919_193049HD.jpg
椎茸。

IMG_20170919_193233HD.jpg
松茸。

IMG_20170919_191425HD.jpg
雲丹は利尻産と山口産の二種類。
どちらも美味。

IMG_20170919_191705HD.jpg
コハダ。

IMG_20170919_193432HD.jpg
玉子。

IMG_20170919_193804HD.jpg
芽ネギ。

IMG_20170919_194313HD.jpg
追加で頼んだイシカゲ貝。

IMG_20170919_194751HD.jpg
同じく追加の煮鮑。

お鮨は大将がどこ産で、この時期この産地のこれが美味しい理由を色々説明してくれます。
酔いが回っているので記事を書く段階ではほとんど覚えていないのが申し訳ないw
味はと言えば前回も満足度は高かったのですが、今回は前回の評価では全く足りないレベル、びっくりするくらいにめっさ美味い。
美味いトロが食べたいとか、何か目当てのネタを求めてではなく、お任せでお薦めのネタを頂くという使い方なら、今後ここ一択で良いくらい。
ご無沙汰していた期間が悔やまれるほどに美味しかった鮨そういちの外飲み記録でした。
ご馳走様でした。

外飲み記録 串処 最上 心斎橋店 夜のフルコース


久しぶりの最上です。
夜のフルコースとありますが、時間的にはランチの時間帯。
最近そうなったのか以前からそうだったのかは定かではありませんが、ランチの時間でも夜の全部入りコースが食べられることを知ったので頂いています。

IMG_20170918_122223HD.jpg
相変わらず絶品の海老と鱚。

IMG_20170918_123725HD.jpg
フォアグラ。

IMG_20170918_123854HD.jpg
串揚げはお任せの場合、ビールと日本酒のどちらに合うネタが出てくるのか予想がつかないので悩ましいのですが、両方頼めば全て解決。
画がオサレなので多少緩和されていますが、「昼間からビールと日本酒を並べて串揚げ貪るおっさん」と書くとなんかすごくダメ人間な字面w

IMG_20170918_124810HD.jpg
得意の創作串揚げ系も楽しみました。

かなりの量を食べて、そろそろストップでとお願いしたら、ちょうどこれでこちらも全種終わるところでしたという回答。
生2杯に日本酒二合、当分串揚げは必要ないくらいに堪能した最上の外飲み記録でした。
ご馳走様でした。

家飲み記録 造り【クエ 赤貝 鰯】 鱧の食べ比べ 秋野菜惣菜


洗心で頂いた家飲み記録です。
いきなりクエから。
マツカワカレイと迷いに迷った挙句、クエを選んだのですが先日和おんで食べたばかりなので、それと比べると明らかに落ちますね。
単体で見れば十分美味しいレベルなのですが…。

DSC_0331.jpg
こんな時期に国産赤貝って珍しいし、時期外れのためかいつもより安くてラッキーと購入した赤貝。
食べたらなんか微妙。
やっぱ旬を外れるとアカンのかなと思いつつ、ふとパックの表示を見たらロシア産…。
予想外のトラップにしてやられました。

DSC_0332.jpg
好物の真鰯の造り。

DSC_0333.jpg
鱧の食べ比べセット。

DSC_0334.jpg
正式な名前は忘れましたが左は秋のキノコのおろし和えで右は茄子の和風サラダ。

洗心を開けるのでそれなりに奮発したのですが、チョイスを一部ミスった感のある家飲み記録でした。
とは言えレビューの通り洗心はあっさり四合飲んでしまっています。

【第九回】 洗心 純米大吟醸 朝日酒造 新潟 たかね錦


三ヶ月ぶり、レビューとしては九回目の洗心です。
去年の11月出荷分なので冷蔵庫で約一年熟成ですね。

原点のお酒は原点の器でということで萩の皮鯨に登場してもらって頂きます。
香りはいつも通りに大人しめ。
口に含むとまろやかさ半分、水っぽさ半分くらいの透明感。
徐々に広がってくる味わいは辛味と酸味が固まって同時に押し寄せて、最後は綺麗に流れ去ります。

相変わらず自分好みの淡麗辛口です。
三合くらいが酒量の限界なのですが、淡麗辛口だけは気付けば四合開けてしまいます。
いつも通り変わらず極良の洗心のレビューでした。

外飲み記録 本家柴藤 うなぎ膳 肝焼き


最近晩飯に寄ろうとして何度も満席で振られたので業を煮やして予約を入れた関西鰻の老舗、本家柴藤の外のみ記録です。
お酒はいつもの常きげん。

IMG_20170916_180129HD.jpg
ほんのり温かな八幡巻。

IMG_20170916_180946HD.jpg
これだけコースとは別に注文した肝焼き。普通。

IMG_20170916_181352HD.jpg
う巻も普通。

IMG_20170916_181900HD.jpg
必ず大に変更してもらう白焼き。
パリパリのサクサクで酒の肴として最高。

IMG_20170916_182759HD.jpg
うざく。

IMG_20170916_183942HD.jpg
最後に蒲焼き。
外はカリッとしながらも蒸さないので噛むと鰻の脂がたっぷり口の中で弾ける関西鰻。
外はカリカリ、中はフワフワというのが大阪たこ焼きの大正義ですが、関西鰻にももしかしたらその辺の好みが反映されているのかも知れません。

地元の鰻の名店に比べればさすがにという所はありますが、はっきりした個性があるので、これはこれでという感じで美味しく頂くことのできる本家柴藤の外飲み記録でした。
常きげんは三杯、ご馳走様でした。

日本酒 ブログランキングへにほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村