外飲み記録 鮨そういち アテ盛り合わせ 真牡蠣 お任せ鮨 赤だし


月に一度は使いたい絶品のお寿司屋さん、鮨そういちを再訪しました。
付き出しを用意している間に食べたいものを決めておいて下さいねと言われて、絶対頼もうと思っていたあん肝が付き出しで出てくるという開幕w

IMG_20171031_181641HD.jpg
お酒は毎度の自然郷ですが、このお酒の吟醸が淡麗辛口で美味い。
まだ他のお客がいなかったので、日本酒の甘口辛口と刺し身の組み合わせについて遠慮のない意見を聞かせてもらったりして面白かったw

IMG_20171031_183301HD.jpg
アテのお薦めを聞いたらカワハギ、雲丹、〆鯖、牡蠣etcと止まらないので、そんなには食べられないっすwという話をしたら、それなら少しずつつまみます?ということで盛り合わせてもらいました。
ここの大将のお薦めは鉄板なので非常に美味。

IMG_20171031_183704HD.jpg
雲丹は三種食べ比べだったのですが、こちらは昆布森産の塩水雲丹。
北海道の雲丹と言えば根室や釧路が有名ですが、大将が覚えておいて絶対に損はないと断言するお薦めの雲丹の産地が昆布森。
塩水雲丹については塩の味がエグかったりして雲丹本来の味が損なわれて濁ったような風味になってしまっているという体験を過去何度かしています。
なので無条件に塩水雲丹=美味とは思っていないというか、多少警戒しながら口に入れるくらいなのですが、これはほんのり塩の風味も感じられなくもないという程度で非常に美味でした。

IMG_20171031_183844HD.jpg
こちらは北方領土産。

IMG_20171031_185235HD.jpg
良さげなボタン海老があったので追加でアテに。

IMG_20171031_190204HD.jpg
頭は炙ってもらいました。

IMG_20171031_184453HD.jpg
あと前回も食べましたがまた真牡蠣。

IMG_20171031_190548HD.jpg
こっからお任せお鮨。

IMG_20171031_190918HD.jpg
漬けマグロ。右は今日漬けたばかりということで違いを楽しんでくださいとのこと。

IMG_20171031_191554HD.jpg
IMG_20171031_192102HD.jpg
下は春子鯛。
春の小鯛で春子鯛かと思っていたのですが通年で取れるので特別春じゃないとダメなわけでは無いとのこと。
桜鯛が必ずしも桜の時期に美味しいわけでもないのと似たような話かなw

IMG_20171031_192210HD.jpg
IMG_20171031_192617HD.jpg
IMG_20171031_193610HD.jpg
IMG_20171031_193752HD.jpg
IMG_20171031_194232HD.jpg
IMG_20171031_194742HD.jpg
IMG_20171031_194939HD.jpg
IMG_20171031_195545HD.jpg
IMG_20171031_200256HD.jpg
相変わらず楽しくて美味しい鮨。

IMG_20171031_195953HD.jpg
赤だしは山椒が効きまくっていて非常に美味。

酒は三合か四合。
平日なので軽く済ますつもりが、絶対にそうはいかない鮨そういちの外飲み記録でした。
ご馳走様でした。

家飲み記録 安心堂青竹豆腐 イクラ よだれ鶏 大根餅チリソース 造り【石鯛 コチ アコウ ヒラメ】


鍋島純米吟醸山田錦で頂いた家飲み記録です。
普通なら造りから始めるのですが、鍋島が先日のレビューの通り、とても造りには合わない味だったので、安心堂の青竹豆腐かぐや姫と北海道のミニ物産展で購入した新物のイクラで好物イクラ豆腐から始めています。
もともと物産展系ではお高いイクラですが、今年は不漁のために年末にはこの倍の値段になりまっせと売り子のおっちゃんが語っていました。
さすがに倍になったら手が出ないw
ちなみに大抵の日本酒はスイスイ飲めてしまう好物のイクラ豆腐でも鍋島の進みはイマイチ。
やっぱ厳しいなあ。

DSC_0374.jpg
濃い目の味の惣菜を買っておいて良かったよだれ鶏。
酒を飲んで、後味の悪さを打ち消すためによだれ鶏を口に放り込むという本末転倒の食べ方w

DSC_0375.jpg
大根餅のチリソースも同じような使い方で活躍w

DSC_0376.jpg
夜になってようやく刺し身に合わせても何とかなりそうなくらい酸化したので、四点盛りの登場。

色々工夫をしましたが、やはり酒自体の地力の無さは如何ともしがたく、一合半程残してしまった家飲み記録でした。

鍋島 純米吟醸 生酒 富久千代酒造 佐賀 山田錦


半年以上冷蔵庫の隅で無聊をかこっていたのですが、鍋島のオレンジを最近購入したこともあっていい加減に開けようかなということで開栓した鍋島の純米吟醸山田錦生酒です。

オレンジの五百万石純米吟醸が大好きではあるものの、米が違うだけだった雄町の純米吟醸が個人的な嗜好からはかけ離れた味だったので、この山田錦も同じ結果になるかもと恐れつつ、朝鮮唐津の器で頂きます。
香りはかなり高めで少し柑橘系寄りかな。
口に含むととりあえずいきなりかなり強めの酸味が一気に広がり、さらに追い打ちのように甘味が混ざってくるのですが、何と言うかエグくて爽涼さのないベタつくレモンという印象。
後味もベッタリ甘味が残って、白身の刺し身なんかと合わせたら最悪なことになりそうな気配。

元々甘口系は苦手としているので、これは無理ですね。
一応わざと蓋を開けたままにして冷蔵庫に突っ込んで数時間ほど酸化させたところ、酸味が更に強くなって甘味のベタつきを多少緩和するようになったので、そうすればまあギリギリ可レベルかなというところ。
やはり鍋島はオレンジと痛感した鍋島純米吟醸山田錦のレビューでした。

外飲み記録 焼とり はま田 肝とハツの造り 鶏わさ お好み串


初訪で美味しかった店はなるべく早いうちに再訪して評価を固めるという手法を採ることが多いのですが、それにしても予想以上に早い再登場となったはま田です。
付き出しは相変わらずトサカとか鴨ローストとか肝煮とか大量には要らないものの、ちょっとつまめると嬉しい品ばかり。


IMG_20171028_182251HD.jpg
お酒は現在入れ替え中とのことで選択肢は少なめ。
あまり良い思い出は無いのですが鍋島の雄町を頂きました。
記憶にあるほどには悪くなかったかな。
大将は雄町使用の酒が好きという話だったので、自分はアンチ雄町だということを強く強く主張して厄介なおっさん化していますw

IMG_20171028_183015HD.jpg
前回の訪問で刺盛りの中でも肝とハツが特に良かったので、今回はこの二品をハーフではなく一人前でオーダー。
美味いが小鉢で一杯、これで二杯と焼鳥に入る前に酒が進みすぎてしまうw

IMG_20171028_183946HD.jpg
鶏わさ。細かな仕事はしてありますが他の品に比べれば普通かな。
ここは焼鳥の前は鶏刺し二品ハーフとレバーペーストの組み合わせが良さげ。

IMG_20171028_190109HD.jpg
なるべく前回頼んでいない部位や品を中心に焼鳥開始。

IMG_20171028_190853HD.jpg
山葵胸肉は山葵がちょっと辛さがツンとキツすぎるタイプでバランスが悪いかな。
鶏わさが普通なのも今にして思えば山葵のせいかも。

IMG_20171028_190139HD.jpg
ちなみに鶏は大和肉鶏が中心。
店のどこにも朝びきとは書いていないのですが、潰したてには当然にこだわっているとのこと。
まあここの店の美味しさで朝引きじゃなかったら他の朝引き取り扱い店の立場がないので当たり前w

IMG_20171028_190354HD.jpg
サントリーの樽生店とやらに認定されているということでビールも頼んでみました。
泡のきめ細かさなど成る程という感じ。
プレモルとマスターズドリーム、ヱビスにハートランドとスーパードライ一択の店なんかに比べると嬉しい品揃え。

IMG_20171028_190500HD.jpg
IMG_20171028_190727HD.jpg
IMG_20171028_191139HD.jpg
野菜は寿司屋みたいなショーケースに並べてあるその日の仕入れの中から選びます。

IMG_20171028_191304HD.jpg
IMG_20171028_191357HD.jpg
IMG_20171028_193807HD.jpg
玉ひもは玉の部分がレアでめっさ美味い。

IMG_20171028_191426HD.jpg
マスターズドリーム。

IMG_20171028_191902HD.jpg
IMG_20171028_192155HD.jpg
IMG_20171028_192957HD.jpg
IMG_20171028_194315HD.jpg
焼鳥は二度目の本日も前回と変わらぬ素晴らしさ。
ちなみに開店して約一年ですが、食べログ系のサイト掲載等も含めて全く宣伝をしてないそうです。
地下の店ですが小さな看板を表に出し始めたのすらもつい最近という本当にガチの隠れ家店w
メチャクチャ美味いのにネット上で情報がほとんど出てこないのも納得。
それでも馴染みのお客さんだけでやっていけているらしいので、安心しました。
今後確実に月一以上は使うことになりそうな焼とりはま田の外飲み記録でした。
ご馳走様でした。

外飲み記録 和おん ブリの腹の造り カワハギ肝和え 秋刀魚の塩焼き 地蛤のバター焼き 白子の一味焼き


本日の和おんはいつもの東洋美人を頂きます。

IMG_20171027_182006HD.jpg
石川産のブリの腹の部分を造りで頂きました。
脂分は少なくあっさりしながら旨味は濃い目で非常に美味。

IMG_20171027_182634HD.jpg
鱈白子と並んで冬の肴として外せないカワハギ肝和え。

IMG_20171027_183358HD.jpg
今年は不漁で高騰している上に、入ってくる秋刀魚も高い割に微妙で…という話は幾つかのお店で聞いたのですが、そんな中でこの秋一番クラスの良い秋刀魚がようやく手に入りましたという大将のお薦めの秋刀魚。
確かに腹回りの身の付き方が凄いw
造りでも塩焼きでも丸揚げでも何でもいけますとのことでしたが、ここはシンプルかつ定番の塩焼きで頂きました。
素晴らしかった。

IMG_20171027_184517HD.jpg
三重の地蛤。小粒でもしっかりとした味。

IMG_20171027_185029HD.jpg
最後に鱈白子の一味焼き。
そう言えば鱈白子は湯引きポン酢と一味焼きの場合、日本酒のアテとしては一味焼きの方が好みで、そんな話を数日後に鮨そういちの大将にしたら予想外に激しく同意されて、和おんで食べたばかりなのに、それじゃ白子もいっときますか?と食べさせられそうになったりしていますw(断りました)。
ちなみに和おんで鱈白子を食べるなら鮮度が良い時限定の黄身醤油の造りが最強です。

東洋美人は二合だったかな?
冬の好物肝和えが登場しつつ、秋の主役の秋刀魚も非常に素晴らしい品を頂いた和おんの外飲み記録でした。
ご馳走様でした。

外飲み記録 牛料理専門店 南船場 御肉 牛タンユッケ ハツ刺し ミノ湯引き 月見レバー 牛カツ


プロ野球のドラフトの日は各球団の指名選手を肴に毎年どこかで飲んでいるのですが、今年は先日の訪問でプロ野球に縁の深いことが判明した牛肉料理のお店、御肉で飲むことに。

IMG_20171026_195105HD.jpg
月見レバー。本日は適度に臭くてそれがネギと卵によく合って美味w

sc_201710261955208.jpg
好物のハツ刺し。

sc_201710262009448.jpg
いつもの極上ユッケではなく、気分を変えて牛タンユッケにしてみましたが、正直これなら極上ユッケとタン刺しを別で頼むほうがいいかなw

sc_201710262012130.jpg
ミノの湯引き。

sc_201710262032206.jpg
鉄板焼きにしようかと思いましたが、最近再評価中の牛カツをこの店でも頂いてみました。
まあ普通に牛のカツですね。

生は三杯だったかな。
このお店は特にベイスと縁が深いので大将も日シリ進出で嬉しそうだった(鷹に虐殺される前)御肉の外飲み記録でした。
ご馳走様でした。

外飲み記録 和おん 造り【タイラギ貝 〆鯖】 生いくら醤油漬け 本シシャモのフライ 赤っぽと松茸の酒蒸し 貝鍋


本日の和おんは黒龍純吟三十八号を頂きます。
画像は一升瓶で買い取ったわけではないのですが、開けたてで美味しく頂くことができました。

IMG_20171020_181351HD.jpg
付き出しは何だったか忘れましたが何かの魚卵。

IMG_20171020_181710HD.jpg
貝がお薦めということで貝鍋をオーダーしたのですが、試しにあまり高い評価をしていないタイラギ貝(岡山産)を軽く炙って頂きました。
やっぱ普通ですねw

IMG_20171020_181721HD.jpg
北海道産生いくらの醤油漬け。

IMG_20171020_182002HD.jpg
〆鯖はいつも通り半分は軽く炙って貰っています。

IMG_20171020_183118HD.jpg
厚岸産本シシャモのフライ。

IMG_20171020_183512HD.jpg
対馬産赤っぽと松茸の酒蒸し。
アカハタの和歌山の呼び名が赤っぽだった筈ですが対馬産?w
美味しさはさすがのハタ科。

IMG_20171020_184542HD.jpg
そして貝鍋。出汁が超絶美味。

IMG_20171020_190119HD.jpg
余った出汁で米うどん。

黒龍は二合。
本日もご馳走様でした。

外飲み記録 つる家 リーガロイヤル 天ぷらコース寿&お好み天ぷら


月に一度中之島でご飯シリーズです。
本当は淀屋橋まで歩いて有名鰻屋に行く腹積もりだったのですが、雨が降ってきやがったので面倒になり、リーガのテナントのつる家で天ぷらを頂きました。

IMG_20171019_190708HD.jpg
相変わらず刺し身が異常な美味さ。
今回は鯛が美味すぎ。

IMG_20171019_191608HD.jpg
そして天ぷら開始。

IMG_20171019_191851HD.jpg
IMG_20171019_191946HD.jpg
IMG_20171019_192221HD.jpg
IMG_20171019_192505HD.jpg
IMG_20171019_192727HD.jpg
IMG_20171019_192852HD.jpg
IMG_20171019_193040HD.jpg
IMG_20171019_193337HD.jpg
IMG_20171019_193435HD.jpg
IMG_20171019_193900HD.jpg
IMG_20171019_194012HD.jpg
IMG_20171019_193202HD.jpg
追加は二品ほどで本日はほぼコースの天ぷらのみで済ませました。

IMG_20171019_194602HD.jpg
なぜか蓋を取らずに撮影していた天茶。
かき揚げについてはつる家が一番美味しいです。
もう単純に海老やら魚介やら高級品を躊躇なくぶち込んであるせいですがw

良い天だねを良い油で揚げた上質の天ぷらを本日も堪能しました。
ご馳走様でした。

外飲み記録 焼とり はま田 鶏刺盛り合わせ なめろう レバーペースト お好み串


事務所ビルの隣のマンションの地下というわかりにくい場所にある焼鳥屋の存在に気付いたのでふらりと平日に飛び込んでみました。
お酒は一合でもグラスでも可。何も言わなくてもチェイサーを添えてくれるのがありがたい。

IMG_20171017_180637HD.jpg
お酒は黒龍純吟から初めますが割と好みの銘柄が揃っています。
ワインも中身はさっぱりわかりませんが、結構な数を取り扱っており、更にビールはサントリーの樽生認定店ということで、お酒の充実度については、自分が通う焼鳥屋の中でも群を抜いています。

IMG_20171017_180753HD.jpg
これ付き出し。
これだけでさっきの黒龍飲み干してしまえますw

IMG_20171017_181529HD.jpg
というわけで次は菊姫。
久しぶりですがやや酸味がちでちょっと厳しいかな。

IMG_20171017_181438HD.jpg
刺盛りはハーフにしてもらっています。貫入の入った皿がとても素敵。
ハツと肝が特に美味く、次回はこの二種を単品で存分に味わいたい。

IMG_20171017_182228HD.jpg
鶏のなめろう。

IMG_20171017_183128HD.jpg
レバーペースト。非常に美味。

IMG_20171017_182329HD.jpg
料理が美味すぎて酒が進みすぎてしまいます。

IMG_20171017_184133HD.jpg
焼鳥をお好みで大量にオーダー。

IMG_20171017_184622HD.jpg
IMG_20171017_184745HD.jpg
全体的に鮮度が非常に良いことを窺わせる美味しさです。
何と言うか噛むと弾けるような食感で口の中に美味しさが目一杯広がります。
そして酒と強烈に合うw

IMG_20171017_183524HD.jpg
九平次ソバージュ。
嫌いな雄町使用ですが敢えてチャレンジ。
やはり微妙w

IMG_20171017_185657HD.jpg
IMG_20171017_190048HD.jpg
IMG_20171017_190125HD.jpg
IMG_20171017_190648HD.jpg
IMG_20171017_191054HD.jpg
鶏の白子。美味。

IMG_20171017_191613HD.jpg
IMG_20171017_192315HD.jpg
玉ひも美味すぎ。

IMG_20171017_192825HD.jpg
IMG_20171017_193808HD.jpg
IMG_20171017_194637HD.jpg
美食家の大仏さんが美味い焼鳥屋は鶏スープを飲めばわかると仰るのですが、個人的に美味しいと思う焼鳥屋でも鶏スープは普通に微妙な店が結構あったりして、やはり自分如きでは遠く及ばないなあと思っていましたが、ここは鶏スープも深い味でめっさ美味い。塩要らないです。

酒も料理も文句のつけようがなく、初登場でマイ・フェイバリット焼鳥ランク1位です。
お値段的には焼鳥屋としてはやや高めにはなりますが、この味と酒なら全然構いません。
後から調べた所、2017年初頭に開店のようでまだまだ知られていない隠れ家的な名店のようです。
潰れてもらっては困るのでそこそこ流行りつつも満席続きになる程には人気になって欲しくない素晴らしい焼鳥屋さん、はま田の外飲み記録でした。
ご馳走様でした。

ビールで家飲み記録 牛串 コロッケ 551の焼売他


髙島屋に寄ったら思いもかけず北海道物産展の最中だったのでツマミを買い込んで、ビール家飲み開始。
まずどっかの牧場の和牛串&デュベル
松阪牛とか書いてある露店などの牛串と違って、ガチ和牛のサイコロステーキをそのまま串に刺したような味。

DSC_0361.jpg
北海道物産展定番のコロッケ&ウルケル。

DSC_0363.jpg
何度か書いていますが551は焼売や餃子がシンプルに美味くて好物。
画像は焼売だけですが餃子も頂いています。
ビールはドイツのヴァルシュタイナー。

DSC_0364.jpg
夜になってロイズのチョコポテチとラフロイグでまったり。

久しぶりのビール家飲み記録でした。

日本酒 ブログランキングへにほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村