家飲み記録 造り【白甘鯛 赤貝】 フォアグラの茶碗蒸し 東南アジア風よだれ鶏 新筍の水菜のサラダ 蓮根団子


常きげん参五磨で頂いた家飲み記録です。
まずは久しぶりの白甘鯛。
ふわりとした中に微かにシャキッとした歯応えと上品な旨味が最高…ですが参五磨の最後の鼻に抜ける甘さがどうにも白甘鯛の美味しさをかき消すような邪魔をします。
この辺が甘口の酒が苦手な原因の一つでもあったりします。

DSC_0107.jpg
宮城産の赤貝。
気がつけばまた国産赤貝が出回り始める季節ですね。
お値段的に閖上産では無いと思いますが、十分に美味です。

DSC_0109.jpg
好物のフォアグラの茶碗蒸し。
これくらい濃い味の品だと甘口の酒もなんとか合わせられます。

DSC_0110.jpg
同じく好物の東南アジア風よだれ鶏。
先の茶碗蒸しとこの品でかなり頑張って参五磨を飲んでいますw

DSC_0111.jpg
新筍と水菜のサラダ。

DSC_0112.jpg
最後に温めた蓮根団子で終了。

テイスティングした時には別の酒にチェンジしようかとすら思いましたが、味の濃い品にも助けられて三合とほぼいつもの家飲みくらいには飲むことができた家飲み記録でした。

【第三回】 常きげん 参五磨 大吟醸 鹿野酒造 石川 山田錦


鹿野酒造が自社栽培の米で醸す酒、常きげん大吟醸参五磨の三回目のレビューです。
過去二回の印象はとてもよかったので今回も期待しつつ頂きます。
本当はこの参五磨を購入した時に常きげんラベルの蛇の目のお猪口をおまけで頂いたので、それを使おうと思っていたのですが、当日そんなことはすっかり忘れてお気に入りの萩井戸のぐい呑で頂いていますw

香りは大人しめですね。
口に含むと透明感はそれ程ありませんがまろやかな舌触りで味わいが広がっていきます。
この味がなんか甘いとは言い難いのですが甘苦いというか甘辛いというかどうにも表現し難い味わいなんですよね。
甘さを苦辛さでコーティングしたけど隠しきれずにはみ出てくる甘さみたいな…。
流れていった後にも鼻から甘味が抜けるような残り香があります。

前回からちょうど一年振りなのでBYも違うとは思いますが、それにしたってこれは変わりすぎじゃないでしょうか。
味わい自体は高精米らしく上品なまろやか系で雑味があったりということは無いのですが、2015BY、2016BYと楽しんできた身としては、これだけ別物になってしまうとさすがにリピートは無いです。
新しく好みになる銘柄もあれば去っていく銘柄もあるという常きげん参五磨の三回目にして恐らく最後のレビューでした。
常きげんはやっぱ吟醸王国アンティークだけでいいやw

外飲み記録 和おん 造り【鯵 グレのたたきと白子】 きのめのしゃぶしゃぶ 的鯛の酒蒸し 花いさきのガーリックバター焼き 鱧のすき焼き


本日の和おんは火いら寿が入ると聞いていたのですが、福井の豪雪の影響で入荷が遅れているということで仕方なく而今を頂いています。
代わりに而今が出て来るなら一週間と言わず数週間くらい入荷が遅れても構わないなあw

IMG_20180223_182149HD.jpg
付き出しは鱧を頼んだので骨せんべいが出てきました。

IMG_20180223_182153HD.jpg
本日も熊野灘の朝採れの魚が入っているのですが、どうも鮮度が良いからといって何でもよいわけではなく、魚によっては一日程度置いたほうが身も柔らかくなって美味しいのだそう。
そんな中で幾つかお薦めを聞いて頂いた鯵の造り。

IMG_20180223_182156HD.jpg
右は肝醤油。美味です。

IMG_20180223_182641HD.jpg
続いてグレのたたき。
元々歯応えがそこそこ良い魚ですが、鮮度が良いと確かに歯応えありすぎな感はありますw
ただ味は香ばしく非常に美味。

IMG_20180223_182648HD.jpg
癖の強い身に比べて驚くほど上品でしっとりした味わいのグレの白子。

IMG_20180223_182816HD.jpg
こんな感じにすると歯応えのある身とふんわりした白子の食感、たたきの香ばしさと白子のまろやかさが溶け合って素晴らしい味わいに。

IMG_20180223_183448HD.jpg
きのめのしゃぶしゃぶ用の鍋。
魚は出汁用でなんだったかな。
普通に食べても美味しい魚です。

IMG_20180223_183452HD.jpg
きのめと言っても木の芽ではなくきのめ。
和歌山で採れるワカメに似た海藻なのですが当然初耳。
しかも検索しても全然情報が出てこないw
品書きに「ひろめ」とも呼ばれますと記載があって、ひろめで検索したらようやく出てくるくらいマイナーです。
味はというとワカメ系ですがやや味が濃いのでしゃぶしゃぶでメインにしても十分酒のお供になりますね。

IMG_20180223_184455HD.jpg
あまり縁のない的鯛。
ムニエルが定番ですが、今回は別の魚で洋風調理を頼んでいるので、こちらは酒蒸しで頂きました。
とても美味。

IMG_20180223_185716HD.jpg
花いさきのガーリックバター焼き。
調べてもほとんど情報が出てこないので曖昧ではあるのですが恐らくアカイサキという種で所謂イサキ、イサギとは別の魚です。
味もイサキをガーリックバター焼きで食べたことがそもそもないので比較はできないのですが、イサキをガーリックバター焼きにしてもこうはならないんじゃないかという印象でした。
店で詳しく聞いておけばよかったな。

IMG_20180223_190502HD.jpg
最後に鱧をすき焼きで。
鱧をすき焼きで食べるのは初めてですが、結構美味しいです。

IMG_20180223_191613HD.jpg
最後はうどんを入れて頂いて〆。

而今は二合か三合だと思います。
あまり聞いたことの無いような魚、食べ方を見るとつい全部食べたくなってしまってかなり分量が増えてしまった和おん外飲み記録でした。
ご馳走様でした。

外飲み記録 炭と蕎麦 しろや 河内鴨のたたき 芽キャベツ炭焼 鰻の白焼 炙り鴨汁蕎麦


月に一度の中之島ご飯シリーズ。
今回は過去二度ほど予約無しで飛び込もうとして追い払われた蕎麦屋に予約して乗り込みます。
リーガで用事を済ませた後でざっくり検索して電話したところ空席ありということで喜び勇んで向かいました。
久しぶりなのでスマホナビを頼りにたどり着いた所、なんか店が違うw
どうも店を検索する際に近所の別の有名店を間違って選んでしまったようで、今更予約キャンセルするのも申し訳ないのと、こちらも結構有名なお店らしいということで入りました。
店内はカウンターバーのようなイメージでボックス風の四名席が2,3テーブルという小じんまりとした造り。
お酒は伯楽星の純米吟醸を頂きます。

IMG_20180221_192111HD.jpg
鴨は右側の五種の薬味を好みで使って頂きます。
下三種は全て塩。
端っこの方はやや味が薄く物足りないように感じましたが、真ん中あたりは美味です。

IMG_20180221_194325HD.jpg
芽キャベツの炭焼はしらすが盛ってあります。

IMG_20180221_195212HD.jpg
特に期待せずに頼んだ鰻の白焼き。
予想外に美味しく嬉しい驚き。
香ばしさも脂の乗りもたっぷりな鰻でした。

IMG_20180221_200608HD.jpg
IMG_20180221_200611HD.jpg
蕎麦は炙り鴨汁蕎麦を頂きました。
汁が非常に濃厚ですが、蕎麦にも力があって負けていないので美味しく食べることのできるレベルの高い味。
ただ蕎麦湯がほとんどただのお湯みたいな感じで物足りないのが蕎麦が美味しいだけに非常に残念。

お酒は平日ということもあり伯楽星を最初にグラス、その後一合のみで抑えています。
蕎麦前は他にも天ぷらや鴨串などがありますが、本日頂いた品のレベルをみるに期待できると思います。
お酒は伯楽星と澤屋くらいしか選択肢がなく、この二種も手書きだったので随時入れ替えている様子。
できればもう少し選択肢がほしいかな。
蕎麦は蕎麦湯以外文句ないですし割と高いレベルでまとまっている良いお店なので近所にあれば頻繁に使うことろですが、中之島というか北新地エリアだと他にも行きたい店が多いので悩ましいところではありますね。
それでも機会があればまた軽く飲みながら蕎麦を食べに訪れたいと思います。
ご馳走様でした。

※予約を取るつもりだった店の前を帰り道に通りましたが満席&まだ寒いのに外にも待ち客が並んでいる状態でしたw

外飲み記録 伊勢田 牛レバー炙り 牛たたきユッケ 串焼きホルモン 串揚げ クッパ


久しぶりの伊勢田です。
なんか瓶ビールなら銘柄選べた筈なんですが、メニューには瓶も生もアサヒしか無いので生を頂いています。

IMG_20180220_182413HD.jpg
お目当ての牛レバー炙り。

IMG_20180220_182632HD.jpg
こちらも定番の牛たたきユッケ。

IMG_20180220_183838HD.jpg
串揚げ開始。

IMG_20180220_184427HD.jpg
IMG_20180220_185228HD.jpg
メニューを良く見たら串焼きホルモンもあったので頂いています。

IMG_20180220_185601HD.jpg
もう一度串揚げ。

IMG_20180220_185949HD.jpg
最後にクッパで終了。

休みが不定休で開いていたり閉まっていたり、平日に満席かと思えばこの日のように自分一人だったりと掴みどころの無い部分のあるお店ですが、そこそこリーズナブルで好物はかなり美味しい近所のお気に入りの串揚げ屋伊勢田の外飲み記録でした。
ご馳走様でした。

外飲み記録 フルバリ フルバリセット


晩飯目的であって飲みに行ったわけではないのですが軽く飲んでいるので一応外飲み記録なフルバリです。
夜も昼と似たようなセットがあったのでそちらを頂きます。

IMG_20180219_183107HD.jpg
シシカバブとサモサとタンドリーチキン。
タンドリーチキンは昼と違って温かくホクホク。

IMG_20180219_184253HD.jpg
カレーはほうれん草とシーフードの二種類。
どっちもデフォルトだと辛さが物足りないかな。
前回食べたキーマやチキンの方が美味でした。

IMG_20180219_184257HD.jpg
チーズガーリックナン。
ガーリックはともかくチーズは不要でした。
ただでさえ辛さが物足りないカレーにチーズが入るともう完全に甘口間隔。

IMG_20180219_190614HD.jpg
マンゴーラッシーは追加注文。
バニラが非常に滑らかで予想外に美味。
和食洋食共にそこそこ値段を取るような店でも、デザートでめいらくの業務用カチカチアイスを出してきやがるケースが珍しくないなかで嬉しい驚き。

カレーのチョイスに失敗しましたが、とりあえず各種食べてみないとという目的もあったので特に印象が悪いわけではありません。
相変わらず接客がカタコトの割に非常に丁寧で好感のもてるアメ村西のインドネパール料理有名店、フルバリの外飲み記録でした。
ご馳走様でした。

外飲み記録 焼肉五苑 なんば店 ホルモン盛り合わせ ハラミ ロース ミスジ


ここのところ肉系の外飲みで少し外れを引いていたので、肉欲を満たすべく髙島屋のきっしゃんで良い肉をと思ったのですが、12時にもなってないのに、ふざけんなっつーくらい行列になっており、早々に諦めて足を伸ばして五苑でホルモン中心に焼肉を頂くことにしました。

IMG_20180218_121840HD.jpg
厚切り牛タン。

IMG_20180218_121930HD.jpg
以前はホルモン以外に焼肉のセット盛りがあったのですが、本日は見当たらないので単品で。

IMG_20180218_122112HD.jpg
お目当てホルモンはセットがありました。

IMG_20180218_124251HD.jpg
随分遅れて出てきたロース。
頼んだことも忘れていたくらいw

本日は頼んでいませんが特上系の肉でも和牛ではなく国産牛のお店なので味もタレをたっぷり漬けて食べるような肉ではありますが、生を5杯でこれだけたべてもお安いのでコスパは抜群です。
ご馳走様でした。

外飲み記録 すし萬 大丸心斎橋店 あん肝ポン酢 春野菜と蟹身の天ぷら キンキの塩焼き お好み鮨 イクラの茶碗蒸し


寿司気分でしたが人見知り気分でもあったのでカウンターで大将と会話しながら食べるような店ではなく、放ったらかし系のお店をということで、随分ご無沙汰になっていたすし萬を訪れました。
一年くらいブランクがあると思いますが酒の品揃えにはまるで変化がなかったのでいつも通りの九平次です。

IMG_20180217_170841HD.jpg
付き出しはうざく。

IMG_20180217_171114HD.jpg
見た目にいつも気を遣っている印象のあるあん肝ポン酢。

IMG_20180217_171724HD.jpg
春野菜の天ぷら。
こごみなどもあって天だね自体は非常に好みなのですが、冷めている品と熱々の品があって、有り体に言えば下手な天ぷらでした。

IMG_20180217_172321HD.jpg
手ブレていますが蟹は全部熱々で美味でした。

IMG_20180217_173109HD.jpg
キンキの塩焼き。たまにしか食べられない高級魚ですがやっぱ美味いっす。

IMG_20180217_174653HD.jpg
あとはいつも通りのお好み鮨。

IMG_20180217_175527HD.jpg
洒落乙なゲタ皿。

IMG_20180217_175924HD.jpg
最後に好物イクラの茶碗蒸し。

まあ天ぷらは元からそれ程期待していたわけではありませんが、百貨店のテナントでそれなりの値段を取る以上は、「下手だなあ」と思わせてしまう品が出てくるのは頂けません。
とは言え他はさすがに安定した美味しさでした。
また稚鮎や燃えさかるサザエのつぼ焼き食べに訪れようかと思います。
ご馳走様でした。

外飲み記録 和おん 造り【カワハギ ホウボウ 鯵のタタキ】 鱈白子ポン酢 芝海老唐揚げ 金目鯛塩焼き 鰤のねぎま鍋


本日の和おんは先週同様而今。
残り一合ちょっとしかないということで全部入れてもらいました。
付き出しは聴き逃しましたが何かの魚の内臓系。美味です。

IMG_20180216_182748HD.jpg
本日の隠しメニューカワハギ。
ウマヅラハギだったかな?

IMG_20180216_182755HD.jpg
肝がやたら大きくて造りと同じ皿には乗り切らないので、小鉢に山盛り入って出て来る始末w

IMG_20180216_182946HD.jpg
大好きな食べ方で而今がスイスイ進みます。

IMG_20180216_183739HD.jpg
北海道産鱈白子ポン酢。

IMG_20180216_184233HD.jpg
この日は地元三河湾産の魚が入っており、こちらはホウボウ。
ホウボウは煮たり焼いたり手を加えた方が好きな魚ですが、本日は他の魚で焼きなどを頼んでいるので造りで。

IMG_20180216_184751HD.jpg
金目鯛の塩焼き。美味すぎ。

IMG_20180216_190438HD.jpg
芝海老の唐揚げ。

IMG_20180216_185655HD.jpg
鯵のタタキ。

IMG_20180216_190852HD.jpg
手ブレていますが鰤のネギマ鍋。

IMG_20180216_192119HD.jpg
最後に金目の頭を味噌汁で頂きました。

お酒は而今の後に東洋美人を頂いています。
冬の魚とはそろそろお別れの季節なので、ややその辺を意識的に頂いた和おん外飲み記録でした。
ご馳走様でした。

外飲み記録 中華旬彩 森本 よだれ鶏 牛頬肉とキクラゲの麻辣和え 牛肉水煮 麻婆豆腐 上海蟹とフカヒレのスープ 担々麺


心斎橋の人気四川料理のお店、森本に初めて飛び込みました。
基本予約必須で店に入るまでもなく看板に「本日予約で満席」と張り紙がしてあるので、予約嫌いの自分には縁がなかったのですが、平日に覗いた所、「本日空席あり」ということで予約無しでも入ることが出来ました。
店内は元はカウンター&テーブル席の洋風バル系の店を改装したような造り。
縁やNAKAといい心斎橋の四川のお店はなぜかそんなんばっかりですねw
お酒はワインと中国酒はかなり揃っています。
とりあえず桂花陳酒のソーダ割りから。
ちなみに料理は基本2~3人前ですがお一人様ならある程度調節してくれます。

IMG_20180214_182001HD.jpg
付き出し。サーモンのコンフィがかなり美味。
右の干したような筍も旨し。

IMG_20180214_182135HD.jpg
よだれ鶏。
丹波地鶏を使い、十三種類のスパイスなどを混ぜた特製のタレを使用と品書きにはありましたが、ちょっと辣油感が強すぎるかなあ。
「特製辣油鶏」という名前で出てくるのなら問題ない美味しさなのですが、よだれ鶏として出てくるとうーんってところ。

IMG_20180214_182747HD.jpg
牛頬肉とキクラゲの麻辣和え。料理名は正確かどうか自信が無いです。
水煮を頼んでいたので被るかなと思いましたが、冷菜でさっぱり系でした。

IMG_20180214_183452HD.jpg
牛肉水煮。
グツグツに煮立って出てくる店は初めてかなw
味はガッツリ辛いです。

IMG_20180214_184325HD.jpg
土鍋で出て来る麻婆豆腐。
これは非常に美味しいです。
様々な味の要素のバランスが取れていて尚且つしっかり辛い。

IMG_20180214_190131HD.jpg
上海蟹とフカヒレのスープ。
濃厚で上海蟹とフカヒレの味もしっかり楽しめて、非常に美味ですね。

IMG_20180214_191022HD.jpg
担々麺も胡麻と挽き肉と辛さのバランスを高いレベルで保っています。

お酒は桂花陳酒二杯と紹興酒10年を二杯。
麻婆豆腐、上海蟹とフカヒレのスープ、担々麺は、この品のためにリピートしたいと強く思わせるパワーがありますね。
人気なのも納得です。
週末に飛び込むのは無謀なので時々平日にふらっと立ち寄りたい中華旬彩森本の外飲み記録でした。
ご馳走様でした。

日本酒 ブログランキングへにほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村