高天 純米吟醸 高橋美絵スベシャル 無濾過生原酒 高天酒造 長野 八重原産ひとごこち


長野の地酒、高天の純米吟醸、高橋美絵スベシャル 無濾過生原酒のレビューです。
高橋美絵さんというのはネットで見ると杜氏代理か新杜氏さんみたいですね。
蔵元の方針でほとんどマスコミの露出は無いものの地元長野ではかなり有名な銘柄で、その中でも希少なスペックのようです。

それでは早速香ってみると大人しくも華やかでもなく割と普通かな。
口に含むとちょいまろやかな舌触りに酸味主体の味の展開。
徐々に甘味が入り混じってきて、非常に芳しい後味が残ります。
この後味が非常に素晴らしく、口の中で揺蕩うような芳香をいつまでも転がしていたい欲求にかられてしまうほど。

うーん、自分の好みには合わないことの多い長野の酒と聞いて若干身構えていたのですけど、これかなり美味しいですね。
評価的にも可-良のかなり良よりで、また飲む機会があって印象が変わらなければ即良にしてもいいくらい。
後味にうっとりという素晴らしいお酒、高天の純米吟醸、高橋美絵スベシャル無濾過生原酒のレビューでした。

高天
純米吟醸
高橋美絵スベシャル
無濾過生原酒
八重原産ひとごこち
精米歩合 49%
日本酒度 -2
酸度 1.2
高天酒造
長野

外飲み記録 CHINESE KITCHEN 優真 トマトの麻辣ソース ピータン よだれ鶏 春巻き 牛肉の激辛四川オイル煮込み 鉄鍋麻婆豆腐


あと一回通えるかどうかというのが寂しいお気に入りの四川料理のお店、優真の外飲み記録です。
お酒は最初から紹興酒ロック。

IMG_20180531_181249HD.jpg
トマトの麻辣ソース。
あんま麻辣って感じでもなかったかな。

IMG_20180531_181816HD.jpg
この日はピータン以外にもピータン豆腐がメニューにあったのですが、ここの大将がもともと修行していたらしい明元のピータン豆腐がアレなのでリスクは冒さずピータンのみw

IMG_20180531_182139HD.jpg
よだれ鶏旨し。
そういえば以前はハーフにするか聞かれていたけど、ずっと断り続けていたらいつの間にか聞かれなくなっていたw

IMG_20180531_182635HD.jpg
具だくさんというわけでもないのに地味に美味しい春巻き。

IMG_20180531_183326HD.jpg
四川オイル煮込みは相変わらずオイルが美味すぎてレンゲでずっと掬いながら舐め続けてしまうw

IMG_20180531_183826HD.jpg
鉄鍋麻婆豆腐も絶品也。

四川料理はマイ・フェイバリットを見つけるのに何軒かまわる必要があるので引っ越しでリセットされるのは辛いなあ。
せめてあと一回は使いたい優真の外飲み記録でした。
ご馳走さまでした。

外飲み記録 駱駝 豚の薄切り辛みソースがけ 蒸し鶏の山椒ソースがけ 麻婆豆腐 豚肉と野菜の辛味炒め 牛肉の四川風 唐辛子煮込み 汁なし担々麺


夜は北白川の四川料理のお店、駱駝を訪れました。
6時でちょっと待ちはありましたが、割とすんなり入ることが出来ていますが、その後は結構混雑気味で人気店の様子。
紹興酒を頂きつつ、まずは豚の薄切り辛みソースがけ。
美味しいですが辛味ソースと言うほど辛くは無いですね。

DSC_0287.jpg
続いて蒸し鶏の山椒ソースがけ。この店、料理がかなり早く出てきますね。
そして蒸し鶏の山椒ソースがけが絶品。
ソースだけずっと舐めていたいくらいw

DSC_0288.jpg
麻婆豆腐。
味噌の味(豆豉と呼ぶのだと大仏さんから教えてもらいました)がややバランスを壊しているのが非常に残念。

DSC_0289.jpg
豚肉と野菜の辛味炒め、所謂回鍋肉です。
こちらは普通の美味しさ。

DSC_0290_20180530145206aa9.jpg
牛肉の四川風 唐辛子煮込み、所謂水煮。
これは残念。なんか中華風牛肉スープ?
辛くも無いしかといって旨味がって言うわけでもなく肩透かし。

DSC_0291.jpg
満腹になって一口くらいしか手を付けなかった汁無し坦々麺。

水煮はさすがに合格点は出せませんが、全体的には満足度の高いお店で、紹興酒もスイスイと400mlくらいは頂いています。
この後、大仏さんと祇園で別れて翌日は昼過ぎになっても全然腹が減らなかったのですが、夜食にラーメンを食べつつ、翌日もモリモリ食べ歩く大仏さんに戦慄した京都大衆中華巡りでした。
ご馳走様でした。

京都そぞろ歩き 大仏さん随行編


昨日の鳳飛のあとの晩飯までの散策記録です。
まず近所の大徳寺へ。

DSC_0278.jpg
DSC_0282.jpg
大徳寺名物のあぶり餅。
昼飯直後なので一人前でも結構腹に堪えました。

DSC_0284.jpg
DSC_0285.jpg
その後、桂の老舗和菓子店中村軒でかき氷。
まだ腹も減っていなかったので甘さ控えめのゆずにしました。
サイズ的には先週のpage oneより一回り小さいくらいなのですが、同じ味がずっと続くとちょっと後半飽きが来ますね。
果肉、シロップ、練乳で味のバリエーションが豊かなpage oneの方が個人的な評価は高いです。

この後、丸太町の有名紅茶店に赴いたのですが生憎の満席で、三条の紅茶専門店で良さげな茶葉を買いつつ晩飯の中華料理屋に向かっていますが、こちらは明日の記事で。

外飲み記録 鳳飛 焼豚 春巻き 焼売 辛子鶏 海老玉子 酢豚


大仏さんが夜の祇園で豪遊する前に大衆中華巡りをするというので、大衆中華巡りのところだけ付き合うことにしました。
なんでも鳳舞系とかいう京都の人なら馴染みの深い広東料理の系列のお店だそうです。
店はちょっと前に改装したそうで小綺麗な寿司屋みたいなカウンターとテーブル席が4~5くらいと奥に座敷があります。
40分前には誰も並んでいませんでしたが、5分前に戻ってみたら20人弱の行列になっていて、ギリギリで第一陣に加わることが出来ました。
火、水が休みなのでビジネスマンよりは家族向け、観光客向けですかね。
お酒はどうもビールくらいしかなさげ。

IMG_20180526_122951.jpg
まずは名物の一つらしい焼豚。
こいつは美味いです。
焦げ目がカリッとして香ばしく、脂タップリでビールと最高に合います。
焼豚は(特にパサパサしてる奴)料理としてはそれ程好きではないのですが、これは別格。

DSC_0272.jpg
春巻きはまあ普通かな。

DSC_0273_20180529160805035.jpg
焼売は肉肉しくてとても美味。

DSC_0274_20180529160806903.jpg
こちらも名物辛子鶏。
一拍おいて酸味が微かに添えられた辛味がグッときます。
これは紹興酒と合わせたいなあ。
ちなみに豊橋民しかわからない喩えですがほんのちょっとだけチャオスパを思い出しますw

DSC_0275_2018052916080863a.jpg
海老玉子は海老がちょっと切ないくらい小さい&少ない。

DSC_0276_20180529160809d8b.jpg
酢豚も大して好きではないので悪い品とは思いませんが、良し悪しは不明です。

一品料理系の量は基本的に一皿二人前ですね。
一人で行くのは無謀です。
好みはありますが、基本的にどの品も出来合いの物ではなく、ちゃんと作ってある感がしますね。
京都の大衆中華の名店、鳳飛の外飲みでした。
ご馳走様でした。

外飲み記録 和おん 丸鯵の造り 鰆の焼き霜 穴子の白焼 岩牡蠣のカキフライ イカの白子 アコウの煮付け 鴨のカレー


本日の和おんは先週同様而今から。
来週くらいにはここにも大阪を去ることを伝える予定なので、そのことを考えるとちょっとドキドキw

IMG_20180525_183345HD.jpg
明石の丸鯵と熊野の鰆を焼き霜で頂きます。
鰆は造りは大して評価していませんが、焼き霜にするとランクがかなり上がります。

IMG_20180525_184519HD.jpg
穴子の白焼。
そう言えば論外な鰻をうなごという蔑称で呼ぶ風潮があるみたいです。

IMG_20180525_185019HD.jpg
三重のブランド牡蠣、的矢の岩牡蠣のフライです。
フライにしてしまっているせいもあるかとは思いますが、まあ普通に美味しいって感じでスペシャル感は無いですね。

IMG_20180525_190130HD.jpg
イカの白子。
非常に弾力に富んでいて、いかにも烏賊の白子!という食感です。
味も烏賊らしく割とあっさり系。

IMG_20180525_192132HD.jpg
先程の烏賊のトンビ。

IMG_20180525_191221HD.jpg
明石のアコウは煮付けで。

IMG_20180525_192853HD.jpg
IMG_20180525_192855HD.jpg
最後にずっとメニューの隅っこにあって気になっていた河内鴨のミニカレーを頂きました。

而今は三合だったかな。
まだお店には伝えてませんが、お別れ間近な和おんの外飲み記録でした。
ご馳走様でした。

外飲み記録 鮨そういち アテ盛り合わせ 牡蠣ポン酢 鯨のさえずり キンキ塩焼き お任せ鮨


一番お気に入りの寿司屋鮨そういちを訪れました。
この記事が上がる頃には各所にほぼ通知が終わっている筈なのでぶっちゃけると大阪を離れます。
ここんとこの外飲みで新規開拓をせずに馴染みの店が多いのも、心残りが無いようにという理由もあったりします。
私事はともかくとして本日の付き出しは煮蛸。
煮蛸を自信満々で出してくる店は良い店が多いイメージがありますが、こちらもさすがの柔らかさと美味しさです。

IMG_20180523_185101HD.jpg
アテの盛り合わせは前回に引き続きトリ貝も出てきました。
そろそろ三河湾も禁漁の時期だそうです。
雲丹はまずは淡路産。

IMG_20180523_190127HD.jpg
続いて殻付きは三陸産。

IMG_20180523_190355HD.jpg
この時期一番のお薦め北方領土産。

IMG_20180523_191053HD.jpg
岩牡蠣かと思いきやまだ真牡蠣。
岩牡蠣は大将曰くもう少し待ったほうが良いそう。

IMG_20180523_191857HD.jpg
鯨のさえずり他。めっさ美味い。
以前専門店で食べた時は美味しい部位もあれば論外の部位もあるねって感じでしたが、これは臭みもなく旨味が際立っています。
肉は幼い方が臭みが少ないイメージなのですが、鯨については大きく育った個体の方が臭みは少ないそうで、そういう鯨のときだけ仕入れているそう。

IMG_20180523_192634HD.jpg
先程のトリ貝の残りを鮨で。

IMG_20180523_195252HD.jpg
キンキの塩焼きを頼んでいますがじっくり焼いているので、待っている間におまけの内蔵。

IMG_20180523_200305HD.jpg
時間をかけて炙っているので子鮎と同じような感覚でヒレなどもパリパリと食べることが出来ます。
焼き魚で時間を掛けてくれるところはハズレ無し。

IMG_20180523_202622HD.jpg
こっからお任せ鮨。

IMG_20180523_203058HD.jpg
IMG_20180523_203513HD.jpg
IMG_20180523_203802HD.jpg
IMG_20180523_204239HD.jpg
IMG_20180523_204445HD.jpg
IMG_20180523_204752HD.jpg
IMG_20180523_205552HD.jpg
最後に山椒の聞いた赤だしで終了。

雨の降る平日であっさり席を確保できたのですが、その後すぐに他の席が埋まっていき、飛び込み客は断られたりと相変わらずの人気振り。
気さくな大将のトークと丁寧な仕事の魚を本日も楽しんだ鮨そういちの外飲み記録でした。
ご馳走様でした。

日本酒 ブログランキングへにほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村