外飲み記録 メーザ・エスタシオン 特選旬菜コース&お好み天ぷら&馬刺し


東洋陶磁美術館で宮川香山の作品を観てきました。
高浮彫というちょっと引くくらい凄まじい技巧を凝らした陶芸作品で世界的に有名な方だったそうですが、館内撮影は当然禁止なので興味のある方は画像検索でもしてみてください。
高浮彫は当然ながら迫力満点なのですが、金彩の絵付けも割と好みで、お気に入りの神戸薩摩焼の盃や以前に三年坂美術館で見た京薩摩にも通じるものがあるなあと思っていたら、宮川香山自身は京都出身ではあるものの、薩摩焼を発展させて彼オリジナルの真葛焼を確立したのだそうで、そりゃ薩摩焼と通じる部分があるのも当然ですね。
陶芸好きと言っても自分で作りもしなければ、勉強も全くしないので、こういう時に知識不足が露呈するのですが、知らないからこそ、これもしかして…と思って後で調べてああやっぱり、と一人で納得したりするのも楽しみのひとつだったりします。

その後、東洋陶磁美術館を後にして久しぶりにメーザ・エスタシオンに寄りましたので、標題の外飲み記録です。
IMG_20160702_125006.jpg
お酒は八海山から。相変わらず酒器は凝っています。
できたら銘柄も凝って欲しいのですが、他には白鶴や賀茂鶴などの品揃えw

IMG_20160702_130025.jpg
コースとは別にオーダーした馬刺しです。
馬刺しは良し悪しがわかるほどに食べてはいないのですが、これは美味しかったです。
部位の説明も受けてハラミと肝は覚えているのですが、心臓に近いところのコリコリした何かともう一つは忘れましたw
ちなみに最近ガラスの皿に造りとか盛りつけるのって涼しげで良いなあなどと思い始めて、ガラスの皿を物色したりしているのですが、このお皿はかなり良いです。持ち帰りたいw

IMG_20160702_131009.jpg
いつも光源の関係で画像が白飛びしている天ぷらはこの日はある程度まともに撮れています。
これは才巻海老。

IMG_20160702_131332.jpg
金針菜とヤングコーン。

IMG_20160702_132251.jpg
万願寺とうがらしと菜の花だった何かの芽の部分。

IMG_20160702_131512.jpg
奈良のゆうきゅうという名前のお酒。まだ八海山の方が好みかな。

IMG_20160702_131723.jpg
鱚と茗荷。

IMG_20160702_134109.jpg
この時期定番の稚鮎。

IMG_20160702_133031.jpg
本シメジ。

IMG_20160702_133135.jpg
また八海山に戻ります。信楽焼かな?酒器は凝っているんだよなあw

IMG_20160702_140114.jpg
岩牡蠣。

IMG_20160702_135401.jpg
鱧とアスパラ。

IMG_20160702_140003.jpg
雲丹。

お酒は三合、天ぷらはまだ載せていない画像もかなりあるくらいガッツリ頂きました。
相変わらずのクオリティでご馳走様でした。

スポンサードリンク

コメント

非公開コメント

No title

テンプラみたいな酒器があるなw

No title

白鶴や賀茂鶴でも興味深い酒は有るんですけどね。酒器ほど凝らなくても、もう少しなんとかして欲しいもんです。

これで一部ということは相当満喫したねw
羨ましい。

Re: No title

> テンプラみたいな酒器があるなw

最後の信楽焼の酒器かな?w

Re: No title

> 白鶴や賀茂鶴でも興味深い酒は有るんですけどね。酒器ほど凝らなくても、もう少しなんとかして欲しいもんです。

白鶴、賀茂鶴は最初の印象が悪かったので、それ以降は手出ししなくなってますw

Re: タイトルなし

> これで一部ということは相当満喫したねw
> 羨ましい。

ここ天ぷらはかなりクオリティ高い上に、自宅から遠いのでたまに訪れた時は未練を残さないようにとことん行くw

日本酒 ブログランキングへにほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村