外飲み記録 芙蓉苑 豚ホルモンの鉄板焼き よだれ鶏 四川麻婆豆腐 ピータン豆腐 フカヒレスープ


病み付きな辛さが売りの本場四川の店、芙蓉苑です。
この記事を作成する段階ではすでに東京詣でも終わっており、幾つかの東京の四川の店を訪れていますが、激辛系としての美味さは東京の名店を訪れた後も色褪せない店です。
今回は機会がなかったのですが、大仏さんが贔屓にしている上野あたりの激辛四川が恐らくここと似たタイプなのかなと勝手に想像しています。

IMG_20180609_125258HD_20180704161012007.jpg
豚ホルモンの鉄板焼き。

IMG_20180609_130119HD_201807041610136ae.jpg
手ぶれていますがよだれ鶏。
神楽坂の芝蘭という店のよだれ鶏が、この品の辛さを三倍マイルドにしたような味で、そのためにちょっと物足りなく感じたりw

IMG_20180609_130410HD_201807041610140f9.jpg
四川麻婆豆腐。
辛さは四段階中の下から二番目を選んでいますが、上野がこれの最上位クラスの辛さと同じなのかなあ。

IMG_20180609_130636HD_201807041610159fa.jpg
ピータン豆腐。

IMG_20180609_133213HD_201807041610112f7.jpg
フカヒレスープ。

旨辛系の店は地元にも一軒ありますが、この手の病み付き激辛系が今の所、見当たらないのが残念。
大阪の本場四川の辛さが味わえる芙蓉苑の外飲み記録でした。
ご馳走様でした。

スポンサードリンク

コメント

非公開コメント


日本酒 ブログランキングへにほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村