日本酒のパーカーポイントと飛良泉純米大吟醸羽州蔵の購入方法

PIC_20161019_190529.jpg

9月1日の話題なので取り上げるのが遅いにも程があるのですが、ワイン・アドヴォケートが初の日本酒評価を発表という記事についてのお話です。

この記事と評価自体は9月1日頃に幾つかの日本酒関係サイトで取り上げてられていたので、ご覧になった方も多いと思います。
ワインについては全く無知なのでパーカーポイントについても詳しくは知らないのですが、軽く調べたところ採点基準は下記の通り。
■50点スタートで下記の基準で加点、最高100点。
■ ワインの総合的な色と外見に 1~5点
■ アロマ(原料ブドウの香り)とブーケ(熟成してできた香り)の強さと複雑さ、  清潔さをみて  1~15点
■ 風味と後味は、味の強さと調和と清潔さ、後味の深さと長さを見て 1~20点
■ 全体の質のレベル、また若いワインの場合は将来の熟成と進歩の可能性に 1~10点
※日本酒の場合の加点評価基準は公開されていないようです(テイスティングノートは有料会員限定で公開)。
点数は60点台は並以下というより品質に問題があるレベル、70点台が並、80点台が平均をやや上回る、90点台でかなり優良という扱いのようです。

パーカーポイントサイトでは90点以上を獲得した日本酒の優良銘柄が公開されています。
見るとレビュー済みでお気に入り銘柄が幾つか入っています。
書き出していくと
◯飛良泉羽州蔵
◯あさ開純米大吟醸旭扇
◯黒龍火いら寿
◯飛露喜純米大吟醸
◯勝駒純米吟醸
以上の銘柄はレビュー済みで個人的高評価のお酒です。
それ以外にもレビューの機会はまだ無いのですが南部美人の純米大吟醸というブログ開設前に良評価をしているお酒や常きげんのKiss of Fire、龍力米のささやきなど割と自分好みのお酒がちらほらと見受けられます。
これだけ好みと合致してくると、このリストのお酒は今後新規開拓銘柄を選ぶ際の参考にしようかと思ったのですが、駄目だこりゃとぶん投げた比較的自分の好みから遠かった銘柄も幾つかいらっしゃったので、やっぱり止めておこうと思い直したりしていますw

さてここからが本題。
最初にスルーしていたこのパーカーポイントのリストを見直す切っ掛けになったのが飛良泉の羽州蔵です。
過去に複数回レビューして絶賛している銘柄ですが、髙島屋限定ラベルということで入手困難な上に、少なくともネット上での情報は皆無に近いという話は何度も言及している通りです。
ところがそんな「飛良泉 羽州蔵」というキーワードで検索を掛けて、このブログにやってくる方が最近いきなり増えたので、なぜだろうと調べたところ、このパーカーポイントの高得点日本酒リストに羽州蔵が入っていることを知りました。

大好きで尚且つマイナーな飛良泉羽州蔵が高評価を獲得したことはとても喜ばしくはあります…が、昨年の秋から今年の夏まで髙島屋の試飲販売でしか購入する術がなく、髙島屋オンラインショップですら購入することのできなかったという羽州蔵です。
記事を見て初めて羽州蔵を知った人が買いたいと考えてもどうにもならんだろ…というのが正直な感想。
というわけで図らずも「飛良泉 羽州蔵」でぐぐると上位というかトップに来てしまう零細ブログとして、お役に立てばと羽州蔵の購入方法をもう一度まとめて置こうかなと思った次第。

飛良泉 羽州蔵
純米大吟醸
髙島屋限定品
☆購入方法
一、髙島屋に飛良泉本舗が試飲販売に来ている時を狙う(一番確実)
二、試飲販売後しばらくは店頭に在庫が残っている可能性があるので、それを狙う
三、髙島屋オンラインショップで買う
※お中元、お歳暮の時期に比較的オンラインに並びやすいのですが2015年のお歳暮、2016年のお中元の時期には全く見掛けなかったので安定しません。ただ2016年10月22日現在は髙島屋オンラインショップでお歳暮用として取扱があります。

というわけで自分用は先に十分に確保したので、飛良泉羽州蔵の入手方法についてまとめてみました。
パーカーポイント高得点を切っ掛けにいつでも買えるようになって欲しいなあ(切実)。

豊橋祇園祭 大正軒 黒蜜きなこミルクがけ

前回の京楽軒で鰻を食べてからの記録です。今回は日本酒の話題はほんの少しだけ。


豊川稲荷を詣でてから、地元の団子の名店大正軒でかき氷を頂いています。
私はそもそもお店でかき氷を食べるという習慣がないのですが、この夏だけで私が人生で食べた回数を遥かに上回るレベルでお店のかき氷を食い倒しているD氏の勧めで頂いてみました。
確かにこれはかなり美味しいです。
ただ普段からカフェですら入る習慣のない身なので、美味しいからといって今後じゃあいっちょかき氷でも食べに行くか!となるかというと多分ならないだろうなあw
ただお盆に帰省したついでに、ここに寄るのはありなので、そういう使い方は今後もあるかもです。

PIC_20160716_195558.jpg
そして本日のメイン、豊橋祇園祭の打ち上げ花火です。
友人D氏が桟敷席を押さえてくれているので、目の前でガンガン打ち上がる大迫力の花火を楽しめます。
※大量の画像を撮影したのですが、特に目の前でという迫力が伝わりそうな一枚を選んでいます。

お酒は皆で持ち寄りましたが、貴の発泡系と蓬莱泉の摩訶をメインに頂いています。
と言っても昼の京楽軒で相当飲んだので、割と早い段階で酔いが回ってヘロヘロになっていますw

そして去年の記事でも言及している川◯塗料提供のミュージックスターマインの時間がやってきました。
去年DeepPurpleのBurnといういい意味で頭の狂った非常にセンス溢れる選曲をした◯西塗料さんの今年の選曲に非常に期待をしていました。
そして花火の開始と同時にかかった音楽がCant take my eyes off you(邦題君の瞳に恋してる)。
日本でも多くのミュージシャンにカバーされたキャッチーなポップスです。
正直お前には心底がっかりだ家族みんなで花火を楽しむのに相応しい素晴らしい選曲デスネ。

曲はともかく花火は素晴らしかったので、ブログ初の動画投稿も試してみようと思います。

というわけでD氏に感謝を捧げつつ、豊橋祇園祭の記録でした。

【雑記】奈良巡り

本当は酒器目当てで奈良に行ったのですが、ちょっと目論見が外れたところがあったので、適当に画像でも上げつつ雑記などを。

1462418893477.jpg
1462418901548.jpg
奈良自体は焼き物が有名というわけではありませんが、土地柄古美術商は多く、そういうお店の並ぶ路地ではちょっとしたウィンドウショッピングを楽しむことができます。

1462418966350.jpg
好きな作陶家の作品を時々仕入れているので寄ってみたかったお店です。
残念ながら目当ての方の作品は売り切れていましたが、6月に酒器展を行う予定で、その際には入荷もあるとのこと。
昨年、京都の三年坂美術館で展示を見た京薩摩の作家さんの個展も開いていました。

DSC_0247.jpg
奈良公園の鹿です。
春先くらいからの奈良公園の鹿は、木陰で涼んでいれば観光客が勝手に餌を持ってくるので、立ち上がりもせずに口元に運ばれてくる鹿せんべいを特別嬉しそうな様子もなく貪るだけという良い御身分です。

DSC_0250.jpg
春日大社の藤です。ちょうど見頃の時期でした。
ちなみに春日大社の周辺の鹿は、奈良公園の鹿と違って愛想よく近寄ってきます。
先に奈良公園で鹿煎餅を与えてしまっている人が多いために、春日大社に来て再び鹿煎餅を買う人が少ないから飢えているというのが主な理由です。
また子鹿が多いのも特徴で、奈良公園でだるそうなでかい鹿に餌を与えるくらいなら、春日大社で可愛く愛想の良い子鹿に餌を与えるほうが良いと、奈良に越してきた時に奈良出身の同僚から教わりましたw
ちなみに観光客の少なくなる冬の平日になると愛想が良いどころか、野生を取り戻したかのように襲い掛かってくるので要注意です。

結局この日は五重塔、春日大社、大仏殿とミーハーな観光地を徒歩で巡りました。
次に訪れるのはいつになるかわかりませんが、久しぶりの奈良の空気を楽しみました。

【雑記】The Witcher3 Wild Hunt

完全に日本酒無関係の駄文なので注意。

witcher3.jpg

先週末にようやく1周目を終えたWitcher3について書いていきます。
もっとも超有名ゲームなので今更レビューをここでするつもりはありません。
簡単な紹介だけしつつ、感じたことなどをつらつら書いていこうかなと。

とりあえずシリーズ1,2未経験の自分は、前作をやっていないとわかりにくい人物やイベント、会話が大量に出てくるんじゃないかと不安を感じてもいたのですが、これについては予想外の理由で完全に杞憂でしたw

というのも、このWitcherシリーズには原作小説があります。
そしてゲーム化されているのは原作小説の一部のみなんですよね。
そのため、仮に1、2をやり込んでいても原作未読ならわからないキャラが3ではかなり多いんです。しかもそれが結構重要キャラ。
具体的にはヒロインの一人イェネファーは1、2では名前と過去回想ムービーの一部でしか登場しません。
また3の物語の中心である主人公ゲラルトの養女シリラに至っては1でその存在を匂わすNPCとの会話が1度あるだけ。
この二人については主人公がかなり強い愛情を抱いているので、きっと1や2で色々なドラマがあったのだろうなと想像していたのですが、全くそんなことは無し。

結局原作を読んでいる人と読んでいない人ではかなり差があるのですが、原作未読という前提なら1、2をプレイしていようといまいと3をプレイするにあたっては、それ程大きな差にならないというのがクリア後に色々調べて出た結論です。
三部作と言ってもリリース間隔が長いために、敢えてそういう作りにしているのかも知れませんね。

さてそれでは3をクリアした現在、原作小説に手を出そうかなと思うかというと非常に迷っています。
ゲームにおけるWitcherシリーズは一応3で完結らしいのですが、3がとんでもなくヒットしたために続編の可能性が各所で噂されています。
そうなると原作を読んでしまうことで続編のネタバレを知ってしまうのも勿体無い気がして、どうしたものかなと。
とりあえずは2周目を楽しみながら4月下旬の最後の大型DLCを待っています。

tris1.jpg

ゲームの中身の部分では、非常に男性向けのゲームだなというのも強く感じました。
具体的には女性キャラが無駄にセクシーw
画像はヒロインの一人、トリスさんですが、彼女は魔女狩りが横行する街に暮らす女魔術師で、普段はフードを被って目立たないように街中を歩く必要があったりします。
人目を引きたくなければ、まずその胸元を隠せよ!とw
他の女性キャラも軒並み胸の谷間を放り出さないと死ぬ病気にかかっています。

witch.jpg

もっともサービス旺盛なのは見た目だけで、性格は一筋縄ではいかないというか、かなり厄介な女性キャラばかりですがw

一方で主人公も含めて男性陣は軒並みおっさんで、しかもNPC含めてやけにおっさんの造形に力が入っていたりして、この辺りは極めて洋ゲー的でもあります。
ともかく、女性キャラは美形&セクシー、でも男性キャラはおっさん中心で美青年でも美少年でも無いあたり、女性プレイヤー層はほとんど考慮していないのかなとw
洋の東西を問わずゲームと言う娯楽は男性、男子向けという扱いなのかなと感じました。

スカイリムやGTAVなど、出来の良いオープンワールドゲームはプレイ後に楽しい旅行の後のような感慨に浸るのですが、Witcher3も同様にクリア後に長旅を終えたような充実感と幾ばくかの寂寥感に浸ることができました。
オープンワールド好き、世界探索系が好きな人には文句なしお薦めのゲームです。

2015年ブログについて

20151231.jpg
※画像は冷蔵庫に残っているお気に入りのお酒とそれを飲む時に使いたいぐい呑みをセットにして並べてみました。

12月最後の更新はブログについて振り返ってみようと思います。

そもそも何で突然ブログを始めたかという点ですが、PCに保存していた日本酒のテイスティングノートをGWの頃にうっかり削除してしまったことが発端だったりします。
次はデータを消してしまう心配がなく、且つ日記や記録的な内容も兼ねたスタイルで…と考えた時にブログにしようという結論に至りました。
ブログの最初の記事で「知人友人誰にも知らせずひっそりと」とあるのも、そもそも個人用のメモ帳代わりに始めたという事情だからなんですね。
開設後一、二ヶ月程経過してから一部知人には教えたりもしていますが、まだ知らせていない人は多いです。
特に会社の同僚を含めた大阪近辺の知人には、一人飲み用の店を知られたくないという事情があるのでw

あと興味本位でブログランキングサイトに登録したりアフィリエイトを貼り付けてみたりはしましたが、アクセスアップのために積極的に何かしている訳ではないので、開設直後からほとんど動きはないですね。
アフィリエイトは累計で300円も行っていませんw
確か1000円単位でしか支払いされないタイプなので、あと4年位続ければ1,000円に達して入金されるかもですね。
ランキングサイトの順位も大きな変動はありません。

ブログの今後については、とりあえず来年からは更新頻度を少々落とします。
予定では月火木金の週4回くらいを目処にしようかなと。
先日の記事で書いていますが家飲みを2回から1回にする予定なので、毎週酒レビューと肴紹介の各2本*2で四本分の記事を確保できていたのが半分の二本になります。
それを埋めるネタを毎週確保できるとも思えないので一旦週4回くらいの更新で様子を見ようと思っています。

2016年も気が向いた時にでも暇つぶしにご覧頂ければ幸いです。
それでは良いお年を。

日本酒 ブログランキングへにほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村