家飲み記録 造り四種盛り合わせ 青竹豆腐かぐや姫 鮎の塩焼き 鱧の食べ比べ アジア惣菜色々


飛露喜で頂いた久しぶりの家飲み記録です。
造りは本日はキンメ、アコウ、コチ、タマメと文句のつけようのない盛り合わせが売っていたので迷わず購入。
毎回これくらい好みの魚で固めた盛り合わせがあればお財布の負担も軽くなるのにw

DSC_0275.jpg
一時期やけにサイズが小さくなって、その割に値段据え置きだったので遠ざかっていた青竹豆腐の中でも特に美味しい安心堂のかぐや姫。
久しぶりに売り場を覗いたらサイズが元に戻っていたので、購入してイクラを添えて頂きます。
久々なのでめっさ美味く感じます。
イクラを入れているぐい呑は酒を注いでいるぐい呑と同じ阪本健さん作の粉引。

DSC_0276.jpg
8月最後の週末なので、恐らく9月からは鮎も並ばなくなるだろうと思って、髙島屋、阪急、阪神、美濃吉の鮎を買おうと目論んだのですが、9月に入るまでもなく阪急以外は鮎の取り扱いが終わっていました…。
というわけで阪急の鮎を3尾頂いています。
今夏もお酒のお供として大変にお世話になりました、また来年。

DSC_0277.jpg
休憩を挟んで晩酌開始。鱧の食べ比べセット。

DSC_0279.jpg
アジア系惣菜店から色々。

去年も同じことを書いたと思いますが、鮎が去って夏の終わりを感じる家飲み記録でした。

【第四回】 飛露喜 純米大吟醸 廣木酒造本店 福島 山田錦


半年以上ご無沙汰の飛露喜純米大吟醸のレビューです。
年明けすぐくらいに貴や羽根屋と抱合せで買ったのですが、抱き合わされた貴や羽根屋の方がむしろ好みなのでさっさと飲んでしまい…といういつものパターンで長く放置していましたw

というわけで冷蔵庫で半年熟成の飛露喜純米大吟醸を若手作家阪本健さんのぐい呑で頂きます。
香りは結構高めですがフルーツ感、フレッシュ感は乏しく所謂お酒らしい芳香です。
口に含むと半瞬程水っぽさの混じる透明感を発揮します。
ほんの微かに甘味を含んだ酸味に後半辛味が覆いかぶさってきて綺麗に流れていきます。

家でも外でも何度か縁があるものの、一回毎の間隔が半年以上開いてしまっていて、いまいち飛露喜純米大吟醸という酒の個性を掴みきれなかったのですが、ようやく理解できてきました。
透明感のある酸味に、BYによって多少比率は上下するものの邪魔しない程度に甘味が含まれて、最後は辛口系の味わいで流れていくという、酸麗辛口系ですね。
ただ元祖酸麗辛口の常きげんよりも甘味の主張がより強いタイプ。
評価はずっと可-良でしたが、良にはちょっと届かない良手前ランクなので可-良確定で良いでしょう。
2年くらいかけてようやく評価が確定した飛露喜純米大吟醸のレビューでした。

外飲み記録 シオと石鯛の造り 秋刀魚の塩焼き コチの酒蒸し タマメの煮付け 鱧の子の雑炊 


本日の和おんはどちらも由良産のシオと石鯛の造りから始めます。
前回若いカンパチを食べてあまり好みではないなあと思ったのにそんなことはすっかり忘れてシオを頼んで同じ後悔をしていますw
石鯛は美味。
お酒は而今NABARIがまだ二合弱ほど残っていたので、そちらを頂いています。

sc_201708251829178.jpg
厚岸産新秋刀魚は先週丸揚げだったので今週は塩焼き。
丁寧に包丁が入れてあって箸使いが下手でも綺麗に食べることができます。

sc_201708251836266.jpg
由良産コチの酒蒸し。良い出汁が出ています。

sc_201708251844146.jpg
由良産タマメの煮付け。豊潤な味わいで素晴らしく美味。

sc_201708251854109.jpg
以前頂いた鱧雑炊が絶品だったので、鱧の子雑炊ですが頂きました。
鱧の子雑炊なので以前とは少し出汁が違いますが…と言うことですがこれはこれでまた違った美味しさ。

而今は残りの二合を飲み切っています。
来週はあればですが秋刀魚は造りで頂こうと思う和おんの外飲み記録でした。
ご馳走様でした。

外飲み記録 天天酒家 餃子 麻婆豆腐 エビチリ 小籠包 回鍋肉 冷やし担々麺


もう完全に大人気店になってしまった天天酒家に久しぶりに入ることができました。
安くて美味いので人気が出るのは仕方ないとは言え、開店後しばらくの予約不要で気軽に入れた頃が懐かしい…。

sc_201708241840040.jpg
名物90円餃子。
店員さんがめっちゃプッシュしてくるのですが、天天酒家の餃子は良くも悪くも普通。
他の料理がかなり美味いので、いくら安かろうがこれでお腹を膨らませるのは勿体なく普段は頼まないのですが、そのへんの事情をよく知らない新人の店員さんに強くオススメされて止む無くオーダーw
やっぱり悪くはありませんが普通。

sc_201708241842371.jpg
美味しい四川麻婆豆腐。

sc_201708241844200.jpg
美味しいエビチリ。

sc_201708241848339.jpg
一つ食べてしまっていますが美味しい小籠包。

sc_201708241858312.jpg
大仏さんと前路山さんが四川料理を食べに行って回鍋肉を頼まないやつはモグリだと仰せになっておられたので頼んでみた回鍋肉。
美味でした。

sc_201708241912567.jpg
冷やし担々麺はマイルドで普通。

久しぶりなので好きなメニュー中心にモリモリ食べつつ生三杯程頂きましたが、やはりリーズナブル。
そしてめっさ美味い。
今後も満席でなければ月2~4回くらいは通いたい天天酒家の外飲み記録でした。
ご馳走様でした。

外飲み記録 そば処 とき 鴨肝山椒煮 焼き茄子 玉蜀黍のかき揚げ とんび串 だし巻き たこブツ 天ぷら蕎麦

中之島で月に一回ご飯シリーズですが、今回は蕎麦。
中之島というか北新地で飲むと寿司でも日本料理でもどうしたって高くついてしまうのですが、蕎麦屋でちびりと呑りつつ、締めに美味しい蕎麦という流れならそこまで値段も高くならないんじゃね?と、なんで今までそのアイデアに思い至らなかったのか首を傾げながらそば処ときに飛び込みました。
北新地なので当然にお水系のお姉さんとおっさん客が大半w


お酒は久保田や〆張鶴など無難に有名所を揃えています。
淡麗辛口好きには嬉しいラインナップ。
右は鴨肝の山椒煮。

sc_201708231927179.jpg
熱々の焼き茄子。
蕎麦前の品は基本的にほぼ一人前程度のささやかな量で、そのかわり値段もワンコイン前後と気軽につまむことができます。

sc_201708231928000.jpg
玉蜀黍のかき揚げ。

sc_201708231934314.jpg
珍味とんび串。烏賊の口の部分ですね。
珍味と言っても烏賊一杯から一つしか取れないので希少というだけで、味については烏賊味のタコの吸盤みたいなもの。
久しぶりに見掛けたので頂きましたが、この先一生食べられないと言われても全然困らないw

sc_201708231940037.jpg
だし巻きはふわっとして好みのタイプ。
あと画像を撮り忘れましたがたこブツも頂いています。

sc_201708231947564.jpg
sc_201708231948011.jpg
そして最後に天ぷら蕎麦(十割)で締め。
ところがここで自分と同じように一人で飲んで食べていた隣席のおっさんがまさかの灰皿オーダー、そしてそれに応じる店(TдT)
タバコを吸われ始めてから蕎麦なんて食べたくもないので、早めのペースで平らげましたが、蕎麦屋でタバコを吸う客も店も本当にどうかと思います。

ただ北新地は接待の街という場所柄、有名なお店でも喫煙可のお店が多いです(最初から灰皿を出しているわけではなく、客が言えば出すというスタイル)。
個人的に飲食店の禁煙条例問題については、店の好きにさせとけやというスタンスなのですが、最低限喫煙可の店はでっかくそう書いとけよとも思います。
喫煙可でなければかなり高得点だったのに、非常に残念なそば処ときの外飲み記録でした。
ご馳走様でした。

日本酒 ブログランキングへにほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村